2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

損保(子会社)の示談交渉って良いの?

1 :もしもの為の名無しさん:2005/11/26(土) 22:33:40
先日、弁護士事務所の従業員が示談交渉をして問題になっていたが、
損保は良いの?損保の子会社は良いの?

2 :もしもの為の名無しさん:2005/11/26(土) 22:34:52
2!

3 :もしもの為の名無しさん:2005/11/26(土) 22:35:14


4 :もしもの為の名無しさん:2005/11/28(月) 00:55:40
保険会社社員が行うのは合法。
30万円以下の事案をアジャスターが行うのも合法。
その他は違法行為。
どこの会社も平気な顔して違法行為を行っている。
いくら「コンプラ」と叫んでも実態はそんなもん。
公にしたら業界はパニックになるんでは?age

5 :もしもの為の名無しさん:2005/11/28(月) 00:59:20
昔はSAPの30万円を超えた事案は事後に弁護士印を取り付けていたよ。
今はどうしているんだ?

6 :もしもの為の名無しさん:2005/11/28(月) 00:59:53
ならんよ。
皆がそれで任意保険加入をやめるわけじゃないだろうし
国策として潰せない業界の一つ。
残念でしたwww

7 :もしもの為の名無しさん:2005/11/28(月) 01:06:20
弁護士と違って相手が拒否したらそれまでだけどね。

8 :4:2005/11/28(月) 01:07:00
>>6
潰れはせんだろうが
「コンプライアンスを尊守」などと建前を唱えている手前
気まずかろうと言う意味だが・・・・


9 :もしもの為の名無しさん:2005/11/28(月) 01:09:56
今まで問題にならなかったのが不思議なくらい

10 :もしもの為の名無しさん:2005/11/28(月) 01:11:24
寝た子を起こさんでくれ。余計な仕事が増える。

11 :もしもの為の名無しさん:2005/11/28(月) 01:38:52
まあどこもやっていることですから。
コンプラは、みんなで渡れば恐くない!

12 :もしもの為の名無しさん:2005/11/28(月) 23:20:53
全部弁護士がしているのかと思っていました!

13 :もしもの為の名無しさん:2005/11/28(月) 23:33:40
>>7弁護士でも拒否できます
馬鹿は寝てろ

14 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 00:34:51
違法行為と言う点では
払い渋りより問題だと考えるのだが・・・
業務改善命令とかは出ないのか?

15 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 00:55:54
>>13
委任状持った弁護士が来たら拒否されても関係ない。

16 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 11:44:09
>保険会社社員が行うのは合法。
>30万円以下の事案をアジャスターが行うのも合法。
>その他は違法行為。

アジャスターが行うのも合法の根拠は
西村議員の元秘書は、弁護士事務所から給料をもらっていないだから問題となった。
アジャスターは、弁護士の補助者とみなすと損保協会と日弁連で合意しているが、
アジャスターは皆、個々の弁護士事務所に所属して弁護士から給料をもらっているのか。
弁護士との雇用契約はあるのか。なければ、元秘書の場合と同じではないか。


17 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 11:57:19
>保険会社社員が行うのは合法。
なら、物損についても保険の枠内であれば社員が行うのは合法のはず。
勉強不足では??

もともと、保険会社社員が行うのは違法なのさ。ただ、弁護士の数が少なかったから
便宜上、日弁連が目をつぶって、直接請求権を規定すれば社員がやってもよいと責任を問わなかっただけだ。
そして、なし崩しに物損についても、直接請求権を規定すれば社員がやってもよいとしてきただけだ。

当初から、30万の示談代行の導入ときに、そうしておれば良かったのだよ。
日弁連は、そうすることを求めたが、損保側が断って30万の示談代行が出来た知らないのか。

18 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 12:42:49
直接請求権を規定すれば、つまり、賠償交渉についての示談や判決が確定したら
加害者に払う保険金のなから賠償金額を直接はらうと約款に明示しておけば
加害者が被害者に賠償金を払う法律関係と、保険会社が被害者に直接保険金
を支払う法律関係は実質的に同じとみなせる。

だから、加害者と保険会社は実質的に同一じだから、保険会社が加害者に代
わって、保険会社の意向のみで示談交渉や訴訟を行っても合法だ。

これが、某損保が1審で本社が関与して表明した見解だ。

19 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 12:51:42
そして、保険会社が加害者の名で控訴して、
高裁は、弁護士法25条違反の異議の判断をせざるを得ない立場になり
この見解を認めるとともに、社員の示談代行についても合法と判断を示している。

私は、最高裁に犯罪被害者等基本法施行下で、
被害者が損保の払い渋りの被害にあうことを認める見解を確定させるのかどうか
判断を求めているのさ。

20 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 12:58:10
私は、確定すれば確定下で面白いと思っている。
いままで、日弁連と損保協会の合意だけだったから、
弁護士法違反をおそれて、損保も自動車保険以外に被害者直接請求権を明示して
示談代行をつけられなかった。つけてくれと要請されても弁護士法をたてに拒否できた。
しかし、高裁の司法判断がある以上確定すれば拒否できなくなる。

私は、某損保本社の関与した見解と高裁判決両方持っていますからね。
この損保、ちなみに私たちの業界の損害賠償責任保険を扱っていますしね。
今後の展開が面白い。

21 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 13:07:11
示談代行つきの損害賠償責任保険の全面展開ですね。

だいたいね。自動車保険以外は駄目なら、本来、自動車保険でも駄目なのさ。
将来金はらう予定を約款で書けば、実質的な金の流れがなくても法的立場が同一なんて
すごい見解だね。司法もずいぶんおおらかになったものだ。

法人格がまったく別のものをy約款ひとつで同一とみなすのか・・???
これは、つかえますね。金の流れが将来同一となる約束事を作れば、
債権者・債務者と利益相反の立場の加害者と保険会社は法理的立場が一緒、すごすぎますね。

22 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 13:14:40
なら、被害者の債権を譲り受けて取り立てると弁護士法にひっかかるから
譲り受けずに、被害者に債権を作って被害者と賠償金で支払うから、
直接加害者から支払いを受けてかまわないと、被害者と誰かの契約で決めておけば
金の流れは一緒だから、法的立場は同一で、この誰かは被害者の示談代行をして合法化???
加害者の知らないところで、将来金の流れが同一となる契約をすればよいのだろう?

23 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 13:15:05
>>15嘘を書くな
示談の話しだろ
依頼人と弁護士との契約は、示談の相手には関係ない

24 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 13:19:15
法人格がまったく別のものを約款ひとつで同一とみなす。
そして、無資格のものが行う示談代行合法とみなす。
そして、損保のやりやすい良うにですか。
これを、司法は弁護士は行政は容認するのですかね。

25 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 13:25:05
法人格がまったく別のものを約款ひとつで同一とみなす。
そして、無資格のものが行う示談代行合法とみなす。
そして、損保のやりやすい良うにですか。
これを、司法は弁護士は行政は容認するのですかね。

アジャスターは皆、個々の弁護士事務所に所属して弁護士から給料をもらっているのか。
弁護士との雇用契約はあるのか。なければ、元秘書の場合と同じではないか。
給料をもらっていなければ、組織ぐるみの00貸しかもね。
少なくとも、アジャスターは補助者の要件を備えていないことになる。
今日のニュースでは、給料を弁護士が払っていないことが問題とされていた。
ちなみに、法人から給料をもらっている場合は、弁護士法人の要件を備えていないとアウトのはず。

26 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 13:49:44
民間団体間の合意だけで、合法だ何だと事をおこなってきたから、矛盾だらけだ。
法律家は、法律家らしく立法上の手当てをしてから事を行うべきだ。
弁護士団体と合意したから、合法となるなら、国会はいらない。みんな弁護士と裁判所が決めればよい。
そもそも、立法権の軽視では。

27 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 16:38:31
損保の皆さんは、弁護士法第72条の条文の意味がわかっていませんね。
これは、非弁活動という違法行為の犯罪要件書いた条文だ。

弁護士の資格の無いものが、報酬を得る目的で他人の法律事務に関与すること。
要件はこれだけだ。他の法理で認められる根拠が無ければ、これは非弁活動なんですよ。
民間団体の合意程度は、他の法律で認められている場合にはならないんですよ。

交通事故の示談代行は、この他人の法律事務に当たることは、元議員秘書の事件で明らか。
保険料を徴収している以上は、営利性は否定できないんですよ。
損保の社員には、弁護士の資格は無い。
損保と加害者は法人格が別の他人なのですよ。
約款に直接請求権を規定して、法人格が同一だなどとは素人だましが過ぎますね。

28 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 16:47:59
そして、過罰要件を緩和する最高裁の判例があるだけだ。
しかし、損保が現状やってきたことは、過罰要件を緩和するほどの
合法性と実体が無ければ、基本的に非弁活動の要件は備えている。
民間団体の合意は、他の法律で認められている場合にはならないんですよ。

だから、高裁が判断するとしたら、過罰要件を緩和するほどの
合法性と実体があったかどうか、具体的に審理し判断することが必要なのさ。

29 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 16:55:12
それを、何を考えているのか、捏造が明らかな証拠を、
訴訟さぎの疑いさえ主張されている中で審理を避けて認定して、
どうするのかね。
社員が示談代行したことは、損保が認めているしね。
捜査してもらうことを真剣に考えてみるか。


30 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 17:04:55
>>23
示談の相手が拒否するのは勝手だけど、
弁護士にとっちゃそんなん関係ないわな。
示談成立しないなら訴訟起こせばいいだけだし。

31 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 18:00:20
>」損保と加害者は法人格が別の他人なのですよ。
>約款に直接請求権を規定して、法人格が同一だなどとは素人だましが過ぎますね。

しかし、告訴しても無駄なこと。損保・裁判所・弁護士は、約款に直接請求権を規定して、法人格が同一だですますのでしょう。
誰かが書いていたが、政治にも深く献金が行き渡っているのでしょうから。

32 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 22:12:37
>>27

>約款に直接請求権を規定して、法人格が同一だなどとは素人だましが過ぎますね。
約款を含め、保険商品として認可されたものであるならば
通る話では?

33 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 23:20:26
>>32
約款はあくまで保険会社と契約者との間の話だから、
本来、被害者には関係ない話なんだよね。

34 :もしもの為の名無しさん:2005/11/29(火) 23:44:12
>>17さん
あなたの言う『社員』とはアジャスターの事?
アジャスターは保険会社の社員ではなく、子会社の従業員な訳だが・・
勉強不足はあなたの方だと思う

いずれにしても¥30万以上の案件に対しても
アジャスターが示談交渉を行っているのは明確であり。
違法行為を黙認すべきかお祭りにするか考えよ〜〜


35 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 08:08:36
違法行為を黙認すべきかお祭りにするか考えよ〜〜


36 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 08:43:00
>>34
アジャスターは保険会社の社員ではなく、子会社の従業員な訳だが・・
知ってるよ。

だから、その子会社は弁護士法人の要件を備えていないだろうといっている。
アジャスターを弁護士の補助者と扱うなんて民間団体で合意しても
脱法行為の談合に過ぎないでしょう??

弁護士法の他に法律の定めのある場合をクリアしていない。

37 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 08:50:52
弁護士法は、弁護士の職域を守るための道具じゃない。
国民の権利を守るために制定された法なんですよ。
日弁連と談合して合法となるものではない。

それを談合で法曹関係者がよしと扱ってきたことが問題では?
弁護士法第72条を談合でよしとあつかうなら、
一般国民が法律事務を扱うことを1職能のために制限する目的で
立法している違憲立法となる。

38 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 08:52:43
西村議員の秘書の逮捕は、結果として損保の示談代行の違法を証明したのさ。


39 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 13:02:52
民事と刑事はぜんぜん違うんだよ。
刑事は、厳格な法律要件によって、違法合法が判断される。

民事では、契約によって責任が過重されたり、軽減されたりする。
しかし、刑事では厳格に要件が判断される。
弁護士法第72条では、他に法律の定めがある場合と書かれている。
約款は、法律ではないのですよ。保険会社と加害者の間の約束事に過ぎない。

こんのものや民間団体間の約束事で、要件はクリアできないのでは??
国会の議決に基づく法律があって初めて、刑事責任は免責されるのではないかね。
だから、示談代行を続けるなら決して刑事事件で責任を問うてはならなかったのさ。
しかし、もう遅い。これだけ、ニュースで流れたいじょうは、みんなわかってしまった。
弁護士法第72条廃止でもすれば別だがね。

私は、高裁で弁護士法第72条に判断を触れたのも驚いたが、
まさか、刑事で示談代行を事件にするとは思わなかったよ。
刑事で事件になった以上は、民間の団体間の合意では逃げられないよ、たぶん。

40 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 13:12:29
>>30弁護士とは関係なく、当事者間の話し合いで決着(これを示談と呼ぶ)しないときは裁判だよW
君は根本的に、裁判制度とか民事を理解してないw

41 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 15:28:53
損保の示談代行も 弁護士法第72条の対象行為であることは、元秘書が逮捕されたことから明白。
とすれば、他に法律上の許諾根拠が無い以上、元秘書の事例に順ずることになるね。
それとも、憲法違反覚悟で法解釈捻じ曲げて、加害者の側は別とするのかね。
今年4月に犯罪被害者等基本法が施行されているにもかかわらず。

42 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 15:42:21
となるはずだが、合法の高裁判断あるしね。
条文なんて、裁判所の腹一つということか。

だから、私が最高裁に上告してることの意味は、刑事は別として
民事においても犯罪被害者等基本法が施行されている以上、
重大な問題を含んでいることの指摘なんですよ。

他に根拠法が無い以上、刑事では、結論が決まってくるのさ。
後は、免責しても妥当かどうかの問題だけなんですよ。

43 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 18:43:45
>約款を含め、保険商品として認可されたものであるならば
>通る話では?

その解釈は、私も物損の示談代行を開始した際に、上級資格を持っているので損保から聞いた。
約款を認可しているのは、金融庁行政だね。行政の単なる認可判断が立法府で決まった法を超えるのかね。
憲法の三権分立の基本原則を侵すことになるよ。それではね。
それに、約款といえども当事者間の契約により効力が当事者間に生じるに過ぎない。
契約外の被害者にたいして、法令同様の効力は主張できない。

したがって、行政が立法の権限を犯すことを認めなければこの解釈は成立しない。
司法がこれを認めることは、司法自らが違憲判断を犯すに等しい。





44 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 20:36:04
>>43
>約款を認可しているのは、金融庁行政だね。行政の単なる認可判断が立法府で決まった法を超えるのかね。
損保側が「監督庁が許可してくれたんで 示談交渉しています。だから責任は全部金融庁に有ります。」
って責任丸投げしたらどうなる?

45 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 20:47:11
つまり、損保の示談代行は、憲法第9条の拡大解釈以上の、法律の拡大解釈や誤魔化しの上に成立しているのではないのかね。
実際に長らく交通事故被害者に多大な苦痛を与え、人権を侵害してきている。
おいこまれて、自殺に至った人は何人いることか。

この事実は永久に消すことは出来ない。
未だにこの人権侵害から目を背けごまかし続けるなら、憲法と人権を語る資格があるのか。
憲法の拡大解釈には、国民の生命財産を守るという大義名分がある。
大企業の利益のために、社会的弱者をおいこんでおいて、大義名分も無いのではないのかね。
大義名分は、被害者は保険金詐欺を働くからかね。
大企業の利益のために、人権侵害をなした加害者の権利濫用にあたる払いしぶりを擁護して、
なにが人権擁護だ。

46 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 20:59:28
>>44
今のマンションの問題と同じだろう。損保の行ってきた行為や責任が消えるわけではないだろう。
それに、認可が降りる前に法律の専門化が関与して、原案作っているでしょう。
専門家責任のほうが重いのでは??


47 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 21:37:12
>>43行政がやったことが実は違法でした
て、ことは普通
シンプルレスしますた

48 :もしもの為の名無しさん:2005/11/30(水) 23:49:05
今 損保と示談故意掌中の人、いたら証拠になるもの持って
「非弁行為」で刑事告訴してみ

49 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 11:57:31
>>48
右翼の方が、西村議員を助けたいなら、やってみるのが一番よいのでは??
今後、この事件に関して、報道は本質なところが出てこないかもね?

50 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 14:28:55
>>5

>昔はSAPの30万円を超えた事案は事後に弁護士印を取り付けていたよ。
>今はどうしているんだ?

ほら同じだ。

事後に弁護士印つけたところで、アジャスターは、子会社の従業員。
弁護士事務所に勤務する補助者でない。
補助者でないものが、示談交渉して弁護士印もらって、

弁護士は、印を使わせるだけで、何もしなくても儲かる。
補助者でないアジャスターも会社から給料もらえる。子会社も儲かる。

西村議員と秘書の関係と同じですね。
なぜ、西村議員だけ逮捕されたのかね。
組織犯罪で処罰も検討する。
なら、他にも処罰される組織がでるかもね。



51 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 19:42:59
弁護士さん・損保のみなさんは、30万のアジャスターの示談代行は、
100%合法と言い逃れ出来ると思っていたようだね。
だがね、私はねこれが100%言い逃れ出来ないことは最初からわかっていたのですよ。
これはね、君たちが散々誹謗していた代書業で無ければ、気づかないことだったのさ。

だからね、最高裁が72条の合法判断を是正しなければ、国賠かけるつもりだったのさ。
刑事事件で追求しても握りつぶし、なら国賠で法務省の見解をただす道もよいかとね。

司法書士と法務省の間には、法人登記・会社登記に関連して色々なやり取りが常にあり
ましてね。司法書士から追求されると100%逃げられないのさ。

どこかの業種が司法書士業に参入したがっているようだが、
弁護士でもわからん法人登記の世界、大丈夫ですかね??
間違えたら、決議無効の裁判でしか登記を治せない世界に
なめて、参入したら大変ですよ。

52 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 19:55:49
なんのことか、損保の頭ではわからんだろうから解説してやる。
法律上和解や示談の交渉を代理できる職能は、
原則弁護士・例外として140万まで司法書士に認められている。

補助者とは、資格者に雇用されて、給料をもらい
その資格者の監督の下に業務を補助することが認められるに過ぎない。
だから、日弁連と損保協会が協定を結んで補助者と扱うといっても、
補助者資格は付与されない。
つまり、元議員秘書が弁護士事務所から給料をもらっていなかったことが
弁護士の補助者との言い逃れが出来ないポイントになるのさ。


53 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 20:03:33
それゆえに、補助業務従事者が資格者の監督の下で仕事できることが条件だから
長らく、商業登記においては、弁護士や司法書士の業務を目的とする会社の設立は
法務省が認めてこなかったのさ。
これについて、司法書士業界への法務省からの回答は多数あるのさ。

それが、最近やっと弁護士法人・司法書士法人の要件が法で定められ設立が可能となったのさ。

54 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 20:24:53
保険会社および関係者、上級資格wの代理店

ホントは法律のホの字も知らないのに
知ってる気になってる馬鹿
大杉

55 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 20:29:55
なんか代書屋が必死なようで^−^
おつかれさんw

56 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 21:57:38
バカは、無視して、
法務省が、認めなかったのは、弁護士業・司法書士業おこなう株式会社等の設立を認めると
その会社に雇用された社員が、無資格で非弁行為を行うことを認めることとなるから、
違法行為を目的とする会社の設立は認められないとしてきたのだ。

だから、弁護士法人・司法書士法人は永らく設立できなかったのだ。
そして、最近・弁護士法・司法書士法で弁護士法人・司法書士法人の要件が規定された。
しかし、ここでは株式会社・有限会社などは認められていないんですよ。

設立に参加できる社員(株式会社では株主に当たる)は、資格者にかぎって、会社とともに無限の責任を負う無限責任社員だけが社員となれるんですよ。
そして、この弁護士法人や弁護士事務所に雇用され給料をもらっているものだけが、補助者なのさ。
民間団体が、勝手にみなすといっても、損保の子会社の従業員が補助者にはなりません。
これをみとめたら、法務省が設立を認めないといっていたことを誤りとしなければならない。

だから、お前らが自信を持っており、解説書に公表していた協定書そのものが
某元秘書事件と一緒のことを、組織的に行ってきた証拠となる可能性が高い。



57 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 22:03:37
>>56禿同
馬鹿は無視しよう

損保の非弁行為については、いつか問題化すると思ってたよ

58 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 22:06:26
アジャスターの示談代行が合法なら

司法書士が、不動産業者と協定を結び、「不動産業者の従業員を司法書士の補助者とみなす。」
とすれば、不動産業者の従業員は司法書士の補助者となり、申請書作成して司法書士の印鑑だけ借りて
全ての補助業務が出来ることになる。
登記識別情報という権利書にかわる識別情報だって、不動産業者の従業員が代わって受領できることになる。

なことになることは、法務省自身がご存知だ。

お前ら損保と弁護士はこれと同様のことをやってきたのだよ。
それが、30万のアジャスターの示談代行の本質ではないですか。


59 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 22:12:48
元議員秘書の事件は、お前らの自身を持っていた部分の違法を示唆しているのさ。
弁護士さんは、法務省の見解からして民間の会社の従業員を補助者とみなしたら
大問題なるをご存じなかったようですね。
だから、お前らも30万円の部分は自信を持っていた。
やばいのは、社員の示談代行だと思って、示談代行の宣伝さえしないようにとの条件で
社員の直接交渉のついでの示談関与を認めた覚書を表に出ないように隠してきたのだろう。

60 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 22:19:08
それでは 事故後の交渉時?に
保険会社が「今回の事故につきましては 弊社契約者の意向として過失割合○割
損害認定金額が△円なので○×△=■円しかお支払いできません。と伝言します。不服でしたら
訴えて下さい。」と言って電話を叩き切ればOK?合法?

61 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 22:19:55
だがね、100%やばいのは30万円のほうなんですよ。
損保の子会社の従業員が元々補助者となりえない立場であったとなると、
逃げが利かないんですよ。
なにしろ、損保本体で無いから、将来金払うから同一の立場なんて言い訳も出来ないのでね。
100%やばい。そして、証拠は公表されてるしね。SAPの解説本に載っていたでしょう。
何なら、協定部分だけのっけようか。


62 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 22:24:47
>>60
それ主張するのは、契約相手の加害者でしょ。
なんで、契約も無い被害者に言える。
それやったら、大会社が公然と、なんら当事者関係に無い
社会的弱者の被害者を脅迫・恐喝したということだ。

やくざと一緒でしょ。被害者相手にやったら。
おまえら出鱈目を続けてきて、やくざと同じ感覚しかなくなったのか??

63 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 22:26:16
>>60損害認定金額という概念に違法性あり。
非弁行為を突き詰めると

64 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 22:28:31
>>62禿同

65 :60:2005/12/01(木) 22:30:25
>>62さん
いやいや 私関係者ではありません。
最後の行に書いてあるように『合法か否か』法律論に関する質問のつもりです。
単刀直入にお尋ねしたつもりですが、確かに乱暴な書き方でスマソ。

66 :もしもの為の名無しさん:2005/12/01(木) 22:30:35
>>62
やくざより悪いのでは、この感覚!!

