2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

全日本民医連総合スレッドPART6

1 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 20:41:21 ID:SIWkYxah0
今回も民医連についてどんどん語ろうぜ!

2 :卵の名無しさん:2007/02/03(土) 22:02:00 ID:MTLt28OK0
==================================
=================/∧ =========/∧
===============/ / λ=======/ / λ        ー
=============/  /  λ====/  /  λ        ー /
===========/   /  /λ =/   /  /λ        /
=========/    / / //λ    / / //λ       __
=======/            ̄ ̄ ̄      \     ___
=====./        / ̄ )         ( ̄ヽ λ       /
====/        /●/          \● /λ     /
===/        //                \  /λ
===|                            / /|   ___|____
==|           ∧________   / //|    /
==|           ヽ───────〆   /////  /|\
===|                        / / ////|    |
===\                      / / /////
=====\_                   / //////__/.      |
========\                   ミ/          |
==========\                 /         ─┐
============\                \ .          ─┤
==============\                \      .   ─┘
================\                \
==================\ ・                \


3 :卵の名無しさん:2007/02/08(木) 03:46:07 ID:I22qzzsD0
みさと健和病院医療事故:適切な処置怠った医師ら書類送検−−県警 /埼玉
2月7日13時1分配信


 三郷市の「医療法人財団健和会みさと健和病院」で02年、人工呼吸器の管が
気管内でずれて意識不明となった入院中の女性患者(当時55歳)が3カ月後に
死亡した医療事故で、県警捜査1課と吉川署は6日、適切な処置を怠ったなどと
して同病院の男性医師(34)と31歳と27歳の女性看護師を業務過失致死容疑
でさいたま地検に書類送検した。
 同署などによると、女性は同年4月6日、右足骨折で入院。同16日、骨を固定
する手術を受けたが、生理食塩水などの輸液を過剰投与され急性心不全を起こし
た。手術後、人工呼吸をしていたが、同日、病室で看護師2人が女性の体をふいて
いた際、女性が動いたため、気管内に通していた管がずれた。すぐに男性医師が
駆けつけたが、ずれていないと判断。その後、チアノーゼの症状が表れ、約25分
後に別の医師が再送管したが意識不明となった。死因は低酸素脳症による多臓器
不全だった。
 県警は▽看護師は女性が動かないように両手を押さえるなどの措置を怠った
▽医師は管がずれたことに気付かず再送管を怠ったことなどが過失にあたるとしている。
 この医療事故は02年8月、同病院が記者会見して発覚し、病院が遺族に慰謝料
を払うことで示談が成立している。同病院は「(女性と遺族に)心よりおわび申し
上げます」とコメントした

4 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 08:54:03 ID:KeG6mm+o0
 年間約1万人、全国のお産の1%を担う開業助産所が存亡の危機に立っている。
4月施行の改正医療法で、産婦人科の嘱託医を持つことが義務づけられたのに、
日本産婦人科医会が産科医不足などを理由に、厳しい条件の契約書モデル案を
示したためだ。NPO法人の緊急アンケートでは、嘱託医確保が「困難・不可
能」が3割にのぼる。

 嘱託医確保の猶予期間は施行から1年。来年4月までに嘱託医が決まらない
助産所は、廃業せざるを得ない。

 9日、助産師や産婦たちでつくるNPO法人「お産サポートJAPAN」が、
厚生労働省で会見を開いた。同時に発表した全国の分娩(ぶんべん)を扱う開
業助産所330全施設対象のアンケート結果によると、「嘱託医が確保できる」
は38%。「不確実だが見込みがある」30%、「困難」21%、「不可能」
が7%だった。

 出産時の異常で、助産所から病院・診療所に搬送されるのは約1割。同NPO
代表で助産師の矢島床子さんは「安全性確保には医療のバックアップは必要。
でも、助産師が自力で嘱託医を探すのは難しい」と話す。

 一方、日本産婦人科医会は、助産師は独立開業より院内助産所の形を取るべ
きだとする。昨年末には「嘱託医契約書モデル案」を発表した。「助産所は嘱
託医に委嘱料を支払う」「妊婦を転送したケースについては、助産所が訴訟費
用などを補償する」「助産所は十分な資力を確保しなければならない」など、
厳しい内容だ。産科医不足の上、転送を受けた病院が訴訟の対象となる例が相
次いでいる事情がある。

(一部略、全文はソースで)

http://www.asahi.com/health/news/OSK200702090083.html

5 :卵の名無しさん:2007/02/17(土) 14:10:52 ID:mtdvWOTA0
病院統合再編:酒田病院労組など、市立病院の新築と充実求め要望書 /山形
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/yamagata/news/20070217ddlk06100280000c.html

 県立日本海病院と市立酒田病院の統合計画について、市立酒田病院労組ら同市内の医療関係労組など4団体は16日、
酒田市と同市議会に「市立病院の新築と地域医療の充実」を求める要望書と請願書を、約1万8000人分の署名を添えて提出した。
 医療労組4団体は要望書などで、両病院の統合再編は「市立酒田病院単独で新築移転するとした市議会の決定や、
患者・住民の声を無視し、地域医療の後退につながるような縮小・統合に反対する」ことを挙げている。
 具体的には、両病院合わせて170病床削減は診療機能低下、入院待ち、診療待ち、手術待ちを招く
▽両病院合わせて年間約45万人の外来患者を日本海病院に集約するには、外来機能を倍にする設備と人員が必要だが、
その整備計画が示されていない−−などの不安を指摘している。


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)