2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Newsweek日本版 4

1 :文責・名無しさん:2006/10/24(火) 21:38:55 ID:29DWbES4
ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
ttp://www.newsweekjapan.hankyu-com.co.jp/


過去スレ

【反日】ニューズウィーク(Newsweek) 【親韓】
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1046250513/
【反日】ニューズウィーク(Newsweek)第2号
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1080117707/
Newsweek日本版
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1108187540/

2 :文責・名無しさん:2006/10/24(火) 21:45:45 ID:pKiUjTLC
4さま

3 :文責・名無しさん:2006/10/24(火) 22:31:01 ID:iu0sd6tl
反日朝鮮人の竹田圭吾
そろそろ編集長やめてくれ

4 :文責・名無しさん:2006/10/27(金) 20:22:25 ID:AplKcBkG
ttp://yukun.cocolog-nifty.com/mortgage/2005/10/post_d76b.html
ニューズウィーク日本版はアメリカの雑誌ではないらしい
ttp://nobu-bookshelf.cocolog-nifty.com/random/2005/10/post_33aa.html
ニューズウィーク日本版を読む理由がひとつ無くなった
ttp://www.ebenkyo.com/00335.html
インタビュー:竹田 圭吾 ニューズウィーク日本版編集長 
ttp://www.ewoman.co.jp/winwin/65tk/
「ニューズウィーク日本版」編集長 竹田圭吾さん
ttp://jinjibu.jp/GuestIntvw.php?act=dtl&id=51
小泉首相は歴史に残る「人事の天才」か
竹田圭吾さん 『ニューズウィーク日本版』編集長


5 :文責・名無しさん:2006/11/08(水) 11:29:49 ID:lr8yut2N
今週号の特集は「携帯後進国ニッポン」と「日本マスコミ「誤報」の構図
在日バングラデシュ人をアルカイダ呼ばわりした原因は意外に複雑」の二つ。


6 :文責・名無しさん:2006/11/08(水) 13:14:29 ID:H+eY4kWt
カギ括弧の中の文にカギ括弧がある場合は
二重カギ括弧にするんだよ。上の人。

“あなたを安倍ちゃんと
 呼んでもいいですか?”
今週号もコンはタイトルから本文最後まで
全段全文ツッコミ対象です。
みなさんでお愉しみ下さい。

7 :文責・名無しさん:2006/11/08(水) 13:28:07 ID:nQH62cPl
Newsweekは、アメリカの週刊現代、ポストみたいなものなのかね。
妄想ばかりで、読んでも意味なくなってきた。

8 :文責・名無しさん:2006/11/08(水) 17:31:26 ID:LpVtSQ1m
◇Newsweek最新号の投稿欄より──
…ジョナサン・オルターにはぜひ90年代の「もうひとつの世界史」について書いても
らいたい。当時のビル・クリントンがセルビア攻撃で時間と資金を浪費しなかったら。
ビンラーディンを捕まえていたら。おフェラ・スキャンダルで国民の時間や関心を無
駄に奪わなかったら、どうなっていたのか?       ニック・ステパノビッチ

名前からするとスラブ系、当事国のセルビア出身かもね。民主党に大甘のNewsweekも
セルビア悪玉説に与したことは否めない。SAPIO誌が報じる中共からのクリントン夫妻
へのブラックマネー疑獄も、誌名がたとえKeewswenになっても取上げられないだろう。
日本に核を落した民主党はヒラリー女史が、次期米大統領になる可能性があるのだから、
核3原則を含めて安全保障論議をしておかないと危うい。

近未来小説「対決」ではドロシー・クラスタバックが架空人種Chosenjinが蔓延って経済
価値の低いという設定の架空都市OhsacaにKim Jhon Ilが核を落すのを黙殺するらしいよ。

9 :文責・名無しさん:2006/11/09(木) 21:51:28 ID:Vjy3NBkV
日本を携帯後進国とはなw

10 :文責・名無しさん:2006/11/10(金) 23:03:27 ID:oCt0tvp9
文芸春秋 12月号

“狂気の独裁者”金正日の最期  高山秀子
http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/index.htm

これ読んだら、高山は今年3月にニューズウィークを早期退職したんだけど、
記者時代に、記者としての一線を越えて、北朝鮮からの脱北者を支援していたんだって。
もう時効だと思っているとか書いている。
他にも、内容を全部読んだら、どう考えてもあっちの人だろ。
いままでさんざん日本人をおちょくりやがって。
そのまま朝鮮半島に永住しろ!