67 :60:2005/12/01(木) 22:39:38
>>63さん
では
「今回の事故につきましては 過失割合○割、そちら様の損害額が△円なので
○×△=■円しかお支払いできません。不服でしたら訴えて下さい。と弊社
契約者が言っています。」なら合法??

68 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 01:06:22
>脅迫・恐喝したということだ。
「不服でしたら訴えてください」
ってのは「合法的な手続きを取ってください」
と解釈できるので脅迫、少なくとも恐喝にはならんのでは?

69 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 08:08:49
過失犯で他人に損害を与えたものが、賠償するのがいやで
裁判を強制する。犯罪被害者等基本法をよく読んでみろ。
加害者にそういわせたとしたら教唆犯
お前らは加害者に言って値切るしかない。契約当事者は加害者だ。

70 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 08:20:12
弁護士は、紛争が起こった後の処理を裁判で解決する。
だから、言い訳できれば合法ぐらいの感覚で協定したのだろうか??
司法書士の世界は、紛争前の予防司法の世界だ。
だから、非弁活動を予防するため、法務省の示した見解を知っているのさ。
ちなみに、示談・和解の斡旋及び契約の締結等の弁護士業務の補助事業で会社の目的を登記した会社あるの??
仮にこれが登記できたとしても、弁護士法人で無い以上補助者とならないがね。

協定は弁護士補助者資格の名板かしの協定では??
犯罪の証拠物見っけ!!かもね。

71 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 08:23:13
だけど、大阪の秘書の事件では、組織犯罪で処罰することも検討すると報道されたし
大丈夫かい損保。何で刑事にしたのかね。ばかね。

72 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 11:14:26
>57
>損保の非弁行為については、いつか問題化すると思ってたよ
おいおいおいおい どこで問題化してるんだ?
まさかこのスレで話題になったから問題化?って言うんじゃないよな?


問題化って事はマスコミに取り上げられたとか、お役所が動いたとか判例が出たとか
そういう意味でしょ?

ソース教えてちょうだい

73 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 12:30:57
>>72
すでに、損保子会社の示談交渉で72条違反が摘発されている。
損保子会社は、協定が脱法となったら逃げは100%聞かない。

社員の示談代行について、高裁が弁護士法第25条違反の異議の判断について、
判断を示し示談代行も合法と判断を示した判決は、私だけが知っている。
現在、これを最高裁が追認するかどうか上告中だがね。


74 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 12:43:08
私はね。司法に憲法の人権の規定に恥じない正しい判断を示してほしいのだ。
最高裁が正しい判断を示せば、高裁の判断は消えるからね。
司法は、人権擁護のとりでこれを崩したら、国が壊れる。

75 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 13:01:54
その程度なら「問題となった」とは言わないのでは?
上告するまでだがとりあえず「合法判断」なんでしょ?

正しい判断してもらいたいってのは貴方の希望だしね
>私だけが知ってる
>上告中
つまり貴方が裁判起こしてるの?

76 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 13:10:14
べつに最高裁が追認してもかまわないのさ。
その後、何を起こすかだね。
そのときは、司法に見切りをつけ、別の追求をする。

しかし、違法合法を逆手にとって、金儲けも出来るかもね。
色々資料がそろいすぎるくらいに揃っていますしね。


77 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 13:28:23
私はね、1審冒頭にね、ありもしない設計・施行ミスをデッチアゲテて主張するのではなく、
その主張を取り下げてくれれば、でた損害の妥当な修理方法を話し合えばよいと考え、提案した。

しかし、事故状況を偽装して軽い事故だから、全て設計・施行ミスで争い続けたのは損保だ。
新築語3年足らずの事故でね。
控訴したのは損保・これがなければ、私はここまで指摘せず去っていた。
私は、最初は加害者が事故で壊した被害を元に戻してもらえば良いだけでしたからね。
外壁のランクが下がっても、早期に1審判決額に足りないところは自費負担しても修理と考えていた。

しかしね、高裁判決は、明らかに修理できない1審判決で否認された見積もりを故意に採用していますし、
あくどい仕組みを合法と判断していますので、飲めないから上告している。

最高裁が、高裁判決を追認すれば
司法に見切りをつけ、国家賠償等で追及する手がひとつ。
違法合法を逆手にとって、金儲をけ修理代を捻出するがひとつ。
その他、いくつかの選択肢があるんですよ。


78 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 13:33:43
えと・・・・んで、示談代行の話はなんなの?
今の話は「火災保険の協定」でしょ?*違ってたらすまん 

79 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 13:40:38
私は司法に、憲法の人権の規定に恥じない正しい判断を示してほしいのだ。
しかし、示さないならその結果を持って、何をなすかだね。
既に政治のほうの方も知っている案件だしね。

私は、高裁の第1回期日で、和解の話し合いをしませんかと言っているのですよ。
私は当然加害者が負うべき責任が履行されれば、制度の問題は、司法や損保が認識してくれればよいと考えていましたのでね。
断ったのは損保。損保のいうとおりに判決書いたのは司法。
それで、上告となった。上告は私本人がしていますよ。

後は、司法全体の意思を確認して、追及の終了とするかどうか決断するよ。

80 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 13:45:30
いや、ごめん全く意味わからん
「保険会社の示談代行」と今書いてくれた内容がどうリンクしているか
全く理解できん・・・・


書いてある内容は理解できてるよ 示談代行との関係がわからん

81 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 13:58:20
>>78
示談代行の話は、損害保険会社が自動車保険に示談代行の導入をした際に、
本来弁護士しか出来ない示談交渉を損保に認めることとなったのかの話。

その際に、日弁連と損保協会が約束を交わしているんですよ。

その一つは、30万円内の物事故の示談交渉。
これは、協定書を取り交わして開始されている。
その仕組みは、損保の子会社のアジャスターを弁護士の補助者と日弁連がみなす。
弁護士の補助者だから示談交渉して合法。
しかし、法の根拠なし。根拠は日弁連と損保の談合に等しい協定だけ。


82 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 21:36:28
そもそも 30万ルールを守っている損保って有るの?

83 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 21:53:19
ない

84 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 21:53:41
無い。そして、示談代行にはもうひとつ、加害者に保険金を払う立場の損保の社員が、
加害者に替わって、被害者の示談交渉をする仕組みがある。
この裏づけの法律は無い。あるのは、裏取引の損保と日弁連の覚書だけだ。
これは、公表されておらず、ずっと隠されていた。


85 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 21:54:22
しかし、この覚書は平成9年に再度確認されている。
この内容はかつてインターネットに元損保関係の人が公表していたが、
私が追求始めたらネットから消えた。
公開されていた内容は、所持しており、ある研修会で日弁連事故相談センターの委員に、
平成9年に再度確認があったことを確かめている。

86 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 22:08:44
そして、私の相手していた某損保は、覚書について
1審の最終準備書面で損保や弁護士の解釈を解説し主張した。
本社が関与しての主張だから、損保の言い分ということだ。
以下その言い分を説明しよう。


87 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 22:13:55
保険約款に被害者に直接請求権があることを明示しており、
加害者との賠償額が決定し、被害者が請求すれば、
加害者に払う保険金を直接被害者に賠償金額相等で支払うのだから、
加害者は賠償金を被害者に支払う。損保は賠償金額相等の保険金を
直接被害者に払う。だから、加害者と損保は、被害者に対する法的
立場は同じである。だから、加害者の示談代行を損保が被害者に対
して為しても全く問題ないと説明した。


88 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 22:14:53
損保に判断をゆだねること、つまり損保の判断で、加害者の賠償判
断を加害者抜きで行なっても合法、最終的に金額が決まればよいの
だそうだ。



89 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 22:52:31
そして、このような理論を組み立てて
インタネットに公表されていた資料によれば、以下のような合意をしているようだ。

第二 乙(日弁連)は下記1ないし6を提案し、甲(損保協会)および各社員会社はこれに同意した。

(1)被害者の保険会社に対する直接請求権を新保険の約款上明記する。

(2)各社員会社は、新保険について「保険会社による示談代行」など弁護士法違反の疑いがある宣伝、広告活動を行なわない。

(3)各社員会社は、新保険の約款賠償責任条項第五条による被害者との折衝等の業務については、弁護士との緊密な連携のもとに、公正かつ.妥当な処理を行なう。

(4)各社員会社は、新保険の約款賠償責任条項第五条の業務については、必ず、会社の常勤の職員に担当させるものとし、代理店その他部外者に委嘱しない。また、担当職員の給与は、歩合制その他取扱件数に応した報酬制度によっては支給しない。



90 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 23:05:00
「2002年版 自家用自動車総合保険の解説(SAP)」(保険毎日新聞社 発行)
にこの経緯は、損保側から解説されている。参考にするとよいが、
覚書は昭和四八年九月一日に交わされているようである。

30万の示談代行は、損保の子会社のアジャスターに弁護士補助者の名義を貸しますよというような
協定で始まった物損の示談代行。

損保の社員の行う示談代行は、加害者と損保社員は、被害者が直接請求したら、
加害者に代わって損保が保険金で賠償額を支払うと加害者に約束すれば、
加害者と損保は、同じになる。だから者が交渉を行うのだから、非弁でない。
との理屈付けをして、法のうらずけなしに覚書を交わして始まった損保の社員による示談代行があるのです。
物損の示談代行よりも導入が先で、人身事故で始まりました。

91 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 23:11:03
>>90 訂正
「だから者」 だから、同じ者

92 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 23:22:01
そして、その後、物損賠償についても、被害者直接請求権を明記して
加害者と損保は法的に同じ立場だと物損についても損保社員が行われるようになり
損保の子会社のアジャスターの示談代行は、車の軽い事故以外は無くなり
損保社員による払いしぶりの示談代行が主流となってきたのです。

93 :もしもの為の名無しさん:2005/12/02(金) 23:31:03
しかし、加害者と損保法律上は、全く別人格の他人である。
保険契約の債権者と債務者との法律上の利害の対立する法的立場もある。
民法第520条を読め、債権者と債務者の地位が混同して同じとなったら、
債務が消滅すると書いてあるが??
どこをどう捻じ曲げて、この他人姓が無くなって、合法なんだ。

民間団体の裏の覚書で、法解釈を超えて混同が起こるのか。
だから、混同で保険金債務は消滅しているから、債務不存在が合法か。
弁護士も裁判所もなに考えているんだ。
予防司法の世界では、債権者と債務者の地位を同一と見る判断など成立しないよ。

94 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 00:20:52
結局、なんだかんだ書いてるけどただのオナニースレなのね

さいならw

95 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 11:22:00
>>94
お前に質問するが、犯罪行為たとえば、殺人を目的とする行為を行為をなす義務を
約定に記載したらの契約は有効化ね。答えてから批判しな。帰ってくるまでに答えておけよ。

96 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 11:46:04
>有効化ね。
これは有効かね?の間違いか?w

公序良俗に反する物を約款に規定する訳無いだろう。馬鹿か?おまえ?


97 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 19:37:01
有効かどうか、履行を法律手続きで強制できるか答えてみろ。

98 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 19:55:00
>公序良俗に反する物を約款に規定する訳無いだろう。
弁護士法第72条違反とは、れっきとした犯罪だ。
約款に定めた条項が最初から違反だとなれば、公序良俗に反する物を約款に規定したことになる。
認めるか?二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金が課せられる犯罪を規定したことになる。

(非弁護士との提携等の罪)
第七十七条 次の各号のいずれかに該当する者は、二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。
 一 第二十七条(第三十条の二十において準用する場合を含む。)の規定に違反した者
 二 第二十八条(第三十条の二十において準用する場合を含む。)の規定に違反した者
 三 第七十二条の規定に違反した者
 四 第七十三条の規定に違反した者


99 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 19:57:37
殺人も弁護司法違反も犯罪に替りがない。
約款に犯罪行為を規定したら、法律上義務を強制できるか。
約款は、有効か無効か。答えろ。

100 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 19:59:36
名義貸しに該当しないのですか。

101 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 20:02:45
弁護士法第72条では、
第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、
非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立
事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の
法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができな
い。
ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

とされている。
この法律又は他の法律に別段の定めがある場合と明記されている。
国会が決めた法律だ。弁護士法には規定されていない。
損保は、どの法律の規定に別段の定めがされている。あわせて答えろ。

102 :アジャスター:2005/12/03(土) 20:18:16
俺たち100万超える示談やらされてるけど違法なの?

103 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 20:23:20
教えて

104 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 20:51:36
>>101
>損保は、どの法律の規定に別段の定めがされている。あわせて答えろ。
ここで言っても答えが返ってくるわけないやん。
無駄に知識があることは認めてやるが
思考能力が欠如していると思われw

105 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 20:53:48
http://ime.st/sheendigital.com/alba/
お願いします


6

106 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 21:14:05
>>102
アジャスターさん、100万円では損保協会と日弁連の談合でも駄目でしょう。
談合内容が知りたければ、保険毎日新聞社「自家用自動車総合保険の解説(SAP)」
を_に入れて読まれるとよい。額は30万円までだ。

だがこれは、あなたに法律上弁護士補助者の資格が認められての話。
あなたが所属しているのは、普通の損保の子会社でしょう。

『弁護士又は弁護士法人でない者』は、示談交渉関与が禁止されている。
秘書は、弁護士事務所を辞めて、事務所から給料をもらっていないから、無資格で逮捕された。
あなたの給料は、会社から出ていますか?それとも、弁護士事務所からもらっていますか?
損保の子会社は弁護士法人でない。


107 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 21:16:53
>>104
逃げずに答えろよ。あなた様は思考力があるというが、何様かね。
そういう話をするときは、自分の意見をきちんと述べるものだ。
賢いなら、民法の不法原因給付の規定の解説でもして、
その上で、有効か無効か答えろ。

108 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 21:31:47
>>104
弁護士法72条のどこに、おまえらが合法の根拠にしてきた
被害者直接請求権を規定したら加害者=損保と書いてある。
弁護士法違反は犯罪の構成要件だ。条文に規定されたこと以外に免責要件はない。


109 :104様:2005/12/03(土) 21:38:27
>>107
はい、104様です。
>そういう話をするときは、自分の意見をきちんと述べるものだ。
私の意見としましては『この板(2ch内)にて 損保に公開とはいえ匿名で質問を
しても返って来るわけ無い』と言う事です。
>賢いなら、民法の不法原因給付の規定の解説でもして、
民法の703条とか708条ですね、ここら辺は面倒くさいんで
止めときます。だいたい自分が知っているところを聞いてきているんでしょ?
幼稚ですね!
>その上で、有効か無効か答えろ。
人に尋ねる者の言葉(姿勢)とは思えません。
常識、エチケット、マナーの面でも欠如しているようですねw

110 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 21:41:47
加害者と損保は法律上他人だ。
法人格を同一とみなす法律上の規定はない。

法人格否認の法理というのはあるがね。
これは、個人経営者が法人を作って悪質な行為を無し、権利の濫用がはなはだしい場合などの話。
この場合には、法人の法人格を否認して、法人の為した行為は個人経営者の為した行為と同じと判断される。


111 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 21:42:58
しかしね。
被害者は詐欺するかもしれないからと言いがかりを付けて、
被害者直接請求権規定して、金の流れを似せたところで、法人格は否認されませんよ。
一体全体誰の法人格を否認して、法的立場は同一となるのかね。
損保か加害者か?答えられるかね。
加害者と損保は他人だ。示談代行すれば、弁護士・弁護士法人でないものが他人の法律事務を取り扱うことになる。

112 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 22:00:45
101 vs 104
104の勝ちに一票!
あっ 損保関係者じゃないよ 念のため

113 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 22:04:44
>>109
>無駄に知識があることは認めてやるが
>思考能力が欠如していると思われw
マナー違反は、お前が仕掛けてきたこと。
正々堂々と意見を述べ議論できないやからは、二度と現れるな。
迷惑だ。


114 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 22:13:38
で、このスレの目的は何?

115 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 22:16:24
すっとんきょうな質問になったらお恥ずかしいのですが
加害者(契約者)に対し、損保=連帯債務者と言う考えは
成立しないのですか?
教えていただけたら幸いです。

116 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 22:21:14
私が、104に答えろといったのは、損保関係者が約款認可がされたから
法律で認められたと勘違いしていることを正すためだ。

民法上の不法原因給付とは、たとえば殺人請負契約を結び、報酬を支払ったが
殺人が実行されなかったとする。
この場合に、契約を保護に値する契約と認めて、
法で報酬返還請求権を保護するかどうかの問題について定めたものだ。

117 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 22:29:38
民法では、殺人のような不法な行為を目的として、交付されてお金は
受け取った側は返す必要も無いと定められている。
つまり、犯罪行為をなすことを契約にうたっても、その部分は無効なのさ。

だから、損保が示談代行を約款に明示しても、他の法律で認められていなければ
もともと、二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金が課せられる犯罪を
規定したことになるので、無効なのさ。

118 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 22:33:58
約款に無効な条項を定めて、認可を求めたら監督官庁が見逃して認可が下りただけの話。
構造計算書偽造問題で、偽造を見逃して建築確認が降りて、
建てられた建物が建築基準法上の合法な建物となるかね。
それと、話は一緒ですよ。
最初の案の段階で、無効な違法な定めがあれば、認可が下りても合法となることはないんですよ。

119 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 22:39:21
>>115
連帯債務関係は、原則、連帯債務を負担する契約が必要。
つまり、加害者・損保・被害者の間で契約がない異常無理。
保険契約は、加害者と損保の間で結ばれる。被害者は契約外だ。

連帯債務関係が発生するとしたら、損保の払いしぶりの示談代行で
加害されさらに実質的な被害が発生し、重大な損害になった場合に
加害者と損保が共同不法行為者として、不真性連帯債務の責任を
負う場合は有るがね。

120 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 22:48:44
実は、損保関係者も弁護士も最初の段階では、示談代行したら違法を認識していたようなんです。
これは、インターネット上に公開されていた社員の示談代行に関する覚書からの推測ですが。

121 :115:2005/12/03(土) 22:52:34
>>119さん
ご回答有難うございます。
もう一つお尋ねしてよろしいでしょうか?
万が一交通事故にあった場合、
「お互いの契約している保険で・・・」とか
「私の保険で賠償させていただきます・・」とかお話しして双方合意した場合は
保険会社は連帯債務者に成りえるのでしょうか?
素人としては合法、違法にかかわらず
示談代行(適正な)して貰わないと困ります。
ココにきて不安に成ってきました。
よろしくお願いします。

122 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:08:37
>>121
なりえない。加害者が保険を利用して適正な額を支払わせるよう交渉すればよいこと。
被害者が、被害を受けた上にさらに、加害者の負うべき責任を負担する必要は無い。
加害者は、自分の選んだ損保に対する交渉をする義務がある。
選択したのは加害者だ。自分が選んだ損保が払い渋れば、その交渉の苦労は加害者が負担して当然だ。

示談代行ではなくて、損保同士の保険会社だけの立場での直接交渉ならあるかもしれないがね。

123 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:12:23
話を元に戻すが、既に最高裁にアドレスを表示して全文出ているが、
掲載されていた覚書には以下のような日弁連からの申し入れが書かれていました。

(1)被害者の保険会社に対する直接請求権を新保険の約款上明記する。

 (2)各社員会社は、新保険について「保険会社による示談代行」など弁護士法違反の疑いがある宣伝、広告活動を行なわない。

 (3)各社員会社は、新保険の約款賠償責任条項第五条による被害者との折衝等の業務については、弁護士との緊密な連携のもとに、公正かつ.妥当な処理を行なう。


124 :115:2005/12/03(土) 23:16:53
>>122さん 有難うございます。
被害者が「断る」と言えば 保険会社は連帯債務者に成れないという理解でよろしいのですね。
それと、運良く「判った、保険会社との交渉でも構わない」と言ってもらえたら
保険会社は連帯債務者と考えても良いのでしょうか?

125 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:16:59
『各社員会社は、新保険について「保険会社による示談代行」など弁護士法違反の疑いがある宣伝、広告活動を行なわない。』

明確に、示談代行を明示したら犯罪行為の明示であることを認識している。

126 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:24:23
損保社員が示談行為をしても非弁行為にならない、法的根拠はありません

それが結論

127 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:27:43
話を先に続ける。
だから当初損保は、示談代行として取り組んでいないのですよ。
損保が保険金を払うために、保険金支払額決定の直接交渉を、被害者が受け入れてくれれば
保険金額決定の交渉を行いそのついでに、保険金決定がまとまればついでに示談書もサービス
で作る。だったのですよ。

だから、被害者が加害者を呼べといったら呼ばねばならないし、
加害者に被害者と連絡とるななんていえた筋ではなかったのです。
損保が被害者と交渉を行えるのは、被害者が直接請求権の規定による
保険金決定の交渉を受け入れた場合だけ、被害者と交渉できたのです。


128 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:32:45
だから、損保がえらそうに払い渋ったら、損保は関係ない加害者と話をすると断られたら
すごすご帰るしかない立場、それが、損保だったわけです。
私は、社員がおこなう交渉は、損保会社が行なう直接当事者交渉と意識されており、
約款では、社員による示談交渉、弁護士選任サービスを「行なうことができる」と
約款にはうたわれていた。これは直接交渉権の行使を事故被害者が拒否した場合に、
社員による直接交渉としての示談サービスができないからであると、某保険会社から
SAP導入当時の説明会(私は、保険代理店上級資格を持っていますので、)で、
説明を受けている。

129 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:39:28
ところが、社員のおこなう示談交渉につき、国民生活審議会で「行なうことができる」との規定が、
契約範囲が不明確でわかりにくいとの指摘を受けて、約款が改定されてしまう。

この時から、加害者の示談代行を損保が出来るとの勘違いが始まったのです。文面の内容は余り変えず最後だけ「行います」と改め、
行使できない場合として、以下の4点の条件をつけ金融庁に認可を求めたところ、実質を知らない金融庁の認可が下りたのです。

  できない場合の条件
       1 明らかに保険金額を越える事故
       2 損害賠償請求権者が交渉に同意しないとき
       3 自賠責無保険者の場合
       4 被保険者の協力義務違反
認可が下りたので、法律上認められたようなものと勘違いし、これ以降、上記の場合以外、
保険会社は実質的に無条件で示談代行が出来るようになったと勘違しこれまできたのです。


130 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:40:10
>>128今でも約款上は「事故の相手が認めた場合、契約者に代わって示談交渉します」だぞ

131 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:41:09
粘着乙


一回自分が書いてる内容読み返せ
支離滅裂・固執・すり替えのオンパレード

正直言って読む気になれない

132 :130:2005/12/03(土) 23:42:42
>>129そうだね

133 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:45:29
>>130
先に示したものは、最初に始まったころのものだ。
今では、より違法行為を明確に約款にうたっているという事だ。
より、逃げがきかない。「示談交渉します。」は、加害者の法律事務を意味する。
保険会社の直接交渉の明示ではない。だから、加害者に被害者に余計なことを話すなと命令する。
被害者には、加害者の代理で接する。違法だ。

134 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:48:07
>>131はっきり言って同意

簡単に言うと、ポイントは2点
非弁行為にならない法的根拠は実はない
示談には事故相手の同意が必要

135 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:52:16
何だか、こむずかしくて読む気にならんスレだけど
保険板にしては凄いレススピードだな。

誰か一言でスレタイに対する回答を書いてくれ。


136 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:52:55
正直、保険会社が(関連子会社も含めて)示談代行出来ないとなったら楽なんだけどw

マスコミにも大々的に報道されて一切出来なくなったら
「過去の判例・社会通念上今回の賠償提示額は○○円です。
当方示談代行権が有りませんので、今後の交渉は弁護士の○○に
お願いします」とあっさり言えばEND
交渉で歩み寄る必要無いもん

ごちゃごちゃ話する必要も無いからね
粘着野郎が正義を振りかざしてるけど、実際ユーザーに取って便利になるかは
疑問だな。一日数千件起きる大小交通事故・賠償事故でそれなりに社会の潤滑油に
なっている保険が(示談代行することによって)一切無くなれば
誰が困るのかね?

