2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【無能】厚労省三分割案【非効率】

1 :卵の名無しさん:2007/01/17(水) 19:19:39 ID:IWa7YFHq0
厚労省を、
1) 社会保険の保険料を徴収する財務省
2) 業界基準と業界育成をする経産省
3) 不法行為、医療過誤、労働法違反を扱う内務省
に分割すべき。ま、既に生え抜きの厚労省官僚より各省からの出向の方が強いんだが。

2 :卵の名無しさん:2007/01/17(水) 22:46:51 ID:wgDIlAIn0
出向ばっかりじゃ変わんなくないですかね?

3 :卵の名無しさん:2007/01/24(水) 11:01:02 ID:8YB2KaS90
優位なメスと劣位なオスの歴史

生物:生活能力のあるメスが生活能力のない矮小なオスを養う関係は生態系にはいくらでもある
それで、受精卵ができて、オスの精子が必要なくなる
すると、どのオスも追い出されるか、殺されるか、
メスの体内に吸収されるかのいずれかの運命になる

人類:人間も古代ではメスが優位
一例:アマゾンは狩猟民族で、狩猟の女神アルテミスを信仰していた
女のみの部族であるため子孫を残すためには男が必要である
このため時折捕虜として男を連れ帰ることがあった
捕虜となった男は全裸にされ手枷、足枷がつけられ子作りの道具として多数のアマゾンによって嬲られ精を搾られた
その結果、すぐに発狂するか廃人同然となり、男性機能が役に立たなくなった者から順に絞め殺された
男児が生まれた場合は即、生き埋めにして殺すか、不具として奴隷とする
こうしたメス優位な社会が古代ではごく当たり前であり、男は女に約5500万年間虐げられてきました
メス優位社会は母なる大地(女神崇拝)、自然崇拝が基本

メス優位がオス優位?になったのは、キリストや仏陀や孔子などの男尊女卑思想登場前後からです
オス優位?社会は父なる天を崇拝、文明マンセーが基本

ところが、最近はフェミニスト(女尊男卑思想)によりまたメス優位となってきました
それにつれてメス本来の凶悪性が出てきました(オス優位?な時代ではおとなしくしていただけ
これらは、妻の夫殺しが年々ハイスピードで激増している事からも分かります
鬼嫁、熟年離婚、女のみ過剰な保護、貢ぐ君、不幸で悲惨な結婚生活、女子にのみ甘い判決、豪華で楽な女子刑務所、女優遇マスコミ、他多数
保護優遇すべき人は他に沢山いるのに、真っ先に健康な女子を優遇する意味がわからん

女の子は優しい?か弱い?(笑)メスは本来凶悪です。今後、更に男性差別が激しくなっていくでしょう。最終的にオスはメスの奴隷になります
オス優位な仕事場も、今後はどんどんメスに奪われていくでしょう(3k労働や兵役は残してくれるでしょうが・・・
こうして地位も経済力も生活力もやる気も無くしたオスをメスがどのように扱うかは上記を見れば分かります。
男性諸君!恋愛(避妊SEX)は楽しみつつ、不幸で悲惨な結婚生活は回避し、約5500万年間の恨みを晴らそう!

4 :卵の名無しさん:2007/01/28(日) 18:19:42 ID:cLLulczg0
女性は『産む機械、装置』
講演で柳沢厚労相
 柳沢伯夫厚生労働相は二十七日、松江市で開かれた自民県議の決起集会で、
「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」
と女性を機械に例えて少子化問題を解説した。

 柳沢厚労相は「これからの年金・福祉・医療の展望について」と題し約三十分間講演。
出生率の低下に言及し「機械って言っちゃ申し訳ないけど」「機械って言ってごめんなさいね」
との言葉を挟みながら、「十五−五十歳の女性の数は決まっている。
産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と述べた

5 :卵の名無しさん:2007/02/04(日) 13:40:41 ID:3quuLbX/0
忍び寄る崩壊の足音/8止 食いとめよ「士気」崩壊
 ◇低医療費政策、転換が必要

 手術前夜、眠れない患者に睡眠薬を出すことがある。「麻酔前投薬」と呼ばれ、
麻酔科の教科書にも出ている一般的な方法だ。ところが、済生会栗橋病院
(埼玉県栗橋町)は02年5月以降、実施していない。