●ニューズウィーク「日本の天皇は韓国系」
http://natto.2ch.net/mass/kako/1015/10158/1015833068.html
http://tmp.2ch.net/asia/kako/1015/10158/1015831652.html
http://news.2ch.net/newsplus/kako/1015/10158/1015836566.html

韓国をうらやむ日本人…ニューズウイーク特集
http://ton.2ch.net/news/kako/989/989401080.html
http://natto.2ch.net/mass/kako/986/986373284.html
http://saki.2ch.net/news/kako/986/986439514.html

11 :文責・名無しさん:2006/11/11(土) 18:23:10 ID:vpJFLkR+
『犬と鬼』(アレックス・カー、草思社、原著2001年発行)

日本を逃れたいという願望については、『ニューズウィーク』日本版96年8月
14日号を読むと感じをつかむことができる。この号の特集記事では、住みたい
外国の都市のトップ10が紹介されている。ペナン、オークランドなどいずれも
自然が豊かで、広くて快適な住まいが整い、活気ある伝統文化が息づく都市だ。
日本の商社マンの妻でストラスブールに住む佐藤さち子は「日本に帰ることを
思うと気が重い」と言う。
なぜ気が重いのか?「狭い」という言葉にその理由が潜んでいる。教育と官僚
システムから生まれた陰鬱なルールとゆとりのない社会のしくみが魂に重く
のしかかっている。つまり、日本は楽しくないところになってきているのだ。
1999年5月、『アジアウィーク』にインタビューされた中学生、佐々木りゅう
(15歳)はこう言った。「僕の夢はアメリカの大学に行くこと。日本の若者は、
今夢がない。僕はそうはなりたくない」

12 :文責・名無しさん:2006/11/13(月) 23:59:05 ID:da2/wNaH
今週の日本版は、ソフトバンクモバイルに関係して、
「日本人がソフトバンクモバイルから逃げ出すのは蛮族の僻みだからに違いない。
 携帯強国韓国の通信料の安さにひれ伏すがよい。」という、
なんとも韓国寄りな特集が表題でしたとさ。

13 :文責・名無しさん:2006/11/15(水) 22:08:33 ID:OsikGJ46
先週のトーキョーアイは
VOWに投稿したら絶対に採用される

14 :文責・名無しさん:2006/11/17(金) 20:32:28 ID:pFKtLGAs
今週のワーグナーのダブスタ具合に失笑

15 :文責・名無しさん:2006/11/18(土) 11:52:13 ID:JKFzpiKI
>12
捏造乙
ヨーロッパの話がメインだろwwwwwww

16 :文責・名無しさん:2006/11/18(土) 11:58:51 ID:vpcY9a8x
ワーグナーは前フリの前文と主張となる部分も一貫性がなくて
ただの願望や誹謗中傷になってるということに、本人はいつ気づくのかな・・・

あんな文章のっけてたら恥ずかしくて大声上げて身をよじりたくなるヨ普通
あと全身を写真に撮る意味ってあるのか?
文章がつたなくて、願望だけの短文だから、写真で行数を埋めてるのか?
まるで小学生の絵日記だなw

17 :文責・名無しさん:2006/11/18(土) 14:42:37 ID:I026w1rT
>>15
どういう記事なのか期待して読んだけど、要するに

  「自由化が足りない」

という実にアメリカンw な内容と言うべきなんだろうか。携帯の機能は増える
ばかりだが、低価格なサービス選択の余地がある方がいだろう、という内容だ
もんね。

昨今のマスコミは小泉バッシングで総自由化否定論ばかりみかけるので、新鮮と
いえば新鮮だった。

18 :文責・名無しさん:2006/11/20(月) 01:30:40 ID:OxvSIDBd
李はまともなこと言うんだよな。
いつかの「亀田はいらない。日本らしいヒーローを」には
中国人がこんなに日本のことを分かってくれているんだと感動した

それに比べてコンは(ry

19 :文責・名無しさん:2006/11/23(木) 19:02:51 ID:WiIWalSv
コンはもうネタキャラだと思う事にした

20 :文責・名無しさん:2006/11/23(木) 20:19:50 ID:kkdpVGiJ
リーシャムは好きだな

コンとあのイギリス人はネタ

21 :文責・名無しさん:2006/11/25(土) 15:05:53 ID:6hFGP/hm
この雑誌のアメリカでの位置づけは、日本の雑誌で例えるなら何?