保険会社側からは労力減ってうれしい限りなんだけど
常識も知らない被害者相手にするのも疲れるんだよ


どう思う?粘着さん それと、メール欄に「sage」と入れておけ。スレ上がりまくりで迷惑だ
半角でsageだこれでスレッドは上がらない。
御託並べるなら少しルール守れ

137 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:53:49
損保は、契約上の義務で交渉する。加害者の賠償は、被害者に被害を与えたことの責任だ。
契約上の義務だけを主張する交渉は、本来契約の当事者たる加害者とやるもの。
加害者は、加害行為が原因で被害がでており、
これに対して、事故のせいで無いと証明できなければ、賠償するのが本筋。
お前らは、契約の当事者だから契約上の義務でないものは支払わないと交渉する。
被害者には、加害者の契約した保険で出ないのなら、
事故によって被害が発生したと推測される状況がある以上、
事故のせいでないと証明できないなら、自己負担で払えという権利がある。
加害者の義務とお前らの加害者への義務が同一ではないから当然だ。
示談代行されるとこの部分がとぶ。


138 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:54:33
>135 だって一人で連投してるもんw
多分専用ブラウザも使ってないと思われ

すごい粘着だよ

139 :もしもの為の名無しさん:2005/12/03(土) 23:56:00
ここでもy本さん、本人訴訟でがんばってますさん  乙!


140 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 00:04:51
>>124 130 GJ 鋭い!
>損保が被害者と交渉を行えるのは、被害者が直接請求権の規定による
>保険金決定の交渉を受け入れた場合だけ、被害者と交渉できたのです。
結局、損保会社の示談代行はグレー、場合によっては合法!
>>129 自ら『損保の示談代行完璧違法論』を覆してますねww
まぁ 子会社による示談代行は違法な訳だが・・


141 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 00:09:47
>>136
ならやめたら
もう一つ覚書として公表されていたのだが


(5)各社員会社は、保険士その他非弁護士の交通事故への介入を防止するため、次の措置をとる。

  @被害者の親族以外の者が被害者の代理人として反復して損害賠償の請求を行なっ.た場合には、甲は各地域ごとに各社員全社の資料を整理して乙または乙の支部に通知する。

  A各社員会社は、上記の請求には原則として応じない。

だから、安心して元議員秘書を告発したのだろう。
だけど、お前らは当初示談代行したら違法となることを知って事を始めた。
ことばさえ使ってはいけないとね。
しかし、今は堂々と約款に明示している。
お前ら自身が告発されるべき立場ときずいておれば、馬鹿な告発して
私にここまでの主張を書かせる機会をあたえることもなかったろうにね。
ここまで書いたら、賢い右翼や政治家は気づいているだろう。
改善されなくてもえさにはなるね。

142 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 00:16:07
>ならやめたら

こんな言葉で誤魔化すの止めようや
答えろよw  答えられないんだろ?wwww

143 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 00:17:55
>>140
示談代行という言葉で行っている以上、他の法律に定めが無ければ違法だ。
それに、ここまで払いしぶりが問題となっている以上、国に立法不作為の問題が生じる。
何なら、さらに続けてやろうかその説明を。
いやいや、これは最高裁判決の後の追及の問題だった。伏せておこう。

保険会社の直接交渉を認めるにしても、そろそろ法の規制をかけて認める時期に来ている。
元秘書の事件の問題は、弁護士も損保も違法の容認おかで、弁護士も感覚が麻痺してきたから
おきたのではないかね。

144 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 00:20:34
本人訴訟さんキター
2chで頑張ってるのね相変わらず・・・・・
レスとともに支離滅裂も変わりませんねぇ。
それとも論争が不利になるとフェードアウトする?
法で答えてよね

145 :104=115=124:2005/12/04(日) 00:39:33
この人
本人訴訟さんって言うのですか?
有名な方なんですか?
凄い方ですね

146 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 03:50:33
蒸し返す様で何だが
本人訴訟さんの見解をまとめ、一部補完すると
被害者同意が有れば損保も連帯債務者として直接交渉できる。
被害者に拒否された場合、加害者(契約者)に対し示談交渉サービスを
「弁護士を紹介、弁護士もしくは訴訟費用の支払い」という形で行えば
問題無し。
元議員秘書の問題は秘書が将来賠償金を支払う訳では無いので
連帯債務者に成り得無いのに非弁活動を行い完全に違法となったのでは?
よって損保と元秘書とは別の判断になる。
って事かな??

147 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 08:42:59
何だこいつ?答えにくい突っ込み入るとスルーかよ
一人だけ長文理論押し付けて質問には無視



屑だなw
>136に答えろ 

148 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 10:53:49
>>147
お前馬鹿だな。答えも読み取れないようだ。
保険会社の直接交渉とは、加害者の立場ではないんだ。
加害者に保険金を払うために必要な、治療があったことの確認の範囲だ。
損保内規がどうのこうのとか、内規に沿って治療打ち切りだとか
それは、契約の当事者の加害者に言うことだ。



149 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 10:56:10
たまたま、損保内規で保険打ち切りの範囲で、被害者も納得して治療終了となっており
被害者も加害者もそれで示談しましょうとなっていたなら、示談書を作成できるに過ぎない。
もっとも、これやっても行政書士法というのがあってね。これに違反する可能性が高いがな。

一言でも加害者の立場の値切りの話に入ったら、示談代行非弁だ。


150 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 10:56:32
お前ら損保が保険金を値切る相手は、契約の当事者の加害者だ。
Ymotoのところで勉強してきな。

それと、法の理論も語れないものが出てくるな邪魔だされ!!


151 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 11:04:55
3レス書けても読む能力はないようだな
もう一度言う

>136を読んで答えろ 屑よ

152 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 11:28:45
>>151
>一日数千件起きる大小交通事故・賠償事故でそれなりに社会の潤滑油に
 なっている保険が
バカか、お前らの示談代行が潤滑油になどなっていないことに気づいていないなら、
お前のところの損保は、淘汰される側だろうね。
医者がつみかぶるだけだで医療情報を抜きまくり、被害者と医者の信頼関係さえ破壊して
潤滑油の主張がとおると思っているのか??つぶれろ。
犯罪者が、たとえば傷害事件で重傷を負わせたものが、
「医療情報・過去の病歴出さないから、賠償が必要かどうか確定できないから、賠償交渉に応じない」
とやったら、さらに恐喝をするに等しい。なぜ、被害者の過去の病歴まで出せといえる。
交通事故の加害者も、過失傷害の範疇・同じだ。
損保が、馬鹿な賠償論振りかざして、正当な示談交渉の機会を奪っている。
今お前らの今行っている示談代行は、社会の害悪となっている。
犯罪被害者等基本法のパブリックコメントを勉強して来い。



153 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 11:34:01
>(示談代行することによって)一切無くなれば
 誰が困るのかね?

おまえは、まだそんな言い訳がつうじるとおもっているのか??
前世紀の遺物だな。

犯罪被害者等基本法が施行されて、今とわれているのは、自動車保険制度を
どう被害者の保護にもかけない制度に作り変えるかだ。
このような考えしかないなら、され!!

154 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 11:34:34
>>113
>マナー違反は、お前が仕掛けてきたこと。
>正々堂々と意見を述べ議論できないやからは、二度と現れるな。
>迷惑だ。
そもそも 匿名の掲示板で正々堂々は無いだろうwww
あんたも一緒卑怯者

155 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 11:37:33
http://www.office-will.com/freewill/w/

息抜きにウォーリーをさがせ!をやってみて下さい。
すげー難しい・・・


156 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 11:44:21
バカスギでオモシロス


全く支離滅裂だなwwwwwwww

157 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 11:45:59
私は、新しい制度設計ができるまで、とりあえず損保は損保の分をわきまえて仕事しろと言っている。
犯罪被害者等基本法が施行されていることも考慮して

158 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 11:56:32
>>154
なら、お前は最高裁で堂々と司法に意見を言えるのかな。
ここで書いていることは、民主党筋より西村氏の事件の情報を早く聞いていたので
準備していたことだ。あまりからむとやけどするよ。
準備しておいて、組織犯罪として処罰も検討を確認してから、お前らもその対象となることを指摘しているのさ。

159 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 12:14:49
>>158
>>154が言っているのは
>>113が他人に“正々堂々”を求めているのに、
肝心の113自信が“正々堂々”としていない事を皮肉った事だと思われw

>なら、お前は最高裁で堂々と司法に意見を言えるのかな。
何時から此処(2ちゃんねる)は最高裁になったの?
お前馬鹿か?
あっ失礼!もう馬鹿認定済みでしたね。
とりあえず吊しageしとくねwwwwww

160 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 12:20:02
資格者法には、弁護士法をはじめ、いろいろな法令が職種に応じて定められている。
これは、資格者団体の職域利益を確保するためにあるのではないのだ。
無資格の者に行わせると、著しい社会の混乱を生み、国民の権利侵害発生するから
これを防ぐために定められている。だから、弁護士法第72条がある。

それを、損保も弁護士も弁護士法が、弁護士の利権保護のためにあるかのように勘違いして
業界同士談合して、弁護士側は問題にしないといった。合法と突っ走ってきたのだ。
国会の議決で定められた法である以上、国会の議決で定められた法により免責されていない以上
弁護士法違反の非弁だ。弁護士法に違反すれば弁護士さえ処罰されるんだ。
弁護士法第26条に違反すれば、弁護士には懲役刑が課せられる。これには、罰金刑が無い。
弁護士側と談合したから無罪であるとはならない。

したがって、国会の議決によって定められた法令を軽んじて、談合を合法とすれば
三権分立の大原則を侵す違憲行為だ。お前ら損保が違憲行為を主張するなら、全社日本をされ。

161 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 12:24:26
そして、司法がこの談合の見解を追認することは、司法による立法権の侵害。
認可を受けたことをもって主張することは、行政による立法権の侵害だ。
全て違憲行為だ。憲法を守れない職能及び機関は、この国に存在してはならない。

162 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 12:38:00
弁護士は、犯罪者の弁護になれている。犯罪が起こった後、依頼者の弁護のため法的言い訳をすることには長けている。
だから、被害者直接請求権を規定して、加害者=損保とすれば、言い逃れが出来ると考えたのだろう。
私たち司法書士は、予防司法の世界でサービスを提供してきた。

銀行からの借り入れ、遺産分割、この際に利益相反を見過ごして、後で法的トラブルが発生しないか、常に助言と援助も止められる。
だから、保険契約の当事者、損保と加害者の法的立場が利益相反であることは、すぐ判断できる。
これを混同させたら、民法520条の示すとおり、無限の払いしぶりが起こることも、すぐ気づくのさ。
職能の発想の違いだね。

しかし、国家資格者である以上、憲法を基本に置いた発想が無ければならない。
最近の弁護士さんは、依頼者の権利・利益の擁護は考えても、憲法を基本に置いた発想に欠けているのではないか?

163 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 12:39:51
>>146
>被害者同意が有れば損保も連帯債務者として直接交渉できる。
>被害者に拒否された場合、加害者(契約者)に対し示談交渉サービスを
>「弁護士を紹介、弁護士もしくは訴訟費用の支払い」という形で行えば
>問題無し。
>元議員秘書の問題は秘書が将来賠償金を支払う訳では無いので
>連帯債務者に成り得無いのに非弁活動を行い完全に違法となったのでは?
>よって損保と元秘書とは別の判断になる。
>って事かな??

>>159
>>なら、お前は最高裁で堂々と司法に意見を言えるのかな。
>何時から此処(2ちゃんねる)は最高裁になったの?
>お前馬鹿か?

の問に逃げずに答えろ

164 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 12:45:57
>>159
私は、既に上告・上告受理申し立てをなしている。
両方受理されて番号がついている。
内容は、もう少しやわらかいがね。
その主張の内容を知っている損保は存在するよ。
業界内で確かめてみたら。

165 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 12:48:12
>163
法理論になっていない。答えるに値しない。

166 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 12:58:36
日常の出来事と言える交通事故に起因する問題を
法を元に論じてきたお前が
答えに窮した時の逃げの台詞が
「法理論になっていない。答えるに値しない。」
か?

167 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 13:12:16
議論するレベルにない者相手にするほど暇じゃない。
来年会社法が施行される。この国会決議に付帯決議が付いている。
これを、政治のほうの方に国会審議期間中に指摘したのは私。
不動産登記法が改正されたとき、今ではみんな気づいている問題を
日司連のサイトで最初に議論に乗せたのも私だ。
私は、国民を見てものをいっている。
お前らのくだらんからみに付き合うほど暇でない。


168 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 13:13:13
後は、最高裁が示す判断を待つとする。
戦略を練る必要もあるので、まだ少し言い足りないところはあるが
これで、失礼させていただく。
理解できる能力のあるやつは分かる。
後はおすきにどうぞ。

169 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 13:30:06
本人訴訟さん サイナラ!
別に逃げなくても・・・
答えられなくても 法的には黙秘権が認められているわけだし、
まぁ、居ない方が良いけどね・・・
では、本題に戻りましょう

170 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 14:31:28
「人身事故について保険会社が示談代行するのは弁護士法違反」
by橋下弁護士(たかじんのそこまで言って委員会)

人身事故について程度を問わず全て弁護士が介入するようになれば
自動車保険の保険料は数倍に上がるだろうし、初期対応も遅れるので被害者、病院への連絡は遅れる
その間の治療費の支払いの問題も浮上する
弁護士が損保会社の代替として機能するとは到底思えないが、もしできたとしてもコストは桁違いに上がることが予想される

弁護士が増えすぎるのも困ったものだね

171 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 15:58:46
>弁護士が損保会社の代替として機能するとは到底思えないが、
>もしできたとしてもコストは桁違いに上がることが予想される
発想が貧困。払い渋ろうとするから、そういう発想になる。
病院へ何の連絡をするのかね。
事故を起こして怪我をすれば、既に被害者は病院にいる。
治療は始まっている。


172 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 15:59:10
それとも、損保が連絡しないと医者は治療拒否か。
第3者傷病届けという手もある。加害者側の損保が、被害者の治療に口出すこと自体が越権行為。
もともと加害者側損保は、本来、加害者に示談成立後に金払うだけの立場。
加害者と被害者の示談も成立しない間に、被害者の病院から個人情報を貰わなければならないと
考えること事態が違法。任意保険がなくても、国家事業として自賠を充実させれば充分。


173 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 15:59:48
弁護士が増えすぎて困ったものだね。なら、お前らで弁護士不要論でもぶって政治に働きかけたら。
弁護士法を廃止したらお前らのやってることは合法となる。
そして、自動車事故以外の損害賠償も全て損保が示談代行を行い、全て損保が仕切のか。
思い上がりがそこまできているとは、笑わせるね。


174 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 16:02:02
お前らの手法で絡むのも結構面白いな。
少しは手抜きして付き合ってみるか。

175 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 17:30:09
商売はね、犯罪容認を前提に行ってよいものではないんだ。
現在、損保は無制限の示談代行つきの商品が大半だろう。
金ながれが同じなら、加害者=損保なんて、ごまかすから
誤魔化しを通すためには、無制限にカバーする保険が主流となる。
そうすると、払い渋らないと無制限に払い続けなければなる。
示談代行制度の根本に払い渋りの必然があるんだ。

多様な選択を設け、顧客のニーズに応じて選択させればよいんだよ。
BAPの時代は、顧客の資力に応じて契約の際に支払い枠を決めていた。
そして、賠償事例なども話するので、枠を超えた賠償事故を起こさないよう
気をつけて運転したものだ。警察に更新に行くと加害者も重い責任が残ると
映画が流れていた。今は、加害者だけが事故の責任も感ぜずのほほんとしている。
発想を変えれば、解決いの方法は見つかるはずだがね。

176 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 21:30:19
>枠を超えた賠償事故を起こさないよう
>気をつけて運転したものだ。
通常の事故は不可抗力により起きるものだ
意図的に相手を選ぶ事故=わざとぶつける→そもそも保険適用外

>発想を変えれば、解決いの方法は見つかるはずだがね。
「そんなの保険会社が考えれ」という回答は無しで
具体的な方法(例)をアドバイス願います。


177 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 21:35:38
営利企業の商品開発の競争に、被害者が参加してもしょうがない。
丁寧にお断りする。
法務省が、商法の保険の規定や約款をみなおすとか?
yahooニュースに載っていたというから、
そちらにお聞きくださいな。
法務省が意見を言えというなら、司法書士としてはいわざるを得ないが
こんなところで話すつもりは無いね。

178 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 21:53:39
本人提訴さんチラシの裏にでも書いてたら?
2chで熱くなっても・・・・(大藁wwwww

179 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 21:57:30
<結論>を晒しageちゃるぅ!
自分んちの修理代を損保はちゃんと払えって事でしょ?
本人訴訟さんの思考体系は下記のとおり
自分の家の被害事故の補償に示談代行の損保がいちゃもんつける
→損保=悪

180 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 22:59:33
>>177
>こんなところで話すつもりは無いね。
好き放題 話(書き)しまくっているようだが・・・

181 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 22:59:56
>>177
>こんなところで話すつもりは無いね。
好き放題 話(書き)しまくっているようだが・・・

182 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 23:02:02
それもべったり張り付いてなww

暇なんだな

183 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 23:33:10
きっと 友達もなにも居ないんだよ
これからは優しくスルーしてあげようよ>ALL

184 :もしもの為の名無しさん:2005/12/04(日) 23:51:13
物損に関して言えば
子会社の示談行為は明らかに違法。
この部分をどう考える?

185 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 06:28:25
>>178〜184
損保やろうたち。
なりすましで、議論進んでいるように見せかけか。
では、今後こんな馬鹿と付き合うのはやめるが、
今後は実力行使と行くか。完全にこわされないと目が覚めないようだな。
大体損保の愚痴スレになるようだし、バイバイ
後はなりすましですか。馬鹿は、最後まで馬鹿だね。

186 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 10:03:14
弁護士会と損保の協定を破棄して
原則どおり全ての示談交渉を弁護士が行えば良い
その代わり弁護士には少額で儲からない事案も強制的に引き受けさせなければならないので
各弁護士会で刑事事件並みの当番弁護士制度を作るか、自動車保険専門の処理チームを作るべき
弁護士も人数が増えてきたし、損保各社は払い渋り問題で社会的信用を失っているのでちょうどいい機会でしょ

187 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 10:11:20


188 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 10:18:30
すばらしい提案だと思うが、全社でどれくらいの件数の事故が
発生しているのだろう。全件弁護士で対応できるのかな?
教えてくれ。

189 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 12:41:43
去る前に言い忘れていたが

司法書士が、ここまで書くことの意味がわかるかね?
司法書士は、検察庁・検察審査会に提出する書面を作成することも業務のうち
来年春には、北陸で青年司法書士協議会のの研修会がある。

北陸では、既に私のやっていることは有名な事件だ。
最高裁が是正しなければ、・・・・何かが起こる。

190 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 22:00:10
レス違いならゴメン
保険の示談代行サービス付きと
訴訟費用(弁護士)担保特約?ってどう違うの?
保険料2重取りじゃないの??

191 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 22:01:18
スレ違いの間違いでした。

192 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 22:17:55
>>189 北陸では、既に私のやっていることは有名な事件だ。
       ↑
同業者としても笑い話として有名!

193 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 23:20:22
仕事終わって見て見れば
また来てたのwww
暇人でつね

>何かが起こる
=何もネタを考えて居ないって事ね


194 :もしもの為の名無しさん:2005/12/05(月) 23:31:55
>>190禿同

195 :もしもの為の名無しさん:2005/12/06(火) 08:47:35
http://www.y-moto.net/cgi-bin/yybbs/yybbs.cgi

某TV番組で 投稿者:低髄@匿名係長 投稿日:2005/12/05(Mon) 23:18 No.4830
ご無沙汰しています。
日本テレビで日曜の午後に「たかじんのなんでも言って委員会」なる、関西版TVタックルみたいな番組があります。
ここでかの有名な橋下弁護士が例の西村議員の弁護士法違反の件の流れにて、損保会社の弁護士法72条違反を語ってました。
物損は弁護士会と損保業界で協定したが、人身については未協定だと、弁護士会は納得していないと。


196 :もしもの為の名無しさん:2005/12/06(火) 08:51:04
人身は未協定だったのか

197 :もしもの為の名無しさん:2005/12/06(火) 09:26:05
だから、言ったでしょ。社員の直接交渉を認める覚書しかないって。
このスレの最後を読んでみな。

『法をさしおいて、弁護士と各業界で協定すれば何でもありか!?とも思いましたが、
よく発言・放送してくれたと思います。』

一般人も気づいてしまっているんですよ。
議員元秘書逮捕事件でね。

198 :もしもの為の名無しさん:2005/12/06(火) 09:53:53
だから気が付いたからってどうなるんだよw

示談代行できなくなって喜ぶのは「保険会社側」だって言ってるだろうがw
困るのはユーザー


鬼の首とったかの様に騒いでるけどただの自慰行為だってのさwww

199 :もしもの為の名無しさん:2005/12/06(火) 10:25:32
>保険の示談代行サービス付きと
訴訟費用(弁護士)担保特約?ってどう違うの?