 きっかけは同月、60代の女性患者に手術前夜、睡眠薬を出した時の出来事だった。
女性は未明にトイレに起き、慣れない睡眠薬でふらつき転倒して右腕を骨折、
手術を1週間延期せざるを得なくなった。このため「今の看護師数では、すべての
患者の転倒を防ぐことはできない」と、睡眠薬をやめることにした。

 同病院の本田宏副院長は「看護師が十分にいれば、眠れない人の話をじっくり
と聞いてあげることで不安を和らげることもできるが、それもできない」と嘆く。

 一方、出産前後の時期を扱う「周産期医療」。早産で赤ちゃんが非常に小さい場合、
すぐに対応できる新生児集中治療室(NICU)のある病院で出産した方が、
ない病院で生まれてからNICUのある病院へ運ぶより生存率が高く、障害が残る
率は低いという。

 しかし、NICUのある病院が常に出産に対応できるとは限らず、出産後にNICU
のある病院へ運ぶケースもある。そうした経験を持つ稲城市立病院(東京都稲城市)
の伊東正昭・産婦人科部長は「NICUのある病院で出産させてあげたいが、
転送先が見つからないため出産後に搬送しなければならない時はつらい」と漏らす。


6 :卵の名無しさん:2007/02/13(火) 00:52:02 ID:GGZoTwO40
医療は「崩壊」するのではなく「回帰」するのです。「医療回帰」です。

歴史的に見て、医学は極一部の王侯貴族に使用された贅沢品でした。
庶民は、呪術師や薬師を自己責任の下、利用していました。
(それでも呪術師や薬師は尊敬や感謝の対象であった訳ですが・・・)
日本でも昭和の初期までは、医者は特権階級でした。
「金持ってない奴は診てやらん」という態度に対して作られたのが召応義務です。
今のように医者を24時間拘束する呪縛ではなかったのです。

私は、持たざる者が医療を受けられる皆保険制度は、歴史的な意味を持つ実に
素晴らしい制度であったと思います。資本主義社会の中で、唯一の社会主義的聖域
であったと思います。しかし、虚構の制度であった事は事実です。
現在の医療がなくなるのは、社会主義、共産主義が崩壊するのと全く同じ事で
歴史的に当然の経緯を示していると考えられます。

今後の日本は、アメリカ型とイギリス型の悪い所を集めた様な制度になるでしょう。
裕福な者は、非常に高額な医療を受け、今よりもずっと安全で高度な技術を享受
するでしょう。
貧しい者は、基本的に医療を受けられず、自己責任の下、市販薬を使用するか、
今の何倍〜何十倍の待ち時間を我慢して、一部残った公立病院で質の低い医療を
受ける事になるのでしょう。救急外来などは過去の物になっているでしょう。
でも、これは皆保険制度発足前夜に回帰した姿に他なりません。

歴史に残る様な素晴らしい制度が作られたのですが、エゴを剥き出しにした愚民の暴挙
により、わずか半世紀で制度がつぶされてしまいました。
文化史上、非常に興味深い事態が進行していると言わざるを得ません。


7 :卵の名無しさん:2007/02/18(日) 12:21:19 ID:HaG3MX+F0
ニュース 一覧 医療ニュース 介護・老後ニュース 共生ニュース



医療費払えないかも…低所得層の8割「不安」
 医療費を払えない不安のある人が、低所得層では8割に上っていることが、
NPO法人「日本医療政策機構」の調査でわかった。

 調査は今年1月、全国の20歳以上の男女4000人を対象に行い、1318人
から回答があった。

 年間世帯収入800万円以上で金融資産2000万円以上の人を「高所得・高資産層」、
収入300万円未満で資産300万円未満の人を「低所得・低資産層」、その他の人を
「中間層」と位置づけ、経済状態による意識の違いを調べた。

 それによると、深刻な病気にかかった時、医療費を払えない不安のある人は、
高所得層で36%だったのに対し、低所得層は84%。低所得層の人で過去1年以内に、
「具合が悪いのに医療機関に行かなかったことがある」という人は40%、
「医師に勧められた検査や治療を受けなかったことがある」という人も26%いた。

 また、現在の医療制度の平等性について聞いたところ、不満と答えた人が
高所得層で41%だったのに対し、低所得層では72%に上った。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)