22 :文責・名無しさん:2006/11/25(土) 16:58:01 ID:Ro7fZgHR
アメリカでの評価は、「民主党の提灯雑誌」

ただし、アメリカの民主党は日本の自民党ほど妄想に浸っていない。
そのため、ワグナーらが日本で改変を行うのさ。

23 :文責・名無しさん:2006/12/02(土) 16:08:32 ID:rESdv+KT
この日本語版って英語で書いてある?

24 :文責・名無しさん:2006/12/07(木) 18:17:25 ID:PxBzM1mR
>>10
高秀子は早期退職したんだ
いま57〜58才くらい?

>>23
日本版は日本語で書いてあります

25 :文責・名無しさん:2006/12/14(木) 15:50:32 ID:3T2Y5sHe
“MDは攻撃兵器”にはあきれたけど
シューマッハの記事は面白かった。

26 :文責・名無しさん:2006/12/16(土) 03:10:47 ID:slSiUQnE
オチはともかくwアーサー・ビナードのコラムは好き

27 :文責・名無しさん:2006/12/16(土) 10:44:06 ID:8AlT9X8t
高山秀子がやめたあたりからNewsweekの韓国マンセー記事が激減したな。
「韓国を羨む日本人」とか「天皇家のルーツは朝鮮」みたいなホルホル記事が
最近はまったく見なくなった

28 :文責・名無しさん:2006/12/16(土) 10:46:47 ID:+beyKbOY
ニューズウィークは中道右派、どちらかというと共和党よりでは。
記事読んでるとそう思う。

29 :文責・名無しさん:2006/12/16(土) 12:58:45 ID:cY255qNx
>>28
もともと、アメリカでは民主党が「民主主義を海外に広めるため、外国の独裁政権を倒せ」
というスタンスなのさ。対外戦争を支持するのが民主党の伝統。

30 :文責・名無しさん:2006/12/16(土) 18:22:38 ID:91xtsFco
>>28
本当に記事を読んでますか?
最近の記事だと、どの記事あたりが共和党寄りだと思ったの?


31 :文責・名無しさん:2006/12/16(土) 23:59:31 ID:KCieZBP1
>>30
 28 ではないけど、日本の反体制派系雑誌とは違って
  ・イラクの武装勢力、ロシア、中国、北朝鮮批判が載る
  ・ヨーロッパを非難する記事が載る
  ・経済的には自由主義支持的 (格差批判が無い訳ではないが)
  ・(本誌翻訳では) 小泉の評価が高い
ってところがあるからじゃないかね > 共和より要素

 特に小泉前首相の評価は日本発記事と米国記事とでは真逆なことが
多かったと思う(日本発だと野中かと加藤紘一とか金子勝とかだもん)。
小泉評やヨーロッパ批判などの記事を見る限り、経済政策は平等分配主義
よりも自由主義支持でしょ > News WEEK

 共和党支持者でもさすがに今のブッシュ政権は擁護しにくいだろうから
イラク戦争にからめてブッシュ批判が載るのは仕方ないと思うな。

32 :文責・名無しさん:2006/12/17(日) 01:52:10 ID:YB6CHAS/
イラク戦争は終わった。
今のは単なるテロで、反政府運動ですらない。

33 :文責・名無しさん:2006/12/17(日) 07:30:04 ID:USqUtm/P
>>31
あなたのNewsweek誌の論調の分析は的確だね。

ただ、共和党寄りに見えるというのは、ちと違う。
ワシントン・ポスト社のオーナーはフランス系ユダヤ移民の家系で
ラザール・フレールというロスチャイルド系の金融財閥と関係が深く
先々代は金融で巨万の富を蓄えた大富豪一族なんだよ。