保険会社って相手に払うことが仕事。相手からもらうのは弁護士の仕事ね。
示談サービスは、相手に支払うことで使い。弁護士費用は相手に請求する時に使う。単純に言えばそれだけ。

しかし、非弁行為が何なのかよくわかりもしないで議論できるねw

200 :もしもの為の名無しさん:2005/12/06(火) 22:26:45
>>198
その前に組織犯罪で処罰の対象だよね。
それから、30万のアジャスターの件
これはね。弁護士法だけでなく司法書士法にも違反している。
私は、そろそろ司法書士に発信しようと思っている。
今日、若手の司法書と話した。
そんなこと認めたら、債権取立てやが喜ぶと即座に非弁がわかったね。
つまり、司法書士業界は損保業界を告発できる立場。
弁護士法人・司法書士法人の要件が法定された以上、弁護士との談合で補助者資格なんてそなわらない。
しかも、30万円の範囲の示談交渉は司法書士法によって、司法書士の業務分野である。
司法書士から法務大臣に回答を求めれば、法務大臣は判断を示すべき責務がある。


201 :もしもの為の名無しさん:2005/12/06(火) 22:45:55
>>200
お得意の「回答要求書」ですねっ?
回答貰った事は一向に聞かないけど・・・・

202 :損保社員:2005/12/06(火) 22:48:34
>>198君みたいな馬鹿が羨ましいよ

203 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 07:20:05
>>201
回答は貰っているさ。
私は、平成15年に司法制度改革審議会に意見書を提出している。
そこに記載したことは、国が中心となって、弁護士以外の職能を中心となって
示談等のサービスを行なうことが必要であること、損保の示談サービスは違法であること
刑事と同様の国選弁護人のような制度が民事でも必要であることなどだ。

弁護士も加わってだが、その仕組みは出来てきたようだがね。

204 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 07:22:10
動きとして、貰っているのさ。

205 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 07:26:57
>>201
おまえホントに分かっていないんだね。
非弁の問題は、司法書士法違反の問題でもある。
司法書士が分かれば、全国の司法書士の誰からでも告発できる。
しかも、司法書士は、非弁だと考える被害者の依頼で、告発状を作成でき
起訴しなければ、検察審査会に提出する書面も作成できる。業務としてだ。

206 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 08:25:55
>>205何にもわかってないから、何の疑問もなく示談できるんだよ
馬鹿ほど幸せなことはないんだよ

207 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 08:32:39
>>206
そうだな。だけど、弁護士も損保も本当に30万円の範囲を合法と信じていたんだな。
あきれたよ。

208 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 10:22:10
あ!そうか。
これで儲けが出るのは司法書士か
大義名分出してごちゃごちゃ言ってるけど、仕事量が増えるから必死なのね
弁護士はこんな儲からない仕事受けないからおかしいなぁと思ってたけどw


な〜〜るほどよく分かった
でも歓迎だ。めんどくさい交渉安い値段でやらせられるからな
是非ともお願いしたい

209 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 10:42:42
検査通院1回の人身事故も弁護士が丁寧に対応してくれ、費用は慰謝料の1割
30万以下の物損を司法書士が協定してくれ、修理費が時価額を上回る場合の調整も司法書士がやってくれ
当然、車の部品や修理に関する知識が必要だから、司法書士試験の受験要件に整備士資格の取得を条件に入れてくれ
報酬は支払額の5%くらいが妥当かな
中古の自転車の賠償で過失5割の場合、報酬が缶コーヒー並だったりするが
引き受け拒否なんかされると社会問題になりかねないので法律で引き受け拒否できないようにしてくれ
医者がホームレスの急患を拒否できないのと同じように弁護士、司法書士が儲からない仕事も拒否できないような法整備が必要だな

年間に自転車事故や軽い人身事故はたくさんあるので頑張ってくれたまえ

210 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 12:16:28
ばかだね。お前らが出てきて交渉するから紛争が起きる。
安いところは、弁護士や司法書士に頼むくらいならと、損保が払い渋っても
当事者どうし話し合って、当事者の負担で解決するものがほとんどになる。
そして、自腹を切らせた損保は、選択淘汰されていく。それだけだ。

大概そんな安い事件は、簡裁代理権がきても紛争になる前の相談段階で解決するものが殆どだ。
払い渋れば、加害者と損保の訴訟になる。その段階で損保に弁護士費用の負担がでるだけだ。
訴訟になるのは、加害者と損保になる。


211 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 12:31:07
>>208
簡裁代理権の範囲の訴訟は、儲かる分野でないことは209の示すとおりだ。
弁護士は、簡裁訴額の範囲と限定をつけて、儲からない部分を押し付けただけだ。
本来簡裁には、調停手続・即決和解手続きもあり、訴額が無限の手続きもあるが、ここは手放していない。
それは、司法書士の能力担保に疑念があるという理由だ。

しかし、長年無制限の自動車保険では、利害関係任意すぎない損保に何ら能力担保処置も無く、示談代行をさせ
こじれると顧問弁護士が受任してきた。弁護士法第72条は、弁護士の職域エゴの道具だったということにすぎない。
それを、この問題は証明しているのではないだろうか?

212 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 12:34:30
わたしは、弁護士の言うことももっともだと思うから、
お前ら損保の社員のように、被害者保護のためには危険極まりない側の人間に
示談代行する権限などないといっているだけだ。
簡裁代理権の範囲では、司法書士は労多く儲かりませんよ。


213 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 12:49:36
>>211
あっ、そうそう
お前らに能力担保があった。医研センター研修、払い渋るための能力担保研修がね。
『ひびわれ茶碗』の研修だけは、損保弁護士も参加して行っていますね。

しかし、弁護士が司法書士に要求した憲法の研修はしてませんよね。

214 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 13:22:20
私はね。3年前に賠償の訴訟を提起すると同時に、示談代行につき約款無効の訴えを提起している。
3年前から、刑事では決して合法とならないことは気づいていた。
橋下弁護士が明らかにしたとおり、弁護士さんは、制度導入に関与していたため、知っていても追求できなかっただけだ。
司法も決してこの問題を取り上げなかった。だから、私の問題は当然門前払いさ。
ただ、上に上げても無駄とわかっていたから、これについてはあげなかった。
どこかの損保が、元議員秘書を告発したおかげで、ニュースになり、皆に分かってしまった訳だ。
そして、組織犯罪として処罰される可能性のあることも分かってしまった訳だ。

司法書士法には、『国民の権利保全に資すること』と、使命が明示されている。
だから、気づいた以上は容認できないから無効確認の訴えを出しただけだ。
私は、だk

215 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 13:26:02
地裁は、広く国民に提供されている約款だから、個人から訴えは不適法と門前払いした。
しかし、違法行為を明示した約款が、広く国民に適用されていることほど危険なものは無いはず。
違法かどうか審理してくれていたら、ここで書いた主張は、そのとき主張されていたんだよ。

そして、弁護士も認める違法が明らかになっていた。

216 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 16:58:34
私は、弁護士が口火を切れない人権侵害だから、
司法書士として、口火を切っただけだ。
口火を切ったら、本来隠すのではなく、憲法と人権に照らして
制度を改めるのが法曹ではないのか。

しかし、まだ損保は大丈夫なのです。
名古屋高裁の直接請求権の規定が約款にあるから、示談代行は弁護士法に照らして何ら違法でないとの判断がありますから。
最高裁がこれ否定したら大変だから、司法委献金でも協会あげて行いますか?
しかし、弁護士法に照らして違法でないというなら、まず犯罪要件の吟味が先でしょうに。
法曹一元化なんてしたら大変ですよ。こんな状態ではね。

217 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 17:33:03
ちょっと流し読みだけど読んだ。
すごいね・・・よく考えるね・・・色んな考え方あるんだね・・・

で、よくわからないので何をどうしたいのかまとめてくれます?

損保の示談交渉は違法だから弁護士に全て任せるってことが結論ですか?
それはそれで損保側は問題ないんじゃないの?
弁護士費用は保険料に上乗せするだけだし、
交渉を弁護士がやってくれるならストレスなくなるしね。

迷惑なのは、儲けにならない仕事をさせられる弁護士と、
保険料が上がり解決も手間がかかり遅くなる契約者か・・・

代理店も受付だけで一切口をはさめないようにしてね。
そんな楽な世の中に早くして欲しいな♪

     by代理店

218 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 19:22:27
>>217
何をどうしたいか??
バカか。
被害者にとっては、迷惑だから違法はやめろといっている。
そして、違法な示談代行で2次被害を多数生み出してきた責任を、責任を負うべきものがとれと言っている。
あとは、政治が考えるべき問題。
犯罪被害者等基本法を定め、国が被害者の権利を保障することを表明し、
施策立案義務を、自らだけでなく地方自治体等に課す事を表明している。
お前らが違法をやめて、その後は、政治が考えるべき問題だ。
バカか。楽な世の中にしてほしければ、仕事をやめて楽になるこった。

219 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 19:29:31
>217 無駄だってw
この人脳内変換するからまともな議論にならないよ

じ〜〜っと見てるだけで結構面白い
誰かのレスを待ってるみたいで必死に書いてるw
ず〜〜と前に去るとか言ってるのにね

>被害者にとっては、迷惑だから違法はやめろといっている
これが貴方の質問への答え 意味通じる? 通じないでしょw
支離滅裂で自分の理論しか書かないの  だから見てるだけの方が良いよ
思ってることは>217と同じ 同感っす

220 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 19:52:09
>>217代理店が示談に口はさんだらだめだお(;^O^)
あんた、どこの保険会社の代理店?

221 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 21:02:10
>>210

>安いところは、弁護士や司法書士に頼むくらいならと、損保が払い渋っても
>当事者どうし話し合って、当事者の負担で解決するものがほとんどになる。

>大概そんな安い事件は、簡裁代理権がきても紛争になる前の相談段階で解決するものが殆どだ。
>払い渋れば、加害者と損保の訴訟になる。その段階で損保に弁護士費用の負担がでるだけだ。

素人考え&見通し大甘&理想論&机上の空論

222 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 21:06:27
違法行為により、交通事故被害者を食い物にするありかたを、
続けたいようだな。では、被害者は、実力行使あるのみかな。
かっまわんさ。

223 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 21:18:09
橋下発言で、損保業務とは確信的違法行為と明白になったし、
検察は、組織犯罪で処罰の可能性があることを証明したし
これで、ハッキリしていますので、犯罪的行為で業務を続けたら。
大企業で弁護士も認めた違法行為を前提に業務を続けているのはお前らくらいだ。
お前らの仕事は、子供に誇れるだろう。
本当は、警察に捕まるかもしれない仕事だけど、損保だから悪いことでもつかまらない。
堂々と説明してやりな。
森の石松だな。

224 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 21:19:37
じゃ言うだけ言ったし、バイバイ。
後は臨機応変だな。

225 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 21:20:39
>安いところは、弁護士や司法書士に頼むくらいならと、損保が払い渋っても
>当事者どうし話し合って、当事者の負担で解決するものがほとんどになる。
→本来被害者であるにもかかわらず 強面で威圧的な相手なので
 誰に相談することも出来ず、泣き寝入りする人も大勢出てくる。

まっ 損保なんてどうでも良いんだけどね
ただ、公衆の面前でのマスターベーション行為は迷惑ですなww

226 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 21:36:13
>>225
公衆の面前で、弁護士が違法と認めても、公然と弁護士が違法という行為を続ける損保のほうがよほど迷惑。
既に非弁にあたる示談代行で逮捕された。
これだけ公然と続けても、何ら責任を問わないなら、損保の社員は国会議員以上の存在か。
しっかりしてくださいね。国会議員さん。
まっ、面白いからいつまで損保の社員が国会議員の上でいるか見てやるよ。



227 :225:2005/12/07(水) 21:44:17
>>226
まったくレスになっていませんね。
合法、違法の問題ではなく
オナニスト様のご想像通りのシステムとなった場合に 
発生するであろう弊害を言ったまでだが・・・
この弊害は絶対発生しないとお考えか?

228 :sage:2005/12/07(水) 21:57:23
素朴なギモーン
本人提訴さん今日もやってるねwwww
書き込みの時間を見ると・・朝、昼、晩、深夜・・・「暇なんですか?」
何故司法書士がそんなに2chで?
最高裁まで本人訴訟で頑張っている人が何故2ch?
法律板でも完璧にサンドバック状態だったよね?
そこまで駆り立てるものは?
匿名の2chで多数の同意を得てこその有資格者だと思うのだけどどうよ?

229 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 22:52:14
>>227、228

馬鹿だね。3年ほど前にとあるサイトの代表に、5年計画で是正すると議員が言っていたはずだ。
お前らの受け皿となる仕組みを、行政がデザインしているのを知らないのか??

5年計画とすると、これからどっち道ご臨終がやってくるさ。それまでさわいでおれ。
いずれ溺れ死ぬだけだろう。
それと、何ならどこの損保せおっているか自信が有るなら明らかにしな。
被害者に一番先にターゲットにすべき損保がどこか明白になってよい。

230 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 22:52:41
>>227、228

馬鹿だね。3年ほど前にとあるサイトの代表に、5年計画で是正すると議員が言っていたはずだ。
お前らの受け皿となる仕組みを、行政がデザインしているのを知らないのか??

5年計画とすると、これからどっち道ご臨終がやってくるさ。それまでさわいでおれ。
いずれ溺れ死ぬだけだろう。
それと、何ならどこの損保せおっているか自信が有るなら明らかにしな。
被害者に一番先にターゲットにすべき損保がどこか明白になってよい。

231 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 22:55:25
あほくさ、馬鹿が出てきたから引き上げて、
攻撃準備にかかるか。

232 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 23:04:25
>>228
お前書き込み、低レベルであきれてみていただけだ。
橋下弁護士も明らかにしたとおり、非弁は法理論の当然の結論。
お前らの言い分なんて法理論になっていないから、見る人見れば笑うだけだから
ほっといたのさ。これからは、ほっとくから好き勝手にやっていな。


233 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 23:04:36
他人の指摘には全く回答しない人だ

234 :もしもの為の名無しさん:2005/12/07(水) 23:57:57
裁判に勝つには「心証」ってのも大事な要素であるが、
たかだか2chでこんなに反感買うような人は
敗訴確実だと思います。


235 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 00:20:20
熱くなってますなぁ
とあるサイトとはあのY本氏の所でしょ だとしたら大藁
大勢は確定した模様ですので終了〜っ♪

236 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 06:28:41
損保やろう、必死だな。
言っておく
裁判の勝ち負けなどは、お前らと司法が一連托生でつながっている以上
決まっている。だから、最高裁が最悪どんな結果を出すか想定済み。
そんな事は、想定して動いている。
司法の最終態度確定させてからと言ってきただろう。
弁護士も司法も分かって隠してきたことだ。
私がそれに気づき、橋下弁護士も気づいていた。
西村議員元秘書示談代行で逮捕は、全ての国民に気づかせる機会と
橋下弁護士は思い発言したそれだけだ。



237 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 06:29:10
私は、仲間に伝えるといった。今後、この掲示板は仲間が見るようになる。
どんなレベルの損保社員が、無制限の保険では無制限の示談代行をやっていたのか
分かってよい。司法書士業界は、この問題に関して理解しやすい業界なんでね。

>>233
低レベルのやつは、ほっておくと回答している。
低レベルだから、理解できない。
>>233
反感買ってるのは、損保だな。
議員の中にも理解者はいる。
だから、会社法で資本金1円でも会社が作れるとしたことについて
付帯決議となった。
損保野郎の不正を暴くのだ。反感かって当然。
裁判所がつるんでいれば、敗訴は当然。
高裁がそうだった。自由な心象で判断します。
全て、損保の証拠が正しい。
その根拠は、車が正常に動いた。
だから、証拠捏造があろうと、
時速8kmでぶつかったに違いない。
バカか??癒着判決想定済みだ。

今は仲間に広め、その後国を相手とする。
だから、今後、仲間も読むだろうから
損保のバカの証明だご自由にやれ

ただし、私が広めるときは多方面から頂いている、違法の証拠事例とともに広めるから、
うそでの誤魔化しは利かないからな。
さいなら、ばいばい。

238 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 12:05:56
>低レベルのやつは、ほっておくと回答している。
>低レベルだから、理解できない。
ご自身の判断で(好き好んで)2chという低レベルの掲示板に
来ておいて何言ってんだかw

高レベルの話がしたければ 同業者間のセミナーとか
フォーラムに参加すればいい。
高レベルの同業者間では相手にしてもらえないから
此処に来たんでしょ。
TPOを理解できない人ですねwwwwwww。

239 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 12:39:47
分からないのか、ここでこれだけ書いて、違法を指摘したら
西村議員を組織犯罪で処罰できるかどうか?
それを見極めたいからさ。
処罰すれば、〇〇と〇〇もかなり危ない。

240 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 12:42:08
私が書き出してから、予測どおり、
いまのところ、全国ニュースで流れなくなったでしょ。

241 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 17:42:34
>>238
同業者の研修会には、参加してるよ。
今年の初めの中央研修会では、日弁連の講師の先生に、同業者も居る前で2点ばかり問題を指摘しておいた。
講師の先生は、日弁連に上げるといっていた。
そして、そのうちの一つ被害者への弁護士による2次被害を防いでほしいとの要請には
既に日弁連は答え研修会をしたはずだがね。

242 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 19:01:39
>>1非弁行為
ただし、対物賠償示談の一定範囲について、非弁行為でないとする旨の協定を、弁護士会と損保協会の間で結んでる。

以上が事実。解釈もへったくれもなく

243 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 20:00:34
>240 アフォカw 話題性が無いから報道されないだけだろ
自意識過剰もここまで来ると立派だな

244 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 21:06:55
>>240


>私が書き出してから、予測どおり、
>いまのところ、全国ニュースで流れなくなったでしょ。


耐震強度偽造問題が発覚して
そちらの方が話題性が有るため、全国ニュースでながれなくなったでしょ。

245 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 21:13:49
本人提訴さん必死・・・
でも2chがとーってもお似合いですよっ

246 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 21:19:37
馬脚でてます 藁・・・・

247 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 21:39:53
本人訴訟=ネ申
光臨きぼーん

248 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 21:47:46
>>240


>私が書き出してから、予測どおり、
>いまのところ、全国ニュースで流れなくなったでしょ。


12/31(土)の「第56回NHK紅白歌合戦」への出場が決定しましが、なんと卒業メンバーも
含めたドリームモーニング娘での出場となります。現在のメンバーに加えて、中澤裕子、
安倍なつみ、飯田圭織、保田圭、矢口真里、後藤真希、辻希美、加護亜依、石川梨華も含む、
19人制揃いのステージとなることが発覚して、
いまのところ、全国ニュースで流れなくなったでしょ。

249 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 22:16:24
>>77
>最高裁が、高裁判決を追認すれば
>司法に見切りをつけ、国家賠償等で追及する手がひとつ。
>違法合法を逆手にとって、金儲をけ修理代を捻出するがひとつ。
>その他、いくつかの選択肢があるんですよ。

>>237
>損保野郎の不正を暴くのだ。反感かって当然。
>裁判所がつるんでいれば、敗訴は当然。
>高裁がそうだった。自由な心象で判断します。
>全て、損保の証拠が正しい。
>その根拠は、車が正常に動いた。
>だから、証拠捏造があろうと、
>時速8kmでぶつかったに違いない。
>バカか??癒着判決想定済みだ。

うひゃ〜 本人提訴さん怒っていますね〜〜
損保に凄い恨みを持っているようですな。
本心はこんななんですね。

でも、主張を合理化したいために
>>167
>私は、国民を見てものをいっている。
こんな事を言っています。

まさに支離滅裂 www
お節介ですが、日本国内で生活しているので有れば
六法全書をお読みになるのがよろし・・
ハムラビ法典は現代日本では通用しませんので・・

250 :もしもの為の名無しさん:2005/12/08(木) 22:19:59
本人訴訟さんのプロファイル(想像を含む)
@猛勉強して司法書士へ転進
A独特の論理体系で次第に同業者間でも浮くコネ無しの為案件も少ない
C家を新築、住ローン負担増
D新築した家は欠陥住宅・施工不良らしい
E新築の家に車両がコツンと衝突
F修理費をめぐり損保と大揉め
 建替えに近いDQN要求をするも当然拒否られ、施工時の欠陥を指摘され逆上
 提訴に至る かの有名なy本と意気投合し合流 独特の法理論を展開
G提訴するも、当然脳内理論に裁判所もポカーン、弁護士苦笑い
H敗訴続き
Iy本サイトにも姿を見せなくなる。
Jその後鬱憤晴らしの為自らの理論を認められたく2chでスレ乱立するも
 自爆炎上
現在に至る。暖かく話を聞いてあげようよ、見守ってあげて

251 :227:2005/12/09(金) 00:10:38
>>229
当方、機械メーカー勤務
損保に何しようと当方に実害無し
どうぞ御勝手に!
あっ!本人提訴さんが言う世の中になったら
保険料が高くなって困っちゃいますね〜

252 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 03:18:38
まだ代議士と損保と一緒くたにして鬼のクビ取ったみたいなこと言ってんのか?w

はやく気づけ・・・
仮に違法行為だとして誰が迷惑するのかをw

まあ無理か・・・頭悪いし

253 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 07:55:27
>>250
お前の投稿は、許しがたいな。

バカは、ほっとくが・・・・・??

