2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

保険医取り消しになった医者

1 :1:2007/02/10(土) 22:10:43 ID:KMwdMNpK0
取り消しになった隣りの県で、堂々と保険診療をやっている香具師がいるけど、
保険医登録票って取り消しくらった県以外なら申請すれば発行してくれるのか?
それか取り消しになりそうな時点で、他の県の保険医登録票に変えているのか?

2 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 22:14:08 ID:QuUA9KiC0
>>1の書込みを見て欲しい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易いはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。

3 :卵の名無しさん:2007/02/10(土) 22:47:19 ID:LBejpe3c0
たしか県単位の許認可だよ。

4 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 07:00:42 ID:UM5SeDJW0
じゃあ保険医取り消されても他の県に行けば無問題かよ?w

5 :卵の名無しさん:2007/02/11(日) 22:28:02 ID:s1C5c0nU0
保険医取り消し→他の県で保険医取り直しは王道だろ?
自由診療屋や検診屋になる奴もいるけど

6 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 16:32:47 ID:4DKTgNC+0
最近は5年は難しいらしいよ。

7 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 16:41:35 ID:r4IDdW5CO
菅谷クリは東京と神奈川と両方で保険医取り消しになったそうだ。
他県で名前変えて再出店だろーなW

8 :卵の名無しさん:2007/02/12(月) 18:17:46 ID:LRnQwDi20
>>6
県によっては保険医登録票の申請書に、「5年以内に保険医取り消しの処分をうけたことがあるか?」
というチェック項目があるけど、ほとんどの県はないよ。
俺はチェーン展開しているクリニックの勤務院長をしている。院長はその県の保険医登録票が必要なので
(院長交代の届出をする時だけでいいと思うけど)
転勤のたびに保険医登録票を書き換えている。5回位書き換えしているけど、
そのチェック項目があった県は1つだけだった。
ほとんどの都道府県では他県で取り消しくらっても大丈夫じゃねーの?

菅谷クリは両県で取り消しって事は、両県に診療所あったんだよな?何やらかしたんだ?
俺も他県で普通に保険医療機関として再開とおもふ。

9 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 07:10:51 ID:0J1n08UY0
ってことは、47都道府県を短期で渡り歩く行商開業医やるつもりなら、やりたい放題だなあw

10 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 07:26:46 ID:HaG3MX+F0
小児科・産婦人科医の減少について
1、過酷な労働状況
2、訴訟のリスク
があげられてました。

1、について私の意見は
「産婦人科医と小児科医をふやせばいいじゃん」
なのですがなにか間違ってますか?
上二つの要因があるため産婦人科医が減るのはいうまでもありません。
ならそれを解消すれば人は増えるのではないのでしょうか

1を解消する方法それは一番根底に人を増やす・・つまり小児科・産婦人科が
できる医師を増やすことがあげられます。
だれもやりたがらない小児科・産婦人科を医科大学の必須科目にすれば問題は解消するとおもわれます。
またアメリカでは常識となっているファミリードクター制も応用するのはどうでしょう?
そうすれば過酷な労働状況がなくるとおもわれます。

2、について根本的に免れないものだと思われますが、産婦人科において出産以前に
「万が一だめだった場合訴訟はしない。」
などという誓約書を国で定めて書かせるのはどうでしょうか。
完全な医者のミスによる死亡事故は別として、無理なことで訴訟されるのは
医者側としても納得いきません。


11 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 07:53:11 ID:TOvx71YA0
>>小児科・産婦人科を医科大学の必須科目にすれば問題は解消するとお
もわれます。

小児科・産婦人科が医科大学の必須科目になって100年以上たつんじゃないか?


12 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 08:32:48 ID:Rofl/FC6O
アメリカ及び海外のいくつかはそうだね。その二つだけじゃないけど。
産婦人科医不足、小児科不足といいながら、海外の医科大学院を出た日本人や日本人と結婚した海外出身の医科大学院出身者→補助試験の願書→百科事典一冊ぐらいの申請書類→審査→補助試験の受験資格判定→通過者のみ受験可能
海外出身の海外の医科大学院出身の医者や看護師;
百科事典一冊ぐらいの書類を書いて補助試験の受験資格申請
→海外で医学部の国際大学ランキングが日本の国立より上の医学部出身で日本国内の大学医学部等に留学経験もある医者
→日本語が流暢でも国家試験受験資格を得られない場合もある
→N.P.Oの出身国患者限定の医療相談等
かなり、いい医者や看護師を逃してる。
『書類はせめて、多くても三十枚ぐらい。補助試験の申請時に、日本語で日本のプレ医師国家試験を受けてもらい、補助試験受験資格の判定は、それを参考にする方がいいのでは?』
と思うのは、私だけ?

13 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 08:38:05 ID:Rofl/FC6O
医学部のレベルや医師の質を落とすより、ずっとましだと思う。
アメリカを見てみればいい、勤務医=多国籍。半年間の研修から始めて能力がないと判断されたら、半年でばいばい
日本もそれでいいと思うべ。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)