リベラル紙だから金持ち叩きや弱者保護、富の分配重視に走りそうだが
オーナーが大富豪でアメリカの金融業界と関係が非常に密接な一族だから
どうしても共和党っぽい論調になっちゃうんだよ。

フランスが富裕層向けの増税をするというと批判してみたり
ユダヤ系大富豪がいじめられているロシアのプーチン政権を叩いたり
靖国問題で日本を叩くわりに外資やハゲタカに甘い小泉や竹中を賞賛してみたり
「ハゲタカ・ファンドは悪くない」なんて記事が出てくるのは
WP社のオーナーのプロフィールを知っていれば納得がいくよ。

ちなみに四人いる副社長のうち一人は中国系の人なので、
日本批判とちがって中国批判の記事は、かなり抑制されている。
中国批判の記事を書くときには文章の前半、中盤で中国批判ときて
最後の部分でオブラードに包んだような感じで終わるね。

北朝鮮批判については異論なし
高山秀子が辞めて、非常に中立でまともになった。
WiLLの花田編集長が褒めていたね。

34 :文責・名無しさん:2006/12/22(金) 02:06:24 ID:Tq0sM0WN
コリンの本が出ましたね

35 :文責・名無しさん:2006/12/26(火) 21:22:59 ID:/5L/jESB
今週の硫黄島特殊に載っていた記事の日本の戦争映画はオタクくさいって
意見は俺もそう思う。日本の戦争物は他の国の作品に比べてパチモン臭さがずば抜けてるもん
全編「これが戦争の真実」的なスタンスに酔いしれているような製作者
戦争の悲惨さを伝えることが目的だからと言って時代考証にはまったく気を使わないか
リアルな戦争と詠ってオタク臭さの漂う台詞と演技とセットのオンパレード
日本の場合は実際に戦場を経験した人が製作に携わらないってこともあるんだろうけど
今の日本の戦争経験者の空襲とか大陸からの引き上げとかしかを経験した世代で
実際に戦地に行かれた人たちは、お亡くなりになってるもんなぁ
戦争経験者が少なくなっているのは平和が長続きした証拠だから素晴しい事なんだけど
日本の戦争映画・ドラマの「若い人に戦争の悲惨さを理解してほしい」と言う製作者の意図と
その思いとは裏腹に戦争を描ききれていない様に見える事とのギャップに俺はモンモン
このモンモン、俺がナンシー関なら証言しきれるのに・・・・残念

36 :文責・名無しさん:2006/12/27(水) 12:00:20 ID:s4N4HIPW
いや、映画だけじゃなく小説とかもそうだよ。
だけど、昔からそうだから文化的なものとしかいえないと思う。
軍があった時も描写がリアルかというとそうでもない。
歩んできた歴史や宗教観などからくる、単に好き嫌い、趣向の違いじゃね?

37 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 04:13:57 ID:2ioxkOti
>>35
硫黄島特集は先週号だけど、その解説記事では 60年代の日本の戦争映画のことは
褒めていたと思ったけど。

日本の芸能界のレベルが落ちてるのは確かだよね、たま〜に白黒時代の時代劇とか
見ると今と全くテンションが違うもの。オタクくさいというよりは、パロディ感覚
という感じかなぁ。作り手側の本気度が絶対的に足りない気がする。戦争映画とかに
限らず。

38 :文責・名無しさん:2006/12/28(木) 19:37:12 ID:87vlPfRg
あのう、この雑誌、今、売れてるんですか?発行部数はどれくらい?

39 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 16:16:28 ID:Lc4woDnB
>>38
たしか7万部〜10万部くらいだったと思う
アサヒ芸能よりは売れてるらしい
http://219.163.60.3/bignet2/magranking.asp?id=wsogo

40 :文責・名無しさん:2006/12/31(日) 16:40:44 ID:AgNvgz/J
>37
日本の芸能界のレベルが落ちてる、ってこの雑誌のなかで指摘されてたんですか?