254 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 08:11:52
まっ、バカはほっとこ。
ポイ
損保もひび割れ茶碗・何かで大崩壊。

255 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 08:36:03
>>252
ばかだね、右翼の方にどこ狙ったら、金儲けが出来て
西村議員が救われる可能性があるか、指摘してやっただけ。


256 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 08:50:23
>仮に違法行為だとして誰が迷惑するのか
犯罪被害者等基本法のパブコメ勉強してね。
違法行為前提の商売は、許可企業に認められるかね。
来年からは、会社法でも縛られる。

まっ、バカはほっとこ。
ポイ
損保自身もひび割れ茶碗・何か軽い衝撃があれば、素因で大崩壊。


257 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 10:46:46
>>242
お前の見解は、憲法違反。立法権の侵害を協定で行っただけ。
しかも、現在は司法書士法にも触れる。
日弁連と損保協会が、法律無視して犯罪でないことにしようと協定しただけだ。

258 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 10:48:46
まっ、バカはほっとこ。
ポイ
損保自身もひび割れ茶碗・何か軽い衝撃があれば、素因で大崩壊。

259 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 10:54:54
>>249
>六法全書をお読みになるのがよろし・・

そっくり、お返ししよう。
犯罪被害者等基本法、新会社法、新法律が次々出来ている。
もっとゆっくり読み直してください。
まっ、バカはほっとこ。
ポイ
損保自身もひび割れ茶碗・何か軽い衝撃があれば、素因で大崩壊。



260 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 11:15:15
>日弁連と損保協会が、法律無視して犯罪でないことにしようと協定しただけだ。

お前ら、理解力ないからもう少し説明してやろう

今、行政書士連合会が、商業登記をやらせろといっている。
協定で合法となるなら、法改正は必要ないんですよ。

たとえば、行政書士連合会所属の会員を、全て私の補助者とみなす。
そして、あんたらの協定のように、1筆、もし本職の責任が問われることがあったら
行政書士側で本職に迷惑かけないよう、賠償金は行政書士が責任を持って払う。
これで、法改正せず商業登記ができることとなる。
これと、一緒の行為だ。

261 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 11:17:50
つまり、国会の権能を軽視し憲法に違反している。
しかも、登記以上に重大な示談代行行為につき談合して長年やってきた。
違憲行為の証拠ではないですかね。

まっ、バカはほっとこ。
ポイ
損保自身もひび割れ茶碗・何か軽い衝撃があれば、素因で大崩壊。



262 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 13:05:32
>まっ、バカはほっとこ。
>ポイ

とうとう余裕が無くなって来ましたね(笑)
これから先、突っ込まれた時の為に予防線を張っているんですね。
先日、仲間がこのスレに来るようなことをおっしゃって居ましたが
どなたも来ませんね。
貴殿のヘッポコ振りを見て呆れているところでしょうか?
万が一の事故の時に、示談をお願いするのは
損保でも弁護士でもかまいませんが
貴殿程度(突っ込まれまくり、明確な回答をできない)で有能、大物と見なされる司法書士には
お願いで来ません。正直不安です。

「低レベルな者にいっても無駄」ってのは無しね。
将来、示談交渉を行う可能性が有る業種の方が言うべき
言葉とは考えられません。
事故の相手は高レベルの人ばかりでは有りませんから。

263 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 13:24:42
本人提訴さんに
新しいコテハン
「横山司法書士」
を与えよう有り難く名乗るように

264 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 13:43:54
>>262
余裕があるから言ってるんだよ。

まっ、バカはほっとこ。
ポイ
損保自身もひび割れ茶碗・何か軽い衝撃があれば、素因で大崩壊。

そのうち分かるさ。深刻さがね。

265 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 13:47:52
>>263
犯罪者集団からの送りものは、丁重にお断りする。

266 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 13:55:21
たしか名前変更して「みくだりはん」とか言ってたな。
自分の事をよくわかってるんだな。

こんなのに示談たのむと解決なんてしないんだろうなぁ。

267 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 14:15:36
「みくだりはん」の意味が分かっていないようだな。
私は、名古屋高裁の示談代行合法判決に、最後の是正の機会を司法に与えた。
橋下弁護士も内部告発したとおり、示談代行制度は、法曹関係者が知って隠してきた違法行為。
この機会は、司法にとって最後の機会であり、国民に対する踏み絵だ。
それでも癒着判決をなせば、司法に「みくだりはん」を突きつけ、徹底的にやるということだ。
そういう意味で使わせてもらった。
最高裁が3行判決書くことの意味は、こちらからも「みくだりはん」を突きつけるということだ。

268 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 14:34:21

司法がこの談合の見解を追認することは、司法による立法権の侵害。
認可を受けたことをもって主張することは、行政による立法権の侵害だ。
全て違憲行為だ。憲法を守れない職能及び機関は、この国に存在してはならない。

269 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 14:47:41
橋下弁護士も内部告発した違法を高裁が追認しているが、どうするのかね。
違法行為の要件は、民間の契約で何とでもなるか、面白すぎて笑えます。

270 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 14:55:25
朝 ご苦労様

よっぽど 暇 な ん で す ね  

師走ですよ? し わ す
世の中忙しいものです。


頑張って忙しくなりましょうね^^

271 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 15:03:06
それじゃ仕事させてもらいます。

まっ、バカはほっとこ。
ポイ
損保自身もひび割れ茶碗・何か軽い衝撃があれば、素因で大崩壊。



272 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 17:14:00
この辺で煽るときっと書き込みするんだろうなぁ〜〜w

意味不明・支離滅裂のカキコをさ
橋本談話ってのが俺的にはツボww
アフォ杉ですね

273 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 17:58:36
釣れたwいなくなったはずなのに・・・

274 :もしもの為の名無しさん:2005/12/09(金) 23:54:22
このスレ面白杉
本人提訴さんの今後の予定を勝手の予想

明日の朝一番で、馬鹿はほっとこをカキコに一票

275 :もしもの為の名無しさん:2005/12/10(土) 00:15:50
「馬鹿はほっとこ」と言いつつことごとく反応age

276 :もしもの為の名無しさん:2005/12/10(土) 09:24:54
本人訴訟さんへ レスが有資格者とは思えないのですが・・・
y本の所にでもカキコして、仲間内で認めてもらえば?
憲法違反だとかなんとかさぁ、皆賛同してくれるよーん
もしくは自分でHP立ち上げたら? 


277 :もしもの為の名無しさん:2005/12/10(土) 09:28:10
このスレの名称変更
「DQN司法書士の独り言・・・・藁」

278 :もしもの為の名無しさん:2005/12/11(日) 08:40:04
いつまで、損保神様のつもりでいるのか、哀れな連中だ。

279 :もしもの為の名無しさん:2005/12/11(日) 10:23:41
本人提訴さん
もうネタ切れのようですね
外のネタ無いの?
だんだん 飽きた。

280 :もしもの為の名無しさん:2005/12/11(日) 10:34:15
先生しつもーん
代書屋に 示談交渉の様な交渉、折衝能力(ノウハウ)有るんですかぁ?


281 :もしもの為の名無しさん:2005/12/11(日) 22:40:01
本人訴訟さんファンより
@セールス万から猛勉強して司法書士へ転進 損保上級代理店資格保持(金沢在住?)
A独特の法理論体系で同業者間でも浮く。コネも無く案件も少ない
C家を新築、住ローン負担増
D新築した家は欠陥住宅・施工不良らしい
E家に車両がコツンと衝突 衝突の衝撃で外壁から水漏
F修理費をめぐり損保と大揉め
 建替えに近いDQN要求をするも当然拒否られ、施工時の欠陥を指摘され逆上
 このときより脳内は損保=悪
 自ら提訴に至る 
 柳腹ミハの掲示板を占拠し追い出される。
 有名なy本と意気投合し合流 独特の法理論に更に磨きをかける
G提訴するも、あまりの脳内理論に裁判所もポカーン、弁護士苦笑い
H敗訴続き 最高裁がダメなら国賠だと主張
Iy本サイトにも姿を見せなくなるが根っこは一緒
Jその後鬱憤晴らしの為自らの理論を認められたく2chでスレ乱立するも
 自爆炎上  特に法律板ではメロメロ 代書屋とか登記屋の罵声
 乱立したスレでも50レス位で基地外振りを発揮し伸び悩み
 何故有資格者が2chで自説を延々と繰り広げるかは謎
 暇にまかせて近日中に自らのホムペ立ち上げ予定

282 :もしもの為の名無しさん:2005/12/11(日) 23:40:49
負け組みの代表じゃないかorz

283 :もしもの為の名無しさん:2005/12/12(月) 08:31:04
>>281
なら、おまえ正々堂々と住所氏名を明らかにするか。
相手してやってもよいぞ。

>施工時の欠陥を指摘され

なら、やはり国賠だな。
設計・施行ミスは言いがかりに過ぎない。
タイヤ痕を偽造した軽い事故のはずが、主張根拠なだけだ。
住宅性能評価印の責任・建築確認・完了検査の問題全てが絡んでくる。
マンションの構造計算問題に損保の違法なはらい渋り行為全てが問題となる。

そして、お前に対しては、施行業者らに対する名誉毀損・私に対する名誉毀損の責任が生じる。
相手してやってもよいよ。


284 :もしもの為の名無しさん:2005/12/12(月) 08:39:05
お前ら損保は、ばかだから物事には、加害者が責任逃れをすれば、
必ず誰かにその負担が行くことを忘れていることだ。
最高裁が判断を避けた時点で徹底的にやる。


285 :もしもの為の名無しさん:2005/12/12(月) 08:46:55
実はね、マンションの構造計算問題が、加害者=損保・利益相反がないの出鱈目を証明しているのですよ。


286 :もしもの為の名無しさん:2005/12/12(月) 09:29:47
どこまで行くの・・・・・・・・・

287 :もしもの為の名無しさん:2005/12/12(月) 12:30:25
最高裁が、きっちり判断すれば、終わり。
判断しなければ行くとこまでいくだろうね。
国相手の交渉も面白いのでね。
私は、簡裁代理権得てから、ある事件で既に経験済みでね。
まっ、示談交渉には不慣れな代書屋なんで、たいした事無いんですけど。
国相手では、国民としての立場が利用できるんですよね。

288 :もしもの為の名無しさん:2005/12/12(月) 16:20:27
あのぅ・・・
心が休まる時・・・なんてないですよね?

なんか可哀想になってきた。
気の済むまで、ガンガレ!

289 :もしもの為の名無しさん:2005/12/12(月) 16:27:55
>心が休まる時・・・なんてないですよね?

損保の方では??


290 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 00:04:08
あのー本人提訴さんへ
家にぶつかった車の破損程度・修理費はどのくらいだったのですか?
当て逃げした模様ですから自走可能だったのでしょうか?
ご参考までにご教示願います・・・・・



291 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 00:24:16
>>284最高裁が判断を避けた時点で徹底的にやる
>>287国相手では、国民としての立場が利用できるんですよね

同一人物?
支離滅裂で理解不能 只気味悪いのみ。


292 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 08:11:25
>>291
被害者相手の払い渋りしかやったことの無い連中が、
国相手の交渉ごとが分かるはずがない。
気味悪いを通り越して恐怖かもね。

293 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 09:15:45
今日のテレビ朝日を見たかね。
コメンテーターの弁護士が、話したことでは、日弁連が建築確認業務の民間委託に関して
営利企業に公正な確認業務ができないと意見書を国会に出しているんですよね。
では,なぜ日弁連は保険契約の債務者の損保に、債権者の加害者の示談交渉をやらせてきたのですかね。
だけど、お前ら損保は、>>285の深い意味は理解不能でしょうね。弁護士の受け売りしかできないからね。

それじゃ仕事させてもらいます。

まっ、バカはほっとこ。
ポイ
損保自身もひび割れ茶碗・何か軽い衝撃があれば、素因で大崩壊。




294 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 12:11:26
何をどう考えればそんな考えに・・・w

295 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 13:41:51
建築基準法改正に関する日弁連の申入書より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 法律案によれば、公正中立な民間機関の創設を企画し、株式会社も排除されていない。
その場合には、既存の建設業界が中心となって株式会社が設立されることとなると考えら
れるところであるが、そのような営利を目的とする株式会社が『公正中立』な立場を保持
できるとは、到底考えられない。また、手抜き工事等の欠陥住宅を生み出す建築業界の実
態・体質・業者に依存せざるをえない建築士の現状等を踏まえれば、民間検査機関により
どれほどの効果が期待できるかは、甚だ疑問である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まるで、高裁判決を批判した最高裁提出の私の理由書の記載のようである。
ようは、弁護士法の第72条の保護法益が、弁護士の利益の擁護にあるのか、国民の利益の保護のため
利害関係の無い資格者の代理を強制するもなのかによって、結論が違ってくるのさ。

296 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 13:51:41
お前ら損保は、日弁連指摘のとおりの『営利を目的とする株式会社』だ。
しかも、賠償額が上下することによって、会社の利益が直接左右される利害関係を有する企業だ。
弁護士法には、少なくとも依頼者との関係において、このような利害関係を有する者は、資格が
あっても、受任できないとされており、弁護士の汚職の罪(弁護士法第26条)では、懲役刑のみ
が規定されている。

このような厳しき生を受ける資格者が、初めて受任できる業務を、なぜ、損保のような利害関係人
の営利企業に、社員の直接当事者せいを根拠に日弁連が交渉業務を開放したのか、甚だ疑問である。


297 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 13:59:16
日弁連の申し入れからすれば、お前ら損保は、賠償額が上下することによって、会社の利益が直接左右される利害関係を有する企業の
損保が示談交渉すればなにがおこるか、一目瞭然だ。
だから、損保の払いしぶりが起こるのだ。

298 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 15:06:01
アフォを傍観することがこれほど楽しいとはw

299 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 15:54:02
>>298
おまえも、アフォ。
では、今後はお前らでご自由に。
単純に、裁判だけで動いていると思っているばか者。
バイバイ。

300 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 16:20:50
このコンプラが重視されている時代に
いつまで、能天気で居るのかと思うと哀れになる。

301 :もしもの為の名無しさん:2005/12/13(火) 19:16:37
丁寧にご説明まで・・・m(__)m

で、損保の示談交渉がなくなればどうなるかも聞かせて欲しい・・・

302 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 08:53:19
すくなくとも、被害者はお前らの払いしぶりから解放される。

303 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 14:21:23
>払いしぶりから解放される。
具体的にどのような払い渋りでしょうか?
抽象的ではなく具体的にお願いいたします

304 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 16:18:41
>>303
森の石松だな。
犯罪等被害者基本法のパブコメ等には、
被害者から任意保険はいらない。自賠責に一本化とまで要望が出されている。
具体的に気づいていないなら見捨てられればよい。
では、さいなら。

305 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 16:45:05
意味が分かりません

もう一度言います
払いしぶりとは具体的に何ですか?お教え下さい
はっきり言いきっているのです。誤魔化さないでお答え下さい

306 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 18:13:49
あんまり教えると馬鹿を勢いづけてしまうのでやめときますが
損保業界の非弁行為の本質が見えていない。
弁護士会がなぜ非弁を認めたか東京弁護士会が中心になって認めたこと
(逆に問題視)をヨーク考えれば答えが出るよ。
頑張れピントはずれのうるさ型
に対し

307 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 18:23:03
いい加減にして下さい
「損保の払い渋りとは具体的に何ですか?」と聞いているだけです


答えられないのか?好き勝手に書くくせに
司法書士ならきちんと答えなさい。情けないったらありゃしない


もう一度聞く
損保の払い渋りとは具体的に何ですか?

308 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 18:46:13
なるほど「任意保険は不要」「自賠責のみ」ということですか。
でもそれは人身事故のみですよね。
当然ご存知のように自賠責であれば、定められた保険金となりますが、
裁判等で自賠責を超える賠償額が出た場合は、どうするのでしょう?
また、物損事故も含めるとなれば大変でしょうね。
しかも、当事者同士の話し合いとなりますよね。
その他の問題も山積みとなりますが、そこまでおっしゃられるからには、
解決策もよく考えられていると思います。
よろしければ参考までにその点などをお教え願いますか?

それと損保の示談交渉により助けられた人もいますが、
短所ばかりではなく、長所の部分についてはどうお考えなのでしょうか?

309 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 19:04:23
>308 余分なつっこみ入れるとそこを拠り所に逃げる
「損保の払い渋りとは何だ?」これを回答させてから頼む


こいつは他の逃げ道を探してるのだ
道を渡すのは良くない 答えさせよう



310 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 19:15:08
答えられない突っ込みに窮してるのだよ
助け船出したらダメ

311 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 20:19:26
馬鹿をあいてにするほど暇じゃ無い。

払い渋りが無いと思っているなそれでいいでしょう。

あまりに馬鹿らしい質問だ。

勝手にやってろ。

これで、馬鹿とお話は終わり。

後は粛々と準備しておくかね。

312 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 20:23:30
だれが無いと思ってると書いてる?読めないのか?

>302での「すくなくとも、被害者はお前らの払いしぶりから解放される。」
に対して具体的にどういう払い渋りなのか?と聞いてるのがまだ分からないのか?
司法書士なんでしょ?しっかり答えなさいよ

>払い渋りが無いと思っているなそれでいいでしょう。
なんだ?この支離滅裂な返事は?答えられないんだろ? しっかりしろよ

313 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 20:33:48
べつに、知りすぎているから答えるのも馬鹿らしいだけ。
非弁は違法行為。違法行為を業として、許可事業が存続するのかね。
社員の示談代行は、弁護士の側が非弁と認めても覚書では逃げられる。
しかし、30万円のアジャスターの示談代行は、協定ですからねえ。
払い渋り有無の以前の問題で、先が見えているのに気づいていないとは???


314 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 20:40:52
だ か ら 
知りすぎてても良いから答えろっての


誤魔化して逃げるな

315 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 21:20:39
協定金額を超えて示談代行をアジャスターにさせておいてましてリサーチを
使って示談させておいて損保はひどい。
且つまた払うべきものを支払いせず。物については当事者間で了解していても
何かと理屈をつけ過失を取る。

316 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 22:11:14
覚書では、被害者直接請求権を約款に明示すれば、保険会社が保険金額確定のため
被害者と直接交渉することを認める。そして、賠償基準を作り公正を期するとしている。

だから、社員の示談代行を非弁と認めても、弁護士の側が逃げられる余地のある内容となっている。
しかし、これ根本が間違っていませんか。保険金額確定の交渉は契約当事者間で決めるものなのです。
つまり、加害者と損保で決めなければならない。

加害者の被害者に対する義務は、権利侵害者が負うべき義務。
損保が、加害者に負う義務は契約当事者間の義務。
なぜ、被害者と保険金額確定のためだと証して、損保の意向だけで賠償交渉ができる。
本来、保険金とは、加害者と被害者の間で賠償の合意が成立して、
その後、決まるものだ。

加害者が、保険で払うのだから、保険会社と交渉しろと、賠償責任を果たそうとせず、
保険会社に交渉を任せきりにし、加害者の負うべき保険会社との交渉義務をさらに
被害者に押し付けることは、2重の権利侵害ですよ。
私は、そのことも含めて判断を最高裁に求めている。

保険金額確定のための賠償交渉と言い逃れようとしても、
賠償額確定の交渉である以上、
これを認めた覚書は、加害者の代理を認めているに等しいと思います。


317 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 22:14:05
>>314
べつに、逃げてはいないさ。
315も述べているとおり、指摘するまでも無い知れ渡っていること。
おまえが、そうでないと思っているなら、崩壊するまで待っていればよい。
バカは相手にしない。

318 :もしもの為の名無しさん:2005/12/14(水) 22:47:48
これだけ だらだら書くのだったら
答えても良かろうに

逃げるとか 相手にしないとか言っているのは
答えられないとしか考えられん

319 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 00:17:48
現在のところ違法との判例はない。判例をアプしては?
本人提訴さんの脳内でのみ違法となっているのでは?
TVのハシモト弁護士談話とかコメンテーターがどうのとか
受け狙いとしか思えないのですが・・・・
示談代行の違法性が社会問題化しているならこのスレでも法律板でも
賛同は得られるであろうが、本人提訴さんの特異性だけが浮き彫りになってませんか?
おなたがおやりになった地裁・高裁の判決文でもアプしてみては?
敗訴=損保と司法の癒着による人権侵害という短絡的主張では失笑を買うだけ。

320 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 00:32:52
((-ω-。)ん?助け舟でもないよ。

>それと損保の示談交渉により助けられた人もいますが、
短所ばかりではなく、長所の部分についてはどうお考えなのでしょうか?

ほとんどの場合が現行制度の示談交渉により解決し、満足している。
これについてはどう考えてるのかな?と思ってね。
被害者・加害者共に感謝されることも多いんだけどなぁ。

まさか100%の人が、払い渋りで不満があると思ってないよね・・・。


321 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 00:41:59
>320 意味が違う 「損保の払い渋りの具体例」を答えられない状況で
別の質問やコメントを出すとそれに乗って書き始める
助かったといわんばかりにな

だから、助け舟となるのだ。
見てみろ、この支離滅裂なレスを。一番嫌いな損保軍団に司法書士?が凹まされているw
書けば書くほど自分の情けなさを晒している


も一回聞くぞ
お前の言う「損保の払い渋りとはどう言う具体事例なんだ?」たくさん知っているのだろう?
遠慮せずに書け。司法書士らしからぬレスは止めろ。資格取ったんだろ?どこがどう払い渋り
なのか教えてくれや
>物については当事者間で了解していても何かと理屈をつけ過失を取る。
冗談だよね?これw 頼むぜ大将

322 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 05:19:31
((-ω-。)ん?
そんなに攻め立てたら答える気も失くしそうだね。

私は逆から聞いているだけですよ。
この人はね、例えば人助け集団100人がいるとして、
その中の一人(まあ半分でもいいけど)が悪行を働いてるから、
「この集団は悪だ!」「俺こそ正義だ!」と言っている様なものなんだよね。
そして「全てを抹殺しろ」と言っている。
自分は吠えるだけ・・・。
世の中には必要な集団なのに、「必要ない」???
じゃあ代換案は?残りの良いことをしている者は?
ということを聞きたかったの。

まあ思い上がりもほどほどにして欲しい。
批判するだけなら誰でもできる。
それをどうするのか語れないようなら批判なんてするな。
屁理屈もいらない・・・わかりやすく話すことも必要だよ。

323 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 07:55:08
思い上がりは、お前ら損保だ。
被害者からは、任意保険はいらないとの声が出ている。
>世の中には必要な集団
こそが、思い上がりでは??


324 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 08:11:10
だから例え話しだw
じゃあ任意保険なくしてどうするんだ?
答えられるの?

325 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 08:11:15
そもそも、賠償責任保険とは
加害者と被害者の間に賠償についての示談が成立し、
加害者が賠償責任を果たし、その生じた金銭的負担を保険によって補うのが本来の姿。
賠償額の確定があってお前らの義務が確定するんだ。
今の保険制度ではこれが逆になっている。

最後に義務だけが確定し、加害者が賠償義務を果たし、保険金を請求する負担を果たしたか確かめるだけの立場の損保が
全てを決めて、賠償の示談があったことにして、損保の一存で加害者の示談をまとめている。
営利企業の損保がこんなことをやれば、証拠を偽造しようが何をしようが出来る限り被害者への賠償を無制限に値切ろうとするのは当然の帰結だ。
これは、建築確認制度について日弁連も指摘しているとおり、営利企業の性だ。
だから、医療の領域に口を出しけが人相手に債務不存在確認の訴えを乱発してきた。

最近でも低髄患者に、民事賠償では払い渋って決着したが、
検察審査会の指摘を受けて、検察が取り上げた事例が出ていただろう。
払い渋りの事例は全国にたくさんある。
お前らは、今、社会の癌なんだよ。少なくとも被害者にとっては。
だから、被害者は任意保険なんていらないというんだよ。

326 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 08:18:50
被害者直接請求権の規定される前は、
加害者が破産した場合や、
加害者が逃げ回って交渉に応じない場合などで、保険以外に見るべき資産が無い場合などの場合に
債権者代位権を行使して、被害者が加害者に代わって保険金請求権を行使して支払いを求められたわけだ。
それ以外は、加害者と被害者の間で賠償の合意がなされ、保険金を直接被害者に振り込むとの加害者の指図で振り込まれていた。
示談は加害者と被害者の間で交わされていた。

327 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 08:26:26
被害者直接請求権の規定とは、加害者が不誠実な対応を取り交渉に応じない場合に
債権者代位権のみの行使しかできないとすると、加害者の無資力が要件となるため
被害者の保護にかけるから設けられたものだ。
この規定が定められる前は、被害者が保険金請求権を代位行使した場合に、
加害者の無資力が要件を争った裁判が多数ある。

328 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 08:30:22
あのさぁ、そもそも値切るという考えが・・・まあそれは置いといて。
当事者同士でも加害者側は値切ろうとするんじゃないのか?