41 :文責・名無しさん:2007/01/11(木) 16:13:32 ID:S08pctAH
今週の小牧の破れかぶれなコラムは酷いな

42 :文責・名無しさん:2007/01/12(金) 20:52:27 ID:BVtwIeHt
豆腐味無いじゃん!はワロタが

43 :文責・名無しさん:2007/01/14(日) 16:25:25 ID:zdESS/QD
キャロル・グラック女史と高山秀子が消えると
電波記事やコラムが減り、ここも過疎スレになったな

44 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 02:21:38 ID:MXeKVZ8Q0
中国人は豆腐の味がわからないらしい

45 :文責・名無しさん:2007/01/18(木) 02:36:02 ID:WLxM687V0
豆腐は中国から伝わったって知らんのかね小牧

46 :文責・名無しさん:2007/01/24(水) 16:21:48 ID:FEnycChF0
中国の石炭公害の記事は日本版だと小さくなってるな
一面だったのに

47 :文責・名無しさん:2007/01/27(土) 06:38:17 ID:w8lXilJ60
デーナ・ルイスはアメリカに帰国するらしい
これで電波記事がまた減るかな

48 :文責・名無しさん:2007/02/08(木) 07:16:12 ID:ayE5nWrH0
今週号はえらく反日的な内容の記事が多かったな。
「ここが変だよ スシポリス」「“南京”映画化、同時多発の怪」
「日本経済 デフレの亡霊は去らず」・・・

49 :ねこてつ・まもり:2007/02/08(木) 08:57:18 ID:H55S3V+IO
>>48
反日記事書くヒマあるんなら蛆惨軽のヒンシュク買ってもいいから関テレの捏造の件取り上げて欲しい罠。
日本版の今の版元関テレと同じ阪急傘下だろ?

それともやはり親会社からの圧力でムリポですか?w

50 :文責・名無しさん:2007/02/08(木) 10:18:24 ID:awy8fB0X0
気持はわかるが納豆でダイエット出来るか出来ないかなんて記事一応”国際”オピニオン誌で
載せないってw

51 :文責・名無しさん:2007/02/08(木) 20:30:43 ID:jcSQjZRY0
寿司ポリスの記事は意図的に韓国系のザパニーズ料理店の事をスルーしてるな。
北米で日本料理店を経営してるのは韓国系が圧倒的に多いのに
なぜか華僑の多い地域のデータを使ってみたり、ロシアの日本料理店も朝鮮族が多いのにな。


52 :ねこてつ・まもり:2007/02/10(土) 16:56:13 ID:hdQDmnphO
>>50
いやそういう意味じゃなく、何故ヤラセが恒常的になったかを関係者に聞くとか、
まあ他誌後追いになるが…。

53 :文責・名無しさん:2007/02/10(土) 17:24:04 ID:YUUgzHqR0
 ”性犯罪被害者”を考えない裁判に意義あり。 

  女子高生コンクリート詰め殺人事件
1988年11月夕刻、少年2人(当時18歳と16歳)は足立区東綾瀬の
路上で帰宅中の女子高校生を拉致し、少年の自宅に40日間監禁、殺害した。
監禁中、仲間を集め被害者を繰返し暴行し、時には、被害者に音楽に合わせて
踊りながら服を脱ぐように強要し、演奏の合間に集まった仲間で一斉に蹴る
ことさえ行った。監禁中に逃亡を図ると、手足にオイルを塗りつけライターで
火をつけ、熱がるさまを見て笑い転げた。被害者の遺体の歯はほとんど折れ、
性器と肛門にはスポーツドリンクの瓶が突き刺ささったままであった。
少年らの刑は極めて軽かった上、未決勾留期間があるため、主犯を除き全て
6年程度で出所した。 法務省へ意見 TEL O3−3580−4111

性器を灰皿代わりにしたことなどが記載されたHPは、
   lynch 、女子高生コンクリート のキーワードで検索可能 


54 :文責・名無しさん:2007/02/10(土) 17:31:27 ID:hagnIr250
マルチコピペ荒らしが沸いてるな

55 :文責・名無しさん:2007/02/13(火) 18:28:47 ID:+rGnb2hG0
明日発売の「Newsweek」2/21号から
⇒オピニオン特集:格差社会は悪くないゾ!
■所得差議論は中流層が潤う機会や国の成長力を考慮せよ
■超リッチ層の正しい浪費術−高額商品
■「勝ち負け」の差はあって当たり前です!
「格差社会は悪くない」と「Newsweek」は主張しています。
所得格差が広がっている国は経済成長率が高く、富裕層の豪勢な生活で周辺の人々もビジネスチャンスを得られるというのだ。
資本主義の先進国・アメリカの雑誌らしい主張だが、格差礼賛も度が過ぎると鼻につきますネ。
http://www.zasshi.com/ZASSHI_SOKUHOU/data/newsweek.html