だいたい賠償額をどう決めてると思ってるの?
現行でも当事者同士だぞw
示談により賠償額も確定してるよ。
損保が一方的に確定できるわけないやん。
損保はその手伝いをしているんだよ。
何もわからない者が、損害額の確定をできるわけもなく適正な賠償額を定めている。
「払い渋り?」「損保が勝手に?」
そりゃあ被害者の妄想か、努力が足りないんじゃないか?
そんなに不満があれば、法的措置で決着つければいいやんか。

それと低髄患者の民事?そりゃ話しが違うだろw
損保の自動車保険での示談交渉じゃなかったのか?
それが「払い渋りの実例?」
そんな回答だから逃げてるって言われるんだよ。

保険がなくなれば、被害者も困ることがわかんないのねw
なくしてどうするのか?言えないのに・・・w


329 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 08:34:41
ところが、被害者直接請求権の規定を設けることによって、
「加害者と損保の法的立場は全く同じになった。」と勘違いして
だから、同じ立場の損保が、直接当事者として加害者の示談をまとめてよいとなった。

330 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 08:42:01
話しが噛み合ってないなw

331 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 08:47:26
しかし、ここには大きな間違いが二つある。
まず一つが、法の規定も無いのに、任意の当事者間の契約で法人格が同じとなることは無いということを見落としている。
任意の契約で、法律を無視して法人格が同じとなるなら、法律など無意味となる。他人はあくまでも他人である。
したがって、損保が直接交渉を名目に、加害者の賠償額決定など出来ない。
損保が決定できるのは、保険会社の保険金債務の決定だけである。
つまり、被害者の損害に対して、加害者の賠償義務が履行されているかどうかの確認と、
これを加害者に払うべき保険金の支払い対象として認定して支払うかどうかの決定だけだ。

被害者は、加害者の保険会社が保険金ではここまでしか払えないと言われれば、
それなら、損害を与えた加害者が払えといえるべきが、本来の姿である。


332 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 08:53:16
>損害を与えた加害者が払えといえるべきが、本来の姿である。

あははw
そこら辺のチンピラでも最近はそんなこと言わないぞw

ちゃんと相手してみようかな・・・と思ったけど、
こりゃみんな相手しなくなるのがわかるなw

333 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 09:03:55
保険会社と被害者の間では、損保直接交渉を利用した加害者との示談交渉など成立しないのですよ。
加害者に代わって、勝手に不服なら加害者相手に裁判をしてくださいとか
加害者に被害者と交渉を持つなとか言う事事態が、越権行為、示談をまとめるなら他人の法律事務に関与した非弁行為だ。

現在、破産法では、人身事故の賠償債務も免責不許可債権だ。
お前ら損保の内規がどうであろうと、加害者と被害者の間に存在する加害者の賠償責務には関係が無い。
お前らが、払わないなら加害者は残りを一生かかって償わなければならないのさ。

もし、加害者=損保が成立するなら、任意の契約で法人格を同一にできなければならない。
現行、法人格を同一とできるのは、法人格否認の法理しかない。
任意の契約で、どの法人格が否認されるのか。加害者の法人格を否認してなのか、損保の法人格を否認してなのか
なぜ同一となるのか。顧問弁護士の回答をもってこい。

答えられなければ、法律上損保と加害者は他人、加害者の示談をまとめることや
このためになす行為は非弁だと考える。

334 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 09:21:18
もう一つの間違いは、弁護士法第72条の「他の法律に定めのある場合」を、
弁護士会が認めればよいと勘違いしていることだ。

お前らのやっていることは、過失で人を殺したものが
「私は、金が無いので賠償できない。Aがあんたに金払う。だから後の交渉は全てAがおこなう。
私に今後一切交渉してもらったら困る。」と言い放ち、Aに全てを任せることを認めることだ。
しかも、Aがこれを営利事業としてやって良いとね。
このAが、暴力団関係者でもよいわけだ。

>損保はその手伝いをしているんだよ。

暴力団関係者も言うだろうよ。
『わたしゃお手伝いしているだけだよ。』
バカか。お前らには言っても無駄なようだ。
後は、徹底的にやるか。

335 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 09:27:28
しかし、一番債務を負担する大本が、
かねだしたくないから、医療情報自由に取り巻くって、内規で決めるなんてシステム
よく考えたものだ。

検察が低隋認めたけれど、医療情報自由に取り巻くって、
悪用されて賠償値切られた被害者は損保の餌になったんだよね。
社会的弱者の被害者を大企業の餌にして、
何が人権擁護なのかね。

336 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 09:33:03
あっそうか。暴力団関係者が保険業務始めればよいのか。
さぞうまく値切るだろう。交渉力があるから、100%示談だろう。
裁判所も楽になる。

337 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 10:10:43
>322 ほれ見たことか おまえのような低脳がこいつを助長させるんだよ

>まあ思い上がりもほどほどにして欲しい
レス
>思い上がりは、お前ら損保だ

俺の言ったとおり、これを契機にどんどん持論を展開していく
このレスの多さ分かるか?異常だぞ?俺の単純な質問に窮していたのにまた復活して
堂々巡りだw 今までの「流れ」を嫁やボケェ


おーーーい質問に答えろや 能なし司法書士
「損保の払い渋りって具体的にどういう事例なんだい?」


338 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 12:15:03
思い上がりは、お前ら損保だ .
被害者の立場から事実を言ったまで。
犯罪被害者等基本法に何が規定されている。

>損保はその手伝いをしているんだよ。
>何もわからない者が、損害額の確定をできるわけもなく適正な賠償額を定めている。

>適正な賠償額を定めている。
なら、刑事と民事で違う結果になる訳が無い。
適正に定めるはずが無い営利企業が営利追求に走るからこの結果となる。

日弁連の事故相談センターから司法書士連合会に派遣されてきた講師が、
損保が加害者側についている場合は、示談交渉にしろ裁判にしろ実質損保がやっていると説明している。

>損保はその手伝いをしている
では無くて、保険金を値切るためにやっているんだよ。
このような目的を持って、加害者の示談にかかわることは、非弁以外の何ものでもないと考える。

>>337
別に答えに給しては居ないがね。お前のような馬鹿な人種は相手にしていないだけだ。



339 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 12:38:20
犯罪被害者等基本法の趣旨からすれば、被害者の被害からの回復は補償されなければならない。
加害者は、元々が事故により他人の権利を侵害した権利侵害者だ。
権利侵害者が、たまたま保険に入っていたからと言って、
後は全て保険会社に任せてあると、保険金支払い額決定の交渉を被害者に押し付けることは、
権利の濫用、さらなる2次被害だ。

保険会社と素人の被害者の間には、資金・能力において天と地の開きがある。
交通事故の被害者・特に人身事故の被害者は、仕事も出来ない状態の中で、経済的に追い詰められた状況の中で
この能力格差の中で払い渋られる。
これについて、

>「払い渋り?」「損保が勝手に?」
>そりゃあ被害者の妄想か、努力が足りないんじゃないか?

だと、バカか。
加害者及び損保の過剰な権利の濫用、それが払い渋りの本質だ。
最高裁には、この点も含めて判断しろとあげてある。
保険会社と素人の被害者の間には、資金・能力格差に注目して、最高裁が自ら判断したある判例を引用してね。


340 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 12:48:14
別に俺が馬鹿でも乞食でも何でも良いから答えなってさ
目一杯逃げてるぜwww

341 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 12:52:26
>>337
お前の発言は、相手にする価値も無いものだ。
だから、勝手にほざいておれ。

342 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 12:55:11
しらねーだけなんだろwww

343 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 13:05:26
>>339
同意。
払い渋りって、結局自社の利益を確保したいだけだもんな。
被害者のことはもとより、顧客である加害者のことすら考えていない。

「示談交渉」なんておこがましい。
保険屋の経費削減活動だよ。

344 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 13:50:01
話しに参加するなら「払い渋りの具体例」あげろってw

交渉ごとを何でも払い渋りで括っては話しにならん
保険金詐欺や過大請求をほいほい払えば良いのかい?
悪い奴が得をしても良いのかい?
詐欺師・被害意識過剰者と通常の人どうやって見分けるのだ?
痛みを言う人・痛くないのに痛いという人どうやって見分けるんだ?

払い渋りって何だ?

345 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 14:20:34
>>344
たとえば、過失相殺率に双方で争いがあるとする。
保険屋は8割の過失までしか認められないというが、
裁判例からは9割は認められるはずだというのが被害者の主張。

で、被害者側の車の修理費が100万かかった。
支払を求めるが、示談をするまで1円も払えないという。
8割については認めてるのだが相当額だけでも払えといっても聞かない。

修理屋に迷惑かけられないから、しかたなく全額立て替え払い。
これが払い渋りでなくてなんだ?続きもあるぞ。

346 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 14:56:04
えええええええええええええええええええええええええええええ


まじでそれが「払い渋り」???????



えええええええええええええええええええええええええええええええええ


347 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 15:00:07
>>344
被害意識事態が、事故による加害行為の結果だ。
医者をおいていない損保が、医者でも判断の難しい問題を判断できるのかね。
しかも、契約関係にも無い被害者の医療情報を抜きまくって。

被害者意識が癒されるのは、加害者の誠実な対応だ。
損保に任せて、知らん顔。
損保が、保険契約者の立場で加害者をいたぶるのは勝手だが
被害者相手に、加害者の名前で医療に口出しするから、
被害者は、2次被害によりさらに被害者意識を強くする。
症状を悪化させ、賠償交渉も混乱する。悪循環だね。

348 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 15:14:48
>>345
少なくとも、非弁の話・利益相反の話しになるよね。
保険会社が8割しか認めない。それなら、それで保険会社との直接交渉はこの時点で終了だ。
後は、加害者と被害者が直接交渉でどうするかの問題だ。
無資格者の損保の社員が、損保の意見を呑んで加害者と示談しろ。
さもなければ、保険金を払わないと脅すことではない。
示談は、合意できる部分でやって、残りを別途交渉で決めてもよいのだ。
加害者も8割の部分までは認めて、残りを争うことだってできる。
面倒だったら、1割自己負担して決着させることもできる。

349 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 15:25:00
これを出来なくさせているのが、損保のお任せ保険。
裁判になろうとも最後まで損保が全ていいように面倒見ますよとの契約だ。
これで、損保の顧問弁護士のお出ましとなって、値切るわけだ。

本来は、8割保険ででるなら1割10万円程度なら自己負担で決着。
あるいは、中とって5万5万で決着。この機会が全て損保のせいで奪われている。

Ymotoのところの法務省の見解は、
示談代行が弁護士法第72条に違反するとき、損保の顧問弁護士の受任は提携弁護士に当たるとされている。
無資格者の利害関係人の損保が、交渉を決裂させこれが非弁行為に当たるとき、
その後を顧問弁護士が受け継ぐ訴訟受任は、提携弁護士として違法な受任になるとYmotoに答えている。
つまり、ここに弁護士法第25条・第26条の違反行為が成立する可能性があるのさ。


350 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 15:39:45
>>344
お前ら、半年で保険金を払いたくなければ、被害者の治療費の支払いは、半年までと約款に明示すればよい。
残りは加害者の負担だ。
医者でもない損保が、被害者直接請求権があるから、支払い枠の範囲内の交渉では、加害者=損保と訳の分からん屁理屈をつけるから
無制限の保険契約が横行し、無制限の責任を負担したくないから、払い渋るのさ。

治療が続いていても、半年で内規で打ち切るのなら、契約でここまでしか出ませんと決めればよいこと。
医者でないものが、医療の領域に口出しするのは越権行為。
被害者の人格さえ無視した人権侵害だ。精神病質の可能せい、更年期の可能せい、
このようなことを、加害者の名で並び立てて、被害者を罵倒することは、犯罪被害者等基本法の精神に反する、さらなる人権侵害だ。

351 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 15:53:37
>>346
だから払い渋りでなくてなんだ?

352 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 16:23:30
やっぱ狂ってる・・・
裁判負けるはずだな・・・

353 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 16:24:38
そう。
裁判して保険屋提示額を下回ることはほとんどないからな。

354 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 16:27:30
>345 を払い渋りと堂々と書けるところが痛すぎる・・・・・

素人より酷いじゃないか・・・・
悲しくなるね

355 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 16:34:54
>>354
繰り返す。3回目だ。
払い渋りでなくてなんなんだ?

356 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 16:56:54
休業損害は被害者が請求しないと無視されてしまうらしいね。悪質な保険屋の場合だが。
それも払いしぶり。

357 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 17:23:43
休業損害?被害者から言わないとわからないでしょ?

>保険屋は8割の過失までしか認められないというが、
裁判例からは9割は認められるはずだというのが被害者の主張

これが払い渋り?w
保険会社も判例から8割を主張してるんだよ。適当に言ってると思ってるの?w
単なる見解の相違やんかw
被害者の主張が正しければ9割となるだろうし、
8割が正しければ、被害者の妄想だよね。
そんな妄想を払い渋りだなんてw

358 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 17:32:11
>>356
こんなやつら、相手にするだけ無駄。

359 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 18:17:19
>>357
8割認めるなら8割だけでも先に払えよw
9割主張を留保して内払いとして受け取るだろ。

通常の交渉なら争いのない部分をつぶして、
争点を絞っていくんだよ。

現金をエサに自分に有利な示談をまとめようとしてるとしか思えない。
真に解決を目指すなら、内払いしても双方に不利益はないからな。
違うかい?保険屋。

360 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 18:18:12
えらそうにいっているけど内部では協定できないのは当たり前で安い目の
修理費見積もりを作成して工場においてくるよう強制されています

361 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 18:20:02
359>無理でしょうそのときあなたは1割り分支払う?

362 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 18:22:16
>>361
争いのある部分だから相殺しても構わない。
100万立て替えさせ、なおかつ過失が大きいことを認めながら、
1円も払おうとしない態度が払い渋り。

363 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 18:35:29
でも約款上支払えないよ


364 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 18:56:11
日本語理解できないのね・・・
ほんと話が噛みあわないしw

365 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 18:57:23
>>363
あんたは割と良心的だな。
きちんとその辺を加害者に説明してあれば、
加害者と直接交渉するからそれはそれでいい。

加害者には「勝手に交渉するな」といい、カネが欲しけりゃ8割で我慢しろ。
イヤなら裁判しろ。それまで1円も払わん、だからな。

人身で治療中なのに示談できるわけないだろ。
(ちなみに人身の対応もひどい。)
こんな払い渋りが横行してるから、
当面の生活費を工面するため、
被害者請求の休業補償だのでわずかづつ回収していくしかない。

自賠責の限度超えたら今度は打ち切ろうとしてくるのが、
今から目に浮かぶ。

366 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 20:18:13
誰か・・・
物損事故から、人身事故に変更するには、期限とかって有るんですか?

それと、鞭打ちって、何日ぐらいから症状出るんですか?
わかる人いますか?

367 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 20:20:24
>>350

>お前ら、半年で保険金を払いたくなければ、被害者の治療費の支払いは、半年までと約款に明示すればよい。
>残りは加害者の負担だ。

これこそ払い渋りだと思うのだがw

368 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 21:02:41
>>367
363もしもの為の名無しさん2005/12/15(木) 18:35:29
でも約款上支払えないよ

で、おしまい。
こっちのほうがよほどさっぱりしているし正直。
いざ事故が起こると払い渋るくせに、
払うような触れ込みで客集めるからトラブルが起こる。

369 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 21:20:07
こいつ全然意味わかってないやんw

370 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 22:32:54
と、払い渋りを強制されるPAがほざいてるなw

371 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 22:38:22
>>350
>医者でないものが、医療の領域に口出しするのは越権行為

医療訴訟

裁判官 「主文 1 被告らは、各自原告○○に対し、金○○○○○○○円・・・・・・・・」

被告医師 「医者でないものが、医療の領域に口出しするな。」


医療過誤

患者 「損害賠償してくれ」

医者 「医者でないものが、医療の領域に口出しするな。」

これでいいんだな!  司法代書人のセンセ。


>犯罪被害者等基本法の精神に反する

お前、昔の示談屋か?

「自賠法の精神を知っているのか。」w

372 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 22:42:57
自賠法の精神を、一番踏みにじってるのは保険屋

373 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 22:45:32
>>352
こいつの準備書面を読む判事さんはタイヘンそうですね。

民事訴訟なんて立証がすべてと言ってもいいもにね。

立証できず敗訴→腹いせに(略

374 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 22:47:59
裁判起こして、保険屋提示額に上乗せできなかった事例を知らない。

375 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 22:48:25
>>372
「自賠法の精神を知っているのか。」

これ、示談屋がよく言った文句らしい。

376 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 22:50:42
>>375
なら、怖くないだろ?w

377 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 23:29:23
>>374
ちょいと車が接触して
欠陥住宅に多大な損害が生じた等
不当(過大)請求をして敗訴した事例もある

378 :もしもの為の名無しさん:2005/12/15(木) 23:39:36
下記スレで本人提訴の痛い主張を見れます
イタ杉
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1117517883/l50

379 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 08:25:34
>>377
なるほど、保険屋には相当因果関係が争点になってる場合と、
過失割合や補償額が争点になる場合の区別がつかないのか。

380 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 08:33:46
法律より、心が大切です。
何かあったら、心の通ったやり方で。
きっと、解決します。

381 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 08:46:42
>>377
千葉県あたりの構造計算屋や住宅性能評価員に
この地区で蔓延している適当な計算で、欠陥建築物の可能性があるとでっちあげ
タイヤ痕を偽造して、軽い事故言い立て、全てが設計・施行ミスと言い立てた損保がある。
しかも、この審理は政治の方に生中継であるとも知らずに、癒着判決書いた判事がいたっけ。

最高裁はどうするか知らないが、建築確認・完了検査とおっていますしね。
これも、偽造設計なのかな。判で設計・施行ミスと決まったら、国交省にもあげなくちゃね。
判決で責任負うのは、告知しているから〇〇〇だしね。

しかし、千葉県の構造計算やってすごいよ。何のデーター無くても裁判所にもっともらしい構造計算書提出するし
千葉県の住宅性能評価員てすごいよ。小さなわずか数枚の写真で、欠陥住宅認定できるらしい。

もし、最高裁が私が指摘したことの意味が分からなければ、司法組織ぐるみの〇〇が追求できることとなる。
完璧な証拠がそろうからね。審理過程であった事実、損保が提出した証拠にある事実、事実は消えないのさ。



382 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 08:56:50
損保の事故で無い可能性をでっち上げる能力は、大したものだがまともでないね。
私の建物は、新築3年だし、完了検査・建築確認がとおっているし、事故の後全体に被害が出ていることは
高裁判決で認定しているし、私は、マンション住民と同じで落ち度ないし、判決確定後の追求が楽しみなんですよ。
まっ、これ追求しだすと相手損保や司法がどうなるかは知らないがね。

383 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 09:10:04
ところで、損保やろう。
おまえら、東京弁護士会が中心となって、おまえらの社員の示談交渉認めたとの情報ありがとうよ。
ところで、この覚書の中で、社員の示談交渉の公正を期するために賠償額算定方法をマニュアルかするとしているが
なぜ、保険会社の基準・青本基準・赤本基準・裁判所基準といくつもの基準があるのかね。
うまい方法考えたものだね。

しかし、平成9年に
日弁連と損保協会で、マニュアル化は無理と確認しているのしているの。
証拠として最高裁にまでt届いているけど、知ってるのかね。

384 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 09:47:21
まだやってたの・・・ここw

385 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 09:54:08
おまえらが、このスレで絡んできたことは
示談代行導入の際に、日弁連を追い詰めていった手法の延長の主張だ。
『弁護士さん、年間多発している事故を弁護士さん全て弁護士だけで処理できるのか
損保に開放しろ』とね。

386 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 10:04:51
弁護士の側は、弁護士の数も少なかったし、政治力で劣るからこのままでは、弁護士法第72条が無くなるかもしれないと恐れ、妥協せざるを得なくなったわけだ。
そして、損保に認めるなら、他の資格職能に対しての言い訳も考える必要があった。

それが、被害者直接請求権の規定の明示、保険枠が十分であること、これで損保=加害者と見てよい
だから、損保の社員がやるなら加害者が行うのと一緒だから、弁護士法第72条に違反しないと言い逃れできる

と言い訳を用意して覚書となったと言う所だろうと思うがね。

387 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 10:17:33
この発想には、三つのおかしい点がある。

その一つは、加害者と損保これは、法律上の法人格は全く別の他人であること。
これは、民間団体の合意や個人間の契約に被害者直接請求権の規定の明示したところで消えないこと
これを忘れていることだ。
つまり、損保の社員が行おうとも法律上の法人格は全く別の他人が、他人の加害者の法律事務にかかわることに代わりが無いことだ。
弁護士法第72条の定める他人の法律事務には替りが無いことだ。西村議員の元秘書が行う示談代行も損保の社員が行う示談代行も
他人の法律事務として替りが無いということだ。


388 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 10:30:19
その二つは、加害者と損保、これが保険契約において債権者・債務者という
利害が対立する当事者であることを無視していることだ。利害が対立する当事者が
他方の交渉ごとをなせば権利侵害が発生することは分かりきったこと。
これを、職域エゴのために見落としたのではないかね。
この危険な結果が何を生むか、それを示す条文が、民法第520条混同の規定だ。
債権者と債務者の地位が同一人に帰すれば、債務が消滅するということ。
つまり、同一とみなして認めれば、示談交渉において、保険金支払い義務が0円=賠償金0円の主張を生むということ。
損保やろう。おまえらは、だから裁判においても損保が仕切り、債務不存在確認の訴えを多発してきたのさ。
お前らのやってきた事実が、『損保=加害者と見てよい』の判断の誤りを証明している。

389 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 10:36:58
その三つは、法律の規定を民間団体の合意や個人間の契約で、変えられると思い上がっていることだ。
これは、法律の専門職が決してなしてはならないことだ。
立法権の侵害・つまり、違憲行為と考えざるをえない。

390 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 10:44:18
司法がこの談合の見解を追認することは、司法による立法権の侵害。
認可を受けたことをもって主張することは、行政による立法権の侵害.