56 :文責・名無しさん:2007/02/14(水) 14:10:06 ID:Xss2p9RK0
>>33
>リベラル紙だから金持ち叩きや弱者保護、富の分配重視に走りそうだが
>オーナーが大富豪でアメリカの金融業界と関係が非常に密接な一族だから
>どうしても共和党っぽい論調になっちゃうんだよ。

そのせいかどうかわからないが、今週号は「格差社会はいいことだ」という
特集記事を組んでる。

日本はともかく、アメリカ社会の格差は洒落にならんレベルまで来ていると
思うがな。人口の5%に富の60%が集中し、選挙資金寄付者上位にはゴールドマン・
サックス、モルガン・スタンレー、シティコープなどの金融関連企業が名前を
連ねている。今のアメリカは民主政ではなくで実質上の金融寡頭政といっても
いいかも。

57 :文責・名無しさん:2007/02/14(水) 14:45:58 ID:5sbzPkcm0
>>56
確かに洒落になってない。ウォルマートなどで働く低所得者を底辺に
置いた奴隷制度、あるいは国内植民地経営を行ってる。
しかも、国内には肥満、バカが蔓延。国際的に疑問視されたイラク
侵攻を敢行した直後にはブッシュの支持率が7、8割に達し、
泥沼にはまった今、2、3割に低下w
発端となった9/11も、政府のいい加減な調査の結果、未だにアルカイダの
犯行だと信じている国民が大半w
こんなDQN国家がよく内部分裂しないなと思うよ。9/11の真相がバレたら
分裂が早まるかもしれんが、今のままだと現状維持だろうなw

58 :文責・名無しさん:2007/02/14(水) 14:57:47 ID:rCnHQsPC0
「ニューズウィーク」の
平然と披露される[国際基準」は、まさにグローバリズムの見本だなぁ

59 :文責・名無しさん:2007/02/14(水) 15:21:00 ID:o88hdhb20
バカがスシポリスとか勝手にもりあがってるが、
別に朝鮮人のイカサマばい菌日本料理を禁止するものでもないし、
お墨付きっていう概念がわからないのかね?

60 :文責・名無しさん:2007/02/14(水) 15:31:45 ID:/BrDMkC20
秋田で明日、午後の暗殺が行われれば
全国民に其の無法状況は知れ渡り、内閣は二度と信用されなくなりますよ。

1.心臓電気ショック装置AEDを悪用した心不全を偽装した集団殺人
2.拉致し失踪、自殺を偽装した集団殺人

等が明日午後、秋田の法人で行われるかどうか
全国民は注視してほしい。現在の秋田は尋常な状況ではない。
殺人利権を守るために学校法人が人が平気で人を殺す時代になっている。

明日の夕方、かえっていなければ殺害されたという事。
秋田は何が起こってもおかしくない。


61 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 00:01:42 ID:Xss2p9RK0
170 :名無しさん :2006/03/12(日) 14:58:54 ID:/9dn++qr
アメリカ人の金持ちの生活がゴージャスに見えるのは
アメリカ国内に超の付く低賃金で働いてくれる移民たちのおかげも大きいだろ。
メキシコや中国から非合法に潜り込んだ奴らが数百万人といて、
そういう奴らが時給200とか300円とかで劣悪な環境下で平気で長時間労働をして農産物の収穫やらアパレル関係の縫製工場で働いてる。
もちろん、医療保険料やら失業保険料やら年金保険料やらを雇用者が負担するわけがない。
病気、怪我などすれば被雇用者は使い捨て。
牛肉の解体工場でもデカいチェンソーでメキシコ辺りから来たおっさんが解体作業をやってる。
チェンソーで大怪我する人も多いらしい。
要は、法的に弱い立場を低賃金でコキ使って出来上がった製品なりサービスは高い価格で国内外で売りさばく。
こんな事を長年やってりゃ、利益も相当に積み上がるだろう。
この資本の蓄積で、さらに国内外でより弱い立場の人間からの搾取へと向かう。
より巧妙な手段で。