そういうことだ。

391 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 10:50:31
日弁連は、建築確認制度の申し入れ書記載のとおり、営利企業の体質は十分知っており
その二で示した問題点については、危険性は当初から十分認識していたようで、
覚書では、いくつかの提案が書かれている。

その1 賠償額の決定の公正を確保するために、交通事故賠償の基準となるマニュアルを作成すること
その2 損保が示談交渉を開始して紛争が増えることを恐れて、調停機関設置を条件とする。
その3 アジャスターや社員に対する教育の徹底


392 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 10:57:10
その1の『基準となるマニュアルを作成すること 』は、平成9年に不可能と損保協会と日弁連で確認書を交わしている。
この書面では、不可能と確認したうえで今後の対応を協議するとなっている。
この時点から、すでに8年たった。
なにをしていたのかね。

しかも、国土交通省は、自賠責の問題でこのころ、既に損保の払いしぶりの問題を把握していた。
国もお前らもいったい何をしていたのかね。

393 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 11:09:03
そして、裁判の場では、司法はこれを隠そうとする。この理由は、『基準となるマニュアルを作成すること 』に裁判所が関与しているからではないかね。
東京地裁と東京弁護士会が継続的にやっているからね。
だから、この問題は判断しないだったはずなんだが、追い詰められて、高裁が判断しお前らの言い訳を合法とした。
今、最高裁に事件がある。そういうことだ。

この問題はね。裁判官・弁護士の法曹一元化などしたら、
とんでもないこととなることを証明していると思うがね。

394 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 13:56:31
また朝から連カキコなのね
師走なのに暇なこと

あ!こんなアフォだからお客来ないの当たり前か^−^

395 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 18:22:01
本人訴訟へ
あんたは損保側の味方か?
あんたの主張は非常に的確で、間違っていないと思う。
ただ、その方法が間違っているため、このスレを見た
人たちにまるで損保擁護派が正しいような印象を植え
つけている。単におかしな奴が延々と持論を繰り返し
ているようにしか見えない。もう少しやり方を変えて
みてはどうだろうか?


396 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 21:06:02
だってオバカなんですもんwww

>あんたの主張は非常に的確で、間違っていないと思う。
部分的にはじゃねーかな
橋本談話とか(TVで言っただけなのにw)言ってる様じゃダメですよw

397 :もしもの為の名無しさん:2005/12/16(金) 21:07:17
無能保険屋のお出ましかw
恥知らずがwww

398 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 00:18:47
ハァ? 

399 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 04:13:35
>>379
ハァ?
相当因果関係によって 過失割合、賠償額が変わる事も有るだろう。
無知はそちらです。

>>382
>損保の事故で無い可能性をでっち上げる能力は、大したものだがまともでないね。
自分でちゃんと計算して反証すれば良かっただけでは?
努力をせずに敗訴して「勝った相手が強いから悪い」という事を言いたいのですね?

>私の建物は、新築3年だし、完了検査・建築確認がとおっているし、事故の後全体に被害が出ていることは
築3年=中古


400 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 08:02:04
>>399
またバカ登場か。
相当因果関係があるかどうかを争うのと、
相当因果関係の存在は認めるが、過失の割合を争うのでは争点が違うんだよ。

401 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 08:33:35
示談じゃなくてアドバイスしてるだけですよね。

402 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 10:45:11
>>400
話がかみ合いませんな

いずれにしても、
あなたが言っている事だけでは世の中済みません。
いろんな事が有るということだ。
もっと実務を勉強したまえ



403 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 10:47:22
>>402
お前、不法行為法を完全に知らないな?
そんな勉強不足で示談とは笑わせるw

404 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 11:12:20
>402
を読んで
どうやったら 不法行為法にたどり着くのか
理解出きる人 居る?

405 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 11:28:00
>>404
相当因果関係の争いと、過失割合の争いの区別がついてないから。
保険屋には難しいのか?

406 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 11:59:39
相当因果関係と過失割合、賠償額は全く別物か?

407 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 12:01:02
でもココ読んでる保険業界人・法律関係人・素人ほとんど
お前がバカだと認識している訳だがw

408 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 12:09:42
>>406
過失相殺(過失割合)だけ立証責任が逆になる。
そして、賠償額は相当因果関係や過失相殺について決着した後の結果。

こんな初歩的なことも知らない保険屋>>402は馬鹿としかいいようがない。
保険屋ってみんなそうなのか?

409 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 15:08:12
>>402
が言っていることの
元をたどれば
>>374

>裁判起こして、保険屋提示額に上乗せできなかった事例を知らない。
に対する反論だろうに
>>374
は訴訟で損保側全敗と言っているように感じる。

410 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 15:28:58
>>403

>あなたが言っている事だけでは世の中済みません。
>いろんな事が有るということだ。
>もっと実務を勉強したまえ
別におかしな所や間違ったところは無いと思うが・・・
人間謙虚な姿勢が大事だよage

411 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 15:52:43
>自分でちゃんと計算して反証すれば良かっただけでは?
>努力をせずに敗訴して「勝った相手が強いから悪い」という事を言いたいのですね?
本人提訴さん
の問にYesかNoで答えてください。

412 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 16:00:04
訂正
の問にYesかNoで答えてください。→問にYesかNoで答えてください。


413 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 17:24:33
>>411
民事訴訟は、一つ一つ証拠を抑えて、事故がどう起こったのか、事故の衝撃がどれくらいあったかを解明して
初めて、損害範囲が確定できるのですよ。
私の訴訟においては、事故がどうして起こったのか、解明する証拠は当方から多数だしてある。
しかし、司法はどういうわけか、損保の自己解析に重大な意図的作図があることが判明してから
ここのところを争点整理して解明することを意図的に避けているのですよ。
弁護士は黙り、裁判所は審理をしろと言っても、審理をせず言い分けつけて自由な心象判断しますとね。

しかしね。損保は時速8kmの軽い一度の衝突を主張し、当方は3度の衝突しかも少なくとも最初は時速30km以上
この決着を争点整理してつけなければ、どうして次の主張に移れるのかね。
裁判所はなすべきことをなさなかったのだよ。

そして、自動車の構造に素人の裁判官が、屁理屈つけて損保の言うとおりに判決を書いたそれだけだ。
損保やろう、自動車の左ドア全部ピラー部ここに建物支柱の角が線状に食い込むように衝突したのが1回目の衝突だ。
この部分は、側面衝突に一番強い部分だ。

加害車両は、ここが、押されてピラー部が押し込められてグニャット変形している。
時速8kmで、ピラー部が押し込められてグニャット変形するかね。高裁判決では、この変形は認定しているのだよ。
その後、衝撃が吸収されて跳ね返り、さらに1/4回点以上回転したと判決理由では書いている。
時速8kmとは、車両が止まる直前の速度だ。どうしてこのようなスピンが起こる。

このような矛盾は、十分に指摘してあるが、証拠を審理し確定する努力は一切司法はしていない。
しかも、判決認定では車が宙に浮くぞ。これも、1審で指摘し弁護士が反証出せないと認めているぞ。

まっ、お前らどう思おうがかってだが、素人相手の本人訴訟ならこれで終わっていたのだろうが、
こちらは、素人ではないのでね。司法の職権濫用を見抜くくらい分けない。
最高裁が是正しなければ、かえって面白いのさ。

さらに、弁護士法の判断など、法律判断になっていないしね。
司法の犯罪かくし、これに尽きますね。

414 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 17:25:44
>>410
そう、謙虚な姿勢が大切だ。
自分が理解できないからといって、
他人のせいにしてはいけない。

415 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 17:39:24
>>409
>訴訟で損保側全敗と言っているように感じる。

このレスでわかるように保険屋自身が、加害者の訴訟代理人であるかのように錯覚している。
損害賠償請求訴訟は、加害者を相手取って起こす。
訴訟の相手でもない損保に、勝つも負けるもない。

示談に介入したければ、せめて不法行為の要件程度は勉強しておくべきだ。
話がかみあわないのも無理はない。一方に民訴の知識がないのだから。

416 :411:2005/12/17(土) 18:41:34
YesかNoで答えて下さいと言っている。


417 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 21:03:26
>>416
おい、損保やろう。お前らの顧問弁護士でもな。高裁段階で門前払いされている弁護士が多数いる。
弁護士でも、高裁で上告ストップで、上告を出したと報酬とるんだよ。

上告受付けられ番号をとるこれさえ大変なんだよ。弁護士でもね。
そして、上がっても1ヶ月程度で門前払いされている弁護士が多数居る。

私はね2週間程度で高裁通過。既に2ヶ月最高裁が悩んでおりますからね。
それだけの問題を取り上げているということだ。
お前らトウシロがどうのこうの言うレベルの話で無いんだよ。
ど素人が。バカか。

418 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 21:10:41
高裁段階で、既に審理すれば大手損保が許可取り消しになるかもしれない問題になっているんだよ。
だから、高裁は怖くて審理できなかったんだよ。最終期日の裁判長の狼狽は、こっけいだったよ。後で傍聴人と笑っていたがね。
裁判長舞い上がって、確かめる予定とのこと忘れて、助け舟を横から出されるほどうろたえていたからね。
司法書士相手に笑いだね。

419 :416:2005/12/17(土) 21:30:06
何の証拠も無しに損保関係者と決めるな
回答の条件を理解できないのですか?
「バカ」はあなたでしょう。
礼儀を知らない人ですね。
では、条件を変えます。
「はい」か「いいえ」でこたえてください。
ひらがなでかまいません

420 :もしもの為の名無しさん:2005/12/17(土) 22:11:11
なるほど、司法が悪いのね。
で、次は国が悪いと。
そのうちアメリカが悪い・・・とか言い出しそうだなw

421 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 08:44:46
>>419
なら身分及び氏名を明らかにしたら相手にしてやる。
最高裁判断のあと追求することがあるので、お前みたいなバカは相手にしない。
法理論を理解しておらず、質問する能力も無いやつ相手にしてもしょうがない。
お前が条上告して受理され判決理由を書かれたほどの弁護士であれば相手にしてやってもよい。
まっ、下らんバカがでてきたから、バカはほっとくことにする。


422 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 08:49:43
>>420
責任取るやつには、責任取らせるさ。
当然、許可企業の犯罪相手にするときは、国相手が出てくるだろうね。
裁判官の罪なら、弾劾裁判、損害賠償は、国法の当然の結論だ。
知らんのか、バカは勝手に空想してろ。

423 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 09:14:31
本人提訴 日曜朝から 乙!!
すごいね 感心した!
あっ通りすがりのバカだし損保やろうでも無いから気にしないでね。

424 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 09:42:56
>>420
答えてやろう。
第1審終了の時点で、加害者側は、全壁面の損害についての修理額は、争わないことを認めている。
これは、調書にもハッキリ記載されている。

つまり、損保の事故解析から、事故の衝撃は小さい。だから、設計・施行ミスによるものだから払わない。
これが、加害者の主張。

そして、控訴審では、『軽い事故だから、支柱への衝突で建物は2mmしか揺れない。
だから、3年前の新築当初から壊れていたから事故と関係ないと、断言した住宅性能評価員の意見書を提出しているだけだ。
だから、建物は壊れているが1円も払わない。』と主張しただけだ。

だから、争点は、事故の衝撃が強かったか弱かったか、事故はどのように発生したかそれだけだ。
強い衝撃の事故なら、建物は激しく揺れる。高裁が全壁面に現れた横揺れ損害を認めている以上額は決定だ。

425 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 10:03:39
加害車両は、押されてピラー部が押し込められてグニャット変形している。
高裁判決では、この変形は認定しているのだよ。

2mmしか支柱を揺らさない衝突で、側面衝突強度を維持するピラー部が
押し込められてグニャット変形するかね。
損保やろう。お前らのマニュアル本では、このような変形が起こるのは時速8kmと書いてあるのか?

さらに、高裁判決では、現場に来ていない住宅性能評価員の見積もりを採用しているが、
これはね。1審では明らかにしなければならない修理の見積もりさえもらしていることが明らかになり
1審判決では、明確に根拠の無いものと却下されているものだ。

タイヤ痕等の改ざん、軽い事故の偽装につき、証拠を示して訴訟詐欺を主張している訴訟において
自由な心象の名の下に「加害車両は急発進できた」「フロントガラス」は割れていない。
と審理を避けて判断することは、司法による犯罪隠蔽でしかないと考えざるを得ない。

私は、上告では司法が組織として、犯罪隠蔽機関施あることを認めるのかどうかを見ているのさ。
なお、高裁では建築確認・完了検査が通っていることは確認したうえで判断を下したことだから
この判決が確定すれば、当然に検査機関の問題も生起する。
施行業者は、既に抗議文を損保に送り、この話に触れているからね。


426 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 10:08:06
法理論はともかく
本人提訴ワールドを理解出来る者はいないだろう。

427 :419:2005/12/18(日) 10:27:38
>私の訴訟においては、事故がどうして起こったのか、解明する証拠は当方から多数だしてある。
>しかし、司法はどういうわけか、損保の自己解析に重大な意図的作図があることが判明してから
>ここのところを争点整理して解明することを意図的に避けているのですよ。
>弁護士は黙り、裁判所は審理をしろと言っても、審理をせず言い分けつけて自由な心象判断しますとね。
の発言に対して
>>414の言葉を贈ろう
私事で恐縮しますが、本日多忙に付きまた後でね〜ノシ

428 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 14:24:43
>>427
余計なお世話。

429 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 18:36:52
本人訴訟さんの訴訟報告スレじゃないんだからWWW
そんなに主張したければ判決文アプしたら?

>>425司法が組織として、犯罪隠蔽機関あることを認めるのか
どうかを見ているのさ
   ↑
正気の沙汰では・・・・・

430 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 18:48:44
本人提訴さんが、「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」
で告訴し、告訴不受理のヨカーン

431 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 18:49:49
本人提訴さん サザエさん見てる?
そろそろご唱和のお時間ですよー

432 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 20:26:21
>法理論を理解しておらず、質問する能力も無いやつ相手にしてもしょうがない。
お前が条上告して受理され判決理由を書かれたほどの弁護士であれば相手にしてやってもよい。

よほど自分は頭も良く偉いと思ってるんだね・・・
弁護士でもないくせに・・・

433 :427:2005/12/18(日) 21:23:37
お待たせ!
>>424-425
で一生懸命主張の正当性もしくは同情を得ようと努力し、
更に法知識が豊富であることを一生懸命誇示する事により
自尊心を満足させようとしているわけだが、
構築物、自動車の損傷については この程度の説明文しか書けないのかw
>側面衝突強度を維持するピラー部が押し込められてグニャット変形するかね
↑この表現は何ですか??
あなたを助けるつもりは無いので模範的な表現方法はしないが、
お腹抱えて笑っちゃいました。
お手数掛けて恐縮ですが、もっと専門的且つ素人にも
判るようにご説明ただけませんか?
まあ
工学、特に材料力学を理解しておらず、計算する能力も無いやつ相手にしてもしょうがない。
お前が旧帝国一期校博士課程修了程度の技術者であれば相手にしてやってもよい。

自分が立証できないからといって、
裁判官のせいにしてはいけない。

バカが、ポイ


434 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 21:41:53
本人訴訟さん風にカキコします。

敗訴を損保やろうのせいにしてはイケナイ
裁判官のセイにしてもイケナイ
国のセイにしてもイケナイ

代書屋ポイ

それにしても、品性がナイナァ・・・・

435 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 21:56:52

>高裁が全壁面に現れた横揺れ損害を認めている


損傷があるのは認めているが事故との因果関係は無いと判断している

436 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 22:46:13
>>400
「・・・・・本件事故と損害との間に相当因果関係はあるものというべきであるが、
(中略)
本件損害賠償の額を定めるに当たっては、
民法第722条2項の過失相殺の規定を類推適用して、
その損害の拡大に寄与した上告人の右事情を斟酌するもの
というべきである。・・・・・・・」

こんなのあるんだけど。

>>399は、このことを言いたいじゃないかな。

437 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 23:02:34
>>413
>当方は3度の衝突しかも少なくとも最初は時速30km以上

根拠は?

>自動車の構造に素人の裁判官が、屁理屈つけて損保の言うとおりに判決を書いたそれだけだ。

自動車の構造に素人の代書屋が、屁理屈つけて訴状や準備書面を書いたそれだけだかもしれない。

まぁ、自動車工学の専門家でも出廷させればよかったのにね。

裁判所なんて肩書きがものをいうところだろ。



438 :もしもの為の名無しさん:2005/12/18(日) 23:42:31
裁判なんて認めさせれば勝ちってところだよね。
それだけのことができなかったから負けたんでしょ。
それを自分のせいにはしたくないので他のせいに・・・。

気持ちはわからなくはないが、冷静な判断できなければ勝ちはないよね。

439 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 07:33:42
>>433
べつに同情など得ようとしていない。
おまえが、答えろといったから答えただけ。
表現は、お前のレベルに合わせているだけだ。
なら、今後一切この件に絡むな。
ここは、弁護士法違反の問題を話すスレだ。
今後絡んでくるなら、住所氏名を明らかにしな。
個別に対応してやる。

>まぁ、自動車工学の専門家でも出廷させればよかったのにね。

裁判所が、審理をするならね。主張に違いがあるが審理をしなかった。
放置したということ。

この件に今後絡んでくる以上は、お前も自動車構造の専門家のようだから
住所と氏名資格を明らかにしてからめよな。
ところで、おい構造の専門家、現在、日本の側面衝突強度は何キロの側面からの衝突に耐えられるのか。
答えなさいよ。



440 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 07:50:03
おまえらは、勘違いしているようだね。
過失相殺の問題は、当事者間の過失を斟酌するから当事者の負担の問題となる。
しかし、設計・施行ミスの問題は、私に責任のある問題ではない。
これは、加害者が第3者に責任を押し付ける問題、つまり裁判を利用した詐欺の問題だ。

裁判所は、訴訟詐欺が指摘されている中で判断したこと、
つまり第三者の負担が生じても損保が正しいとしたわけだからね。
責任持てるのだろう。建築確認・完了検査よりも損保の捏造事故解析が正しい。

なら、まず国交省相手に責任といましょうかね。判決のとおり、建築確認・完了検査が誤りであったのなら、
検査機関を処分せよとね。そして、誤りでなければ、受託性能評価員はじめ関係者を処分せよとね。
あっそうそう、時速8kmの側面衝突にも耐えられない自動車を製造販売したメーカーの処分も求めよう。


441 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 07:56:24
ところで、損保ややろう。「損保社員が国会議員よりも偉い」証明できてよかったな。
えらくなければ、そのうち組織犯罪で・・・・・。

442 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 08:10:27
おまえらは、勘違いしているようだね。

立証技術の問題などと言い逃れできるのは、傍聴人もいない訴訟の話。
しかも、裁判で設計・施行ミスの問題で決定なら、責任を負う者は3名いる。
この件は、傍聴人から経過を政治家に報告されている。そういう宿命の訴訟なのさ。

だから、えらくなければ、そのうち組織犯罪で・・・・・。
かもね。

443 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 09:36:22
(*´ΦωΦ):;*.':;ブッ

2chで住所氏名だって・・・www

絡んでもらえなければ、ただの独り言スレだぞw

444 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 13:43:05
では、組織として動かしてやろうか。

445 :433:2005/12/19(月) 21:56:07
>>439
>おまえが、答えろといったから答えただけ。
私はYesかNo もしくは「はい」か「いいえ」ひらがなでかまわないからこたえろ
とは 言ったがこのようなことは 聞いていませんよ
聞きもしないことを だらだら書いて
自爆してるのは あなたでしょ。

>表現は、お前のレベルに合わせているだけだ。
背伸びしたが届かずという状況ですね。

>今後一切この件に絡むな。
=お願いですから指摘しないで下さいという事ですね!

>裁判所が、審理をするならね。主張に違いがあるが審理をしなかった。
>放置したということ。
審理されなかったからといって
裁判所のせいにしてはいけない。

>ところで、おい構造の専門家、現在、日本の側面衝突強度は何キロの側面からの衝突に耐えられるのか。
>答えなさいよ。
ひ〜〜〜〜〜〜〜〜ご、ご免なさい
笑いすぎてお腹が痛いです。
許して〜〜ひ〜〜〜〜(爆)。
あなたを助けるつもりは無いので答えません。
この点何と言われても結構ですからwww

ポイ

446 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 23:11:55
ひとりぼっちの戦争だねwww 
このスレだけは本人訴訟で頑張ってますさんを
暖かく見守ってやろうwwww

447 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 23:26:54
>>439
>現在、日本 (日本の乗用車?) の側面衝突強度は何キロ(速度?)の側面からの衝突に耐えられるのか。

衝突してくるのは?

自転車? 原付バイク? 軽自動車? 空荷の大型ダンプ?  過積載の大型ダンプ? 自衛隊の戦車?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%AA%E9%87%8F

まぁ、自動車工学の専門家でも出廷させればよかったのにね。


448 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 23:36:14
>>439
>裁判所が、審理をするならね。主張に違いがあるが審理をしなかった。
>放置したということ。

何を理由に控訴したの?

控訴状と一緒に専門家の鑑定書を出せばよかったじゃない。

「カクカクジカジカ一審判決の事実認定には誤認がある」と。

449 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 23:39:58
>>440
>設計・施行ミスの問題は、私に責任のある問題ではない。

設計・施工ミスした奴に追い込みを駆けるのが筋だろ。

450 :もしもの為の名無しさん:2005/12/19(月) 23:59:59
>ところで、おい構造の専門家、現在、日本の側面衝突強度は何キロの側面からの衝突に耐えられるのか。

ぐぐれ

451 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 00:07:38
>>448
>>449

控訴は、加害者側つまり損保がしたの。事情も分からないボケがごちゃごちゃ騒ぐんじゃない。
>設計・施工ミスした奴に追い込みを駆ける??
バカじゃないの。
証拠を偽造して、軽い事故をでっち上げれば訴訟詐欺。
裁判所が加担すれば詐欺の幇助。
その前に裁判所と損保に追い込みかけるがね。
設計・施工ミスしたは審理して決まるもの。
審理もせずに言いがかりで人の財産搾取すれば訴訟詐欺。
国土交通省にハッキリさせることを請求するのが先だね。
設計・施工ミスがあったのに建築確認・完了検査を出したのなら、
マンションの問題と同様だ。
設計・施工ミスが無いのに、意図的に審理を避けて言いがかり判決出したのなら
裁判所も詐欺の幇助だ。はっきりさせる。
そして、偽造証拠出した損保には消えていただく。


452 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 00:09:12
それから、お前らここまで絡んできた以上は覚悟しておけよ。


453 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 00:27:00
他人のレスには片っ端に絡んでおいて、
突っ込まれたり、揚げ足を取られたら
お決まりの自慢長文連打をした後、
キメの脅し文句(だれも怖がっていない)?
訳わからん。

トドメに裁判所やら国を訴えるだの試すだの言いながら
司法ではっきりさせるとか、国会議員の権力でどうのこうの・・・
戦うの?頼るの??
全く支離滅裂。

454 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 00:37:09
この勢いだと
裁判所&損保→国→住宅会社→設計会社→施工会社→住宅材料屋(コンクリートメーカー
→材木原産国)→完成検査機関→お払いした神主さんといった順番で本人訴訟で頑張り続けるのでしょうね。
全て終わるまで あんた生きてるの?

455 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 08:00:58
やっぱり、誰かが言っていたが、損保は何の法理論も分からないバカ。
突っ込んだつもりでおるバカ。
>>454
それでは、お前ら馬鹿なようだから、このレアとはご自由に。

>>446
別に一人ではない。上告受理申し立ての内容は、被害者らにある程度公開している。
上告理由は、個人賠償の範疇なので公開していないがね。
そして、犯罪被害者基本法との関連の主張なので、共感する被害者はパブコメに意見を出すよう呼びかけている。
かなりでたようだね。

西村議員の起訴で、交通事故の示談交渉、無資格者が為したら違法ハッキリしたしね。
どう主張したら崩せるかのこて試しも済んだ。
これから、分かりやすい解説書つけて全国にばら撒こう。
告訴状の雛形つけてね。

>>445
お前もバカだね。私の相手した損保は高尚な証拠は出していないね。
住宅性能評価員も、タイヤ痕偽造した8kmの衝突の事故解析が正しいとして、意見を出しているだけだ。
車が宙に浮く現場設定の事故解析根拠に、設計・施行ミス、建築確認・完了検査が間違っていた笑っちゃうね。

車の側面衝突の安全基準も理解してないバカなようだね。
それでは、来年はきっちりつめることにするので、バイバイ、こて試しも終わったしこのすれお役目終了だ。

Ymotoの医師違反の追及に、これからは、非弁での追求が加わるか。
民事と刑事は別しね。

456 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 08:04:41
おまえら、能天気だな。おまえらの中傷が当たっているなら、もう3行半出ているね。
お前らの顧問でもスグ棄却が多いんだよ。

457 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 08:39:17
>>454
本人提訴を突っ込んでいるんでわなく
皮肉っていると思うのだが、、、、

458 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 10:08:00
あれは脅しだったのか_| ̄|○

気が付かなかったよw

459 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 15:31:31
しかし頑張るなぁw
ここで一生懸命主張しても無駄なのにw

違法だろうがなんだろうが俺たちには、

 関 係 な い も ん wwwww

460 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 21:51:15
>>459 激しく同意  このスレ可笑し杉
2chでこんなに頑張る本人訴訟さんはとーっても不思議
しかも最後はキメの脅し文句、ホントに有資格者?
これじゃダメダメだよねっww
本人訴訟で頑張ってますじゃなくて2chでむなしく頑張ってますに
改名ケテーイ



461 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 22:04:28
おれは本人訴訟の主張に全面的に同意はしないが、
無知な保険屋のアンチテーゼとして支持を証明しておくよ。

462 :445:2005/12/20(火) 22:20:50
>>455
>車の側面衝突の安全基準も理解してないバカなようだね。
ぶわははははは〜〜〜〜
く、苦しい〜〜^
本当にゴメン!お願い許してwwwwwww
お前は俺を笑い殺す気か?

463 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 22:24:52
敗訴の原因を損保・司法の癒着に帰結させるところが
理解フノー。
損保ってそんなに力あるんかいな?とボケてみたりして・・・・

464 :もしもの為の名無しさん:2005/12/20(火) 22:28:39
最近このスレから眼が離せない!
本人提訴もっとガンガレー オカルト理論で世論を動かせーっ
イケーッ藁藁藁


465 :もしもの為の名無しさん:2005/12/21(水) 00:26:27
>>451
答弁書と一緒に専門家の鑑定書を出せばよかったじゃない。

「カクカクジカジカ損保の主張には根拠が無い」と。


466 :もしもの為の名無しさん:2005/12/22(木) 09:06:15
Ymotoのところまで、おでかけごくろうさま。

467 :もしもの為の名無しさん:2005/12/22(木) 12:07:02
個人的復讐心かどうか、そのうちわかる。
幻滅したのなら、黙って去れ、他のサイトまで出かけて迷惑かけるな。クヅ。

468 :もしもの為の名無しさん:2005/12/22(木) 12:09:19
どうせ、あの書き込みの口調の様子なら、どこかのサイトのバカだろうがね。


469 :もしもの為の名無しさん:2005/12/23(金) 10:51:05
損保協会と日弁連との協定書ってネット上にないんだね。

それにせっかく任意保険支払基準を作らせても、
ほとんどの人身事故を自賠責基準で処理してたら意味ないじゃん。
日弁連は何がしたかったんだ。

470 :もしもの為の名無しさん:2005/12/26(月) 01:25:56
払いしぶりのお手伝い

471 :もしもの為の名無しさん:2005/12/26(月) 08:02:36
痛しかゆしなんだろうな。
弁護士法違反は許せないけど、
「弁護士通せば賠償額が多くなる」という
これまでの実態は維持したいのさ。

472 :もしもの為の名無しさん:2005/12/26(月) 23:16:36
本人提訴さん頑張って!
あなたのように孤独な戦いを挑んだ偉大な方がいます。
そうあの有名なタコ社長です。

日本興亜はドケ血
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1000147681/
日本興亜は支払う気がないのか!!
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1009511760/
◎◎ 日本興亜損保ってどうよ? ◎◎
http://ton.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1007767844/





473 :もしもの為の名無しさん:2006/01/04(水) 22:51:13
ごちゃごちゃ言わんと
30万ルール違反を吊しageれば言いやん

474 :もしもの為の名無しさん:2006/01/21(土) 11:29:59
保守age

475 :もしもの為の名無しさん:2006/01/31(火) 15:50:02
保守age

476 :もしもの為の名無しさん:2006/01/31(火) 16:28:30
司法書士会から除名されたかな?w

477 :もしもの為の名無しさん:2006/02/02(木) 13:15:05
30万ルール違反を吊しage

478 :もしもの為の名無しさん:2006/02/15(水) 17:31:21
http://www.hokenweb.co.jp/jouhou-kinyucho.htm

●金融庁、チューリッヒ保険に行政処分(05年11月30日)
 金融庁は30日、チューリッヒ・インシュアランス・カンパニーに対する行政処分を行った。

2)不適切な当局への報告態勢:サービスセンターが示談行為を調査会社に依頼していた事実
(弁護士法第72条違反)を本部では把握していなかった。また、日本における代表者は当局の
保険業法に基づく報告徴求に対し、このような実態を十分に確認・検証しないまま、事実と異
なる報告を行っていた。


479 :もしもの為の名無しさん:2006/02/15(水) 17:45:13
>>478
では、日弁連と損保協会の合意はなぜ問題にされないの??
外資差別かね。

480 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 11:42:47
弁護士補助者 パラリーガルとは

http://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/paraninnteigenn.txt
1 資格の付与ではないこと
 「日本弁護士連合会認定パラリーガル」は、単に称号の付与にとどまり、新たな資格を付与するものではない。

2 名称 現在、パラリーガルの名称が広く使用されているため、この制度が創設されると、日弁連が認定するパラリーガルと認定を受けないパラリーガルが存在することになる。
 そのため日弁連が認定したパラリーガルの名称を独自のものとする必要があり、そこで、「日本弁護士連合会認定パラリーガル」という名称とする。

3 雇用関係の必要性
 弁護士(弁護士法人も含む。以下同じ)との雇用関係を必要とする。雇用関係が失われたときは、日本弁護士連合会認定パラリーガルの称号を失う。
 また、雇用関係は常勤で、かつ専従的なものでなければならない。弁護士の監督を十分に行う必要があるからである。

4 弁護士による指導・監督と弁護士会の監督
 認定パラリーガルは弁護士の指導・監督の下にあることを要する。加えて、弁護士会において直接の監督を行い、非行があった場合等には戒告、登録抹消の懲戒処分を行うことができる。

5 弁護士業務の補助
 弁護士の監督の下、弁護士業務の一部を担当し遂行する。
 単純な事務作業や定型的な業務にとどまらず、高度で専門的な事務を主として担当する。

6 専門職意識と倫理
 弁護士の監督の下にあるものの、法律の専門職としてのプロフェッション意識とともに、高い倫理を有する必要があり、法令、会則、認定パラリーガル倫理等を遵守しなければならない。



481 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 11:44:25
30万ルール違反を吊しage
外資差別


482 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 11:46:46
○○○○事務所は甘くて弁護士ちゃんとしているか
○○○○ならなんでもありか?

日本語を理解するように前向きに聞く連合会や都道府県に聞くしかないな




483 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 11:56:24
精神障害者(うつ病ほか)が、浅はかな悪知恵を出し合って国から金をだまし取ろうとしています。

障害年金 22
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1136657462/l50

484 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 11:59:31
>>483
キモいのだ。
インターネット依存症患者さん


485 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 12:01:17
>>483
A法律マニアEXAアンチ 情報依存症タイプ

とにかく、ネット上に氾濫するすべてを知り尽くしたいと言わんばかりに、自分の知らない情報を、
必死に掻き集めていないと気が済まないタイプ。ネット配信のニュースをチェックし、メーリングリストに参加。
ホームページのリンクをどこまでも辿り続け、関連情報をむさぼる。自分から情報を発信することはほとんどない。
受動的。ニュースやメーリングリストの投稿数は、一日に50Oから1000は軽く越えてしまう。
相当な時間と体力を消耗するが、もちろん本人は肩が凝ったな、ぐらいにしか感じていない。他人の言動を知りたがり、
非難するばかりで、自分では何もできないようなタイプの人が陥りやすい。どのような物事も、
机上ですべてが解決できると思い込む可能性が大きい。



486 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 12:01:55
弁護士(弁護士法人も含む。以下同じ)との
雇用関係のないアジャスターは、補助さとみなせないのですね。

金融庁さん、公務員には告発義務あるんですけど。
協定はしってますよね。それとも、弁護士法第72条廃止ですか??

487 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 12:04:18
○○○士の使用人の管理責任の興味あるのですかw

488 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 12:10:05
>>483
だから?>>483が医師免許とって診断するれば障害者認定すればいいじゃないのw


489 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 12:18:08
認定パラリーガルは弁護士の指導・監督の下にあることを要する。加えて、弁護士会において直接の監督を行い、非行があった場合等には戒告、登録抹消の懲戒処分を行うことができる。

損保子会社の社員のアジャスターを弁護士が指導監督などできないよね。

490 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 12:45:10
30万ルール違反を吊しage
外資差別


491 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 13:00:10
弁護士が指導監督してる誰を?亜ジャスターをですか?
fバカいいなスンナーーやりたい放題だょ。
金融庁も契約うるさく言うんだけどこと、しはらいはそれほどでもない



492 :もしもの為の名無しさん:2006/02/16(木) 13:00:52
金玉つけている奴に任せたほうがいい

493 :もしもの為の名無しさん:2006/02/17(金) 09:45:31
http://www5a.biglobe.ne.jp/~houkairo/paraninnteigenn.txt


(職務範囲)
第3条 認定パラリーガルは、弁護士の指導監督の下に職務を行わなければならない。
 2 認定パラリーガルは法的問題について弁護士から独立して実質的判断を行ってはならない

494 :もしもの為の名無しさん:2006/02/18(土) 08:24:14
顧問弁護士監督するのは、損保
子会社は、親会社の損保に監督されている。
なんら問題なし。

意に沿わない弁護士は、顧問からはずされる。
子会社の社員は、損保の意向に逆らえない。
なんら問題はない。

495 :もしもの為の名無しさん:2006/02/18(土) 18:07:10
ようは、弁護し雇っている側が金払うんだから、弁護士よりえらい。
だから、無資格でも補助者とみなすと談合すれば、良しなんですね。
そうですか。なっとく。

496 :もしもの為の名無しさん:2006/02/18(土) 18:10:14
では、だれでも顧問弁護士に金つかませて、補助者とみなすとお墨付きもらえば
商売で示談交渉OKですよね。


497 :もしもの為の名無しさん:2006/02/22(水) 22:04:59
論〜「呆痴国家、、、ポン」その4

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200602/article_17.html

「新たな無過失補償制度、、、必要である論」

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200602/article_12.html

TOP

ttp://kazuo-k.at.webry.info/

498 :もしもの為の名無しさん:2006/02/27(月) 14:10:14
『司法・損保・医師・警察、、、違法である論』

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200602/article_20.html

499 :もしもの為の名無しさん:2006/03/03(金) 19:24:25
被害者直接請求権明示、社員の示談代行合法??
弁護士法第73条の債権を債権・債務と置き換えれば、合法たり得ないことが理解できる。

500 :もしもの為の名無しさん:2006/03/18(土) 11:15:19
age

501 :もしもの為の名無しさん:2006/03/18(土) 13:27:28
http://www.fsa.go.jp/news/newsj/17/hoken/f-20051130-2.html

チューリッヒはしない?できない?やりたくない?

502 :もしもの為の名無しさん:2006/03/20(月) 22:47:23
こうすればいいのです

「新たな無過失補償制度の創設が必要である論」

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200602/article_12.html

TOP

ttp://kazuo-k.at.webry.info/

503 :もしもの為の名無しさん:2006/03/22(水) 08:03:43
『「交通事故」で泣き寝入りしない!』(2003年発行)の無過失の交通事故被害者。

ニュース速報〜『木村一雄が日弁連交通事故相談センターに電撃電話取材!』(その1)

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_20.html

ニュース速報〜『木村一雄が日弁連交通事故相談センターに電撃電話取材!』(その2)

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_21.html

ニュース速報〜『木村一雄が日弁連交通事故相談センターに電撃電話取材!』(その3)

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_22.html

ニュース速報〜『木村一雄が日弁連交通事故相談センターに電撃電話取材!』(終)

ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_23.html

TOP

ttp://kazuo-k.at.webry.info/

504 :もしもの為の名無しさん:2006/03/26(日) 12:57:47
age

505 :もしもの為の名無しさん:2006/03/28(火) 11:00:25
『主治医からの損保犯罪への絶縁状を入手!』
ニュース速報〜損保、損保弁護士への「強要罪」の訴えが続々と!(続)
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200603/article_30.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

506 :もしもの為の名無しさん:2006/04/05(水) 12:46:52
ギーマニズム論〜『損保は3点セットで支払うしかない論』
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200604/article_3.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

507 :もしもの為の名無しさん:2006/04/08(土) 23:45:49
ニュース速報〜激写!東京日動海上札幌で現場検証行われる!
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200604/article_5.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

508 :もしもの為の名無しさん:2006/04/14(金) 00:36:49
ニュース速報〜「損保&損保弁護士撲滅キャンペーン」始まる!札幌
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200604/article_10.html
ニュース速報〜「損保&損保弁護士撲滅キャンペーン第2弾!」札幌
ttp://kazuo-k.at.webry.info/200604/article_12.html
TOP
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

509 :もしもの為の名無しさん:2006/04/27(木) 10:04:32
交通事故犯罪ジャーナリスト 木村一雄

ギーマニズム論〜『品位と誇り』
ギーマニズム論〜『マスコミ・マスメディアのモルヒネ効果』
ギーマニズム論〜『倫理法、倫理規定、企業倫理、倫理綱領とは何ぞや?』

510 :もしもの為の名無しさん:2006/04/27(木) 11:23:05
交通事故犯罪ジャーナリスト木村一雄
ttp://kazuo-k.at.webry.info/

東海社員、被害者に暴行!!
警察の現場検証写真公表中、韓国取材掲載中

ついに、日本の損保の実態が韓国へ・・・!! !


511 :もしもの為の名無しさん:2006/04/27(木) 11:23:43
http://www.y-moto.net/ 損保犯罪被害者の会

事故被害者の皆様、ぜひご覧頂きますように。


512 :もしもの為の名無しさん:2006/05/01(月) 13:57:34
交通事故犯罪ジャーナリスト 木村一雄

ニュース速報〜激写!「損保&損保弁護士撲滅キャンペーン第3弾!」札幌
ニュース速報〜北海道警察本部で道庁関係部署、病院関係者、交通事故被害者らが初顔合わせ!
逆説〜『オンギ フソンザイ カクニン ソショウ』
ニュース速報〜『3月から大きく動き出した犯罪被害者等基本計画』
ニュース速報〜『犯罪被害者等施策の動きと今後の日程について』

513 :もしもの為の名無しさん:2006/05/22(月) 05:40:21
コピペばっかだな

514 :もしもの為の名無しさん:2006/06/06(火) 09:13:30
age

515 :もしもの為の名無しさん:2006/06/21(水) 22:32:49
今示談交渉しているアジャスターが人の足元見てマジムカツク

弁護司法違反で現行犯逮捕して警察に引き渡したらどうなるんだろう
やっぱり検索へ送致もされずに釈放かな・・・

516 :もしもの為の名無しさん:2006/06/21(水) 22:34:40
愚痴を書いたつもりがageてしまった・・・orz


517 :もしもの為の名無しさん:2006/06/25(日) 20:54:03
この問題は、司法書士多数が知るところとなった。

518 :もしもの為の名無しさん:2006/07/14(金) 20:39:08
自分の車で通院した場合、通院費はでないのでしょうか?

519 :もしもの為の名無しさん:2006/07/14(金) 20:54:21
>>515
>弁護司法違反で現行犯逮捕して警察に引き渡したらどうなるんだろう

民事不介入の警察は相手にもしませんし、笑われるだけの話。
それでも強硬主張するなら、刑法上の誣告罪で逆に告訴されるだけ。

>今示談交渉しているアジャスターが人の足元見てマジムカツク

このような歪んだ動機で小生意気な事をはしゃいでもムダだよ、
ヤカラのゆすりたかりどもは締め上げるくらいでちょうどいいんだよな。

520 :もしもの為の名無しさん:2006/07/14(金) 20:58:10
>>515
>弁護司法違反で
バカなのは判るが、漢字くらい確認してから書き込めよな。
それにこいつはガキそのものだろ、もういっぺん小学校からやり直して来い。

521 :もしもの為の名無しさん:2006/08/09(水) 05:43:00
小学生以下か

522 :もしもの為の名無しさん:2006/08/31(木) 22:45:38
幼稚園なんだ

523 :もしもの為の名無しさん:2006/09/19(火) 00:50:20
おしめしてたりして

524 :もしもの為の名無しさん:2006/10/04(水) 12:43:35
行政書士の業務範囲は広い。
しかし、需要(依頼)は多くない。
よって、専門性が希薄になる。
専門能力が欠如しているので、誰も仕事を頼まない。
仕事が無いので、専門家としての能力が身に付かない。
専門性が身に付かないので依頼が来ない。
依頼が来ないので程なく廃業。

でも、短い期間でも先生って呼ばれるのはウレシカッタ。


525 :もしもの為の名無しさん:2006/10/13(金) 01:11:10
>>189
もう 季節は秋なんだが・・・

526 :もしもの為の名無しさん:2006/10/28(土) 23:53:02
age

527 :もしもの為の名無しさん:2006/10/29(日) 00:02:25
最近は個人賠償にも示談交渉ついてるよね。
助かるよね。売る立場としてはね
自動車保険売っとけばいんだから

528 :もしもの為の名無しさん:2006/10/29(日) 00:23:34
みんな試しに示談交渉してみたらいろいろ感じるだろーに

529 :もしもの為の名無しさん:2006/11/04(土) 00:57:06
自宅に車でつっこまれ現在その車の対物保険で修理交渉中。大雑把に300万位らしい。
この査定に鑑定会社社員が交渉にきてる。損保は最初だけネーちゃんが私が担当させて頂きます。
とTELきたきりすべてこの鑑定会社におまかせ。ま、もとどおりになればいいんだが。・・・・・
このスレ見る限り、これは厳密には違法行為?

530 :もしもの為の名無しさん:2006/12/06(水) 05:39:31
どうなんだろうな

531 :もしもの為の名無しさん:2006/12/06(水) 12:15:18
将来、違法行為だったと最高裁が判断したとして、問題が表面化すれば
法律を追加すればいいだけのこと。金持った組織には誰も勝てんよ。
こういう哲学スレって現実社会では役に立たんよ。

532 :もしもの為の名無しさん:2006/12/17(日) 15:41:44
住居侵入:隣家に侵入、行政書士を逮捕−−容疑で甲子園署 /兵庫
        /           ヽ
       (  ノ⌒〜⌒〜⌒ヽ、 )  
       ヽ/    \, ,/   i ノ 
        |    <・>, <・>  | 
        | 、   ,,,,(、_,),,,   ノ|
       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ,. -‐ '|                    |
  / :::::::::::|消費者問題のプロ浪花の法律屋 |__
  / :::::::::::::|只今、隣の家から電磁波攻撃を受けています、
. / : :::::::::::::|                  `┬─‐ .j
〈:::::::::,-─┴-、                  |二ニ イ
. | ::/ .-─┬⊃                 |`iー"|
.レ ヘ.  .ニニ|_____________|rー''"|
〈 :::::\_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: /::::::::::::|
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hyogo/news/20061216ddlk28040263000c.html


533 :もしもの為の名無しさん:2006/12/25(月) 00:28:25
示談といえは、やはり頭突きか?

534 :もしもの為の名無しさん:2006/12/25(月) 01:44:43
>>529 元通りに直して貰った上に慰謝料位貰いなさいよ!
うちは、先日不注意でトイレでボヤを出したが、火災保険やが修理代の上に慰謝料もくれて。
家建てた時の金融公庫の火災保険やと、自分で入ってる火災保険やから。
わざとした訳では勿論ないが焼け太り。
トイレの中の酸欠でトイレだけの火事ですんだ。
トイレは綺麗になるし、保険は2ヶ所から
支払いは1ヶ所分の金で足りたし。
車会社は、ケチだから、しっかり交渉なさいませ。
毎日工事の音、鬱陶しいでしょ?
その分が慰謝料。

535 :もしもの為の名無しさん:2007/01/24(水) 05:46:13
なるほど

536 :もしもの為の名無しさん:2007/01/31(水) 19:18:34
良いも悪いも、
当事者でない者を相手にする必要があるのか?
代理人(弁護士)といえども相手にする必要はあるのか?
交通事故事件では、非弁の紹介あるいは加害者の名をかたった
実質損保の代理人ではないか。
こんな非合法弁護士を相手にせねばならないという法的根拠でもあるのか?

自賠責法は、保険金の請求において次のように規定している。
被保険者は、被害者に対する損害賠償額について自己が支払いをした限度においてのみ、
保険会社に対して保険金の支払いを請求することができる。
(これは可能性であって義務ではない)

(保険会社に対する損害賠償額の請求)
・・・・・・・・・保有者の損害賠償の責任が発生したときは、被害者は・・・・・保険会社に対し、
保険金額の限度において、損害賠償額の支払いをなすべきことを請求できる。
(これも可能性であって義務ではない)

自賠責保険金の支払いの現状はどうか?
法文の趣旨とは、ほど遠い運用を保険会社は我が物顔にやりたい放題。
一括請求はその典型である。
加害者が損害賠償請求に応ずれは、自賠責保険金なんて請求する必要はないのである。
事後請求なのに、事前請求を許しているのは誰だ。



537 :天下御免の暴利非弁:2007/02/19(月) 13:35:34
俺の違法行為が弁護士会との結託によって
成り立っていることがよくわかった。
道理で、弁護士が、俺の言い分引っ提げて
何の確認調べせずに、丸呑みして被害者との示談交渉やら、
訴訟を行ってくれるのかもよぉーく解った。
未来永劫、心おきなく、商売が成り立つって言うことだな。
弁護士法と弁護士会に感謝!!!!!!

190 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)