62 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 02:08:34 ID:sSewZ4aB0
>>61
移民と密入国者を一緒にしてもなぁ

63 :文責・名無しさん:2007/02/15(木) 18:47:09 ID:DoCT8V2g0
ニューバカウィーク、格差社会の是非はともかく、日本関係の記事の中見出しを
アメリカ人のアンケートを持ってくるとは印象操作にも程がある。

64 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 10:40:17 ID:OVvzDd8K0
 ここまで断定すると強い。
 『ニューズウィーク』(2月21日号)、表紙にドーンと「格差社会はいいことだ」(もっとも本文のタイトルは「格差社会は悪くない」とややトーンダウンしているが)。
 経済学者の間では、格差は成長に不可欠な「副作用」で、成長の原動力になっているとみる向きも多いのだそうだ。
 カリフォルニア大学バークレー校エマヌエル・サエス教授の研究によると、
 〈過去数十年間で、経済成長と不平等の拡大はプラスの相関関係を示してきた〉
 〈アメリカのように所得格差が広がっている国は経済成長率が高く、フランスのように格差が拡大していない国は成長率が低い〉
 政策革新研究所のメリル・マシューズも同じ説。
 〈政治的に格差を破壊しようという試みは、ひと握りの特権階級が富を握り、圧倒的多数の人々が貧困にあえぐという結果を招いてきた。国全体が貧しいキューバでは、所得格差はほとんどない。
 「所得格差は『はしご』みたいなものだ」と、マシューズは語る。「てっぺんに到達できる人は限られているが、はしごがなければ一人も上には上がれない」〉
 詳しくは記事を読んでいただきたいが、高そうなスーツを着て格差、格差と声高に叫ぶ野党議員に感じていた違和感が払拭(ふっしょく)された。
http://www.sankei.co.jp/books/column/070217/clm070217000.htm

65 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 11:25:08 ID:TDA9WKxK0
最近の花田さんは、やけにNewsweekを持ち上げるね

66 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 17:42:59 ID:+9EoeveU0
日本とアメリカではまったく状況が違うのに、ひとくくりにして「格差社会は
いいことだ」というのはどうかと思うが。

ttp://meinesache.seesaa.net/article/23785151.html
ワーキングプア養成所

受信料収入が落ちたNHKはどうしたか?以前と変わらぬ柔和な姿勢を崩さず、
真の経営の効率化を進めようとしたでしょうか?違います。民放の厳しさに
もまれた外部の力を積極的に導入し、徹底した効率化と発想の転換をはかれば、
それは決してできないわけではないと思います。しかしやりませんでした。
そして以前通りの階級制を維持して、旧来からの「強者」を可能な限り保護
しつつ、ただ単純に「弱者」を切り捨てる手段に出たのです。
(中略)
だからぼくは、NHKが「格差社会」の問題を告発する姿を見ていると、
どうしてもそこに無意識的な自己保身が透けて見えて仕方ないのです。

67 :文責・名無しさん:2007/02/17(土) 19:34:57 ID:cUtMQBrb0
>>66
格差社会に関しては、米の方が日本よりよっぽど問題だから、その批判は
的外れじゃないの。日本の格差の方が酷い、という前提 ?

68 :文責・名無しさん:2007/02/18(日) 06:58:52 ID:jv1GWSlX0
>>67
日本人に対してだけ「格差社会はそれほど悪くない」と書くのならまだわかるけど、
アメリカの場合そろそろ何らかの対策が必要な時期に来ているんじゃないかと思われ。

小林由美『超・格差社会アメリカの真実』(日経BP社)という本には、アメリカの
富の多くが、政府と一部企業の所有者やトップマネジメント間で巧みに誘導
されている実態が描かれているが、Newsweek日本版の記事だけ読んでいると
そういうアメリカ社会の事情はわかりにくい。


